トンデモで消耗しないために

b0060239_19541121.jpg
炎上商法というかよくわからないブログ書いておられる方が、ムカデ咬傷にホメオパシーのレメディが効くとツイッターで喧伝しようとして、ネットで少し話題になっていた。反論、批判、カウンターが噴出して、特にへんてこ意見が拡散しないよう立て看板がネット上にたくさん建てられたのだが、その人への反論で、ハチに刺されること2回めでアナフィラキシーになるみたいなことが平気で書かれていたから、ちょっと心配になった。ゲームでの残数じゃないのだ。

b0060239_16471587.jpg
 フィールドワーカーやダイバーなど、攻撃してくるスズメバチやそれ以外の有剣類、ムカデやオニヒトデ、ガンガゼなどの咬傷、刺傷時の異種蛋白の体内侵入でアナフィラキシーショック対策として、エピペン(エピネフリン(アドレナリン)・オートインジェクター)を携帯すべきかどうなのか、専門にやってる病院で検査してもらえる。特に職業ダイバーはエントリーポイントまでのアプローチで毒虫攻撃もあり得るからどっちにしても、何でもありに対応する必要がある。因みに、ハチ類由来のアナフィラキシーショックは、ハチの種類、大きさに関係なく起きてるし、フィールドでコアシナガバチに刺されて昏倒された方が歴代の生態学会長の中にもおられる。そもそも抗原抗体反応って感度の良いものである故、いろいろな物質の検出などにも使われてきたわけで。
 検査ではっきりしているのだが、私のように何度も刺されていてもエピペンを携帯するに及ばず(実は、最初は「能わず」と書いていて、添削妖精さんから指摘が有った。「一度持ってみたかったが持たせてもらえませんでした」みたいなガキの感覚で態と天邪鬼表現でそう書いたのだが、まあそんなこと考えるやつは少ないだろうし、せっかくのご指摘に素直に訂正しました)という判定が出る場合もあるし、劇症のアレルギー反応を特に持っていなかったり、記憶する限りハチに刺されたことなかったりする人でも、血液検査でいきなり、エピペン持ちの該当者になることはある。確率は低いが、最初のフィールドテストから人によってはリスクがかかるのだ。
b0060239_2135373.jpg
 最近は、ハブ咬傷やマムシ咬傷に際して、血清による早期処置が圧倒的な効果を持っていることを理解した上で、徹底したアナフィラキシー対策が施されるということを知っている人は少ないのじゃないだろうか。ハブ咬傷は悲惨で、毒液に含まれる細胞破壊因子の力の凄まじさは、ハブ咬傷で検索すればかなりきつい写真が出てくるのだけれど、アナフィラキシーショックが出れば、それはそれですぐに命のやり取りになる。そちらの方も怖い。それ故、相当色々な背景知識のものとに判断をしながら医者は治療を実施している。こちら(朝沼クリニック-ハブ咬傷-)は奄美本場の専門医院のページなので、本当に丁寧で詳細。毒量の少ないヒメハブなどは血清治療よりも、対処療法が前提になる。地元のお年寄りなど病院に行かない人も少なくない。それで良いという話ではないけれど。
b0060239_22272978.jpg

 因みにヤマカガシなどは、毒液の細胞・組織破壊作用が凄いわりには(咬傷毒を受けた患者で脳組織までやられた例がある)、血清を置いているところは全国で一箇所のみ。本当に毒液が注入される事故はほとんど起きていない故だ。攻撃性が低いというかほとんどない蛇で、牙も注射器型になっておらず、思いっきり口を開かせて思いっきり指を突っ込んで思いっきり噛ませないと毒液は入らない。このあたりはウミヘビ類が、同様に命のやり取りをするリスキーな毒液を持っているにも関わらず、事故が極少なのととても似ている。牙の構造も同様である。あっちは更に強壮薬として「素手で」採集までされているが。結果的に血清を生産して置いておくだけのコストに見合うだけのトラブルが全くと言ってよいほど起きていないのだ。

 追記ー画像サムネールで見ていて最初、シマヘビのをうっかり貼っておりました。ヤマカガシに修正。
 ついでに書いておくと、ヤマカガシにしてもウミヘビsp.にしても個体や種の特性の違いやコンディションによる反応の違いは当然ある。ゆめゆめ、これおとなしい蛇だよっていうような先入観で雑に関わることの無いようにお願いしたい。私の先輩はリーフでウミヘビを見つけてシュノーケルの先でツンツンして、波打ち際の上まで追撃されて悲鳴を上げていた。
 それでもヤマカガシは、一昔前の動物好きの少年が蛇を飼おうとすれば定番のペットだった。野外で尻尾を捕まえれば逃げようとするばかり。基本的にそんな蛇だと言ってよい。

追記ー咬傷で死亡した少年も、蛇には詳しい方で、当時の社会における情報において、こいつは無毒だと信じていたことは全く責められないし、咬傷でなくなる事例が殆どと言ってよいほどない故に、当時の多くのお医者にも、その毒が、脳組織が損傷を受けて死亡するほどの猛毒であることは知られていなかったことを付記しておく。
b0060239_22322553.jpg
 要するに緊急事態には、なるべく専門医に任せる以上のことを考えないほうが良いと、結論して良い社会になっている。「無論、自己判断で」、付ければ良いみたいな話もあるけど、予後も全然違うので、処置してもらうのが一番よろしいかと。思い込みの民間・代替療法でドヤ顔するのは、よほどの経験値が有っても、むしろそれをドヤ顔の根拠にするならより罪が重いですぜ、旦那。まあ、自分の指から出血した僅かな血の玉を見て倒れる人が居たりするから、過剰な心配を取り除きつつというのは前提なのだけれど、適当なことをやっていながらなんでも「大丈夫、大丈夫」という人や、「やーこれは大変だ、でも安心して下さい、このレメディが」みたいなのが一番危ない。
b0060239_16204151.jpg
 スネークバイトキットなどのリムーバーで吸引するのは無論出来たほうが良い。リムーバーはシリンジと違って、ピストンを押しこむと、吸引される仕掛けになっている。傷口に押し付けながら力がかけやすい。ただ、キットについている毛剃用のカミソリ等、きちんと消毒できていないと二次感染などでやばくなるので、そのあたり注意が必要である。リムーバーによる傷口からの吸い出しも、思った以上に体外に毒を排出できなかったりするから、あくまで、余計なことをするよりも病院に急ぐ方が良いという頭で動いた方が、大体の場合正解である。結論としてそのように誘導しないとあんまり細かいことを言っても意味がなくなってしまう。でも、そう書けばなんでも医者に連れていけばいいという思考停止みたいに感じる人も多いだろうけど、この手の動物とのトラブルも含め、救急医療的な局面の場合、大抵、それであってる。胸骨圧迫にしてもAEDにしても、医療のプロにつなげられることが前提の作業だ。医者気取りで治療っぽいことをやることに憑かれてしまった人には関わらないほうが良い。

 マムシやハチ刺されぐらい結果的にアナフィラキシーショックもなく、平気なのであれば、消毒処置後、放置で構わないが、間違ってもあっち系の「特に体の中に何かを入れる」治療を試すみたいなのは避けた方が無難だ。「ホメオパシーは分子が存在しないほど希釈されているから大丈夫だ」と、ホメオパシーがトンデモだと理解している人の中にもおっしゃる方がおいでだが、製品として作られる過程ではレメディのもとになる物質を抽出する過程が存在する場合もあって、そのプロセス自体で何かが混入ということは当然あり得る。特にターゲット「物質」にしか目が向いていない前提でトンデモの理屈の土俵の上で作られている製品に、そのあたりのリスクがかからないということはない。黎明期はともかく、最近になって、効果がなかろうが訴訟や責任を逃れる理屈で構築されてきたビジネスの歴史は、利用者側を守ってくれない可能性の方がずっと高い。

 民間療法は数多く、自己責任で試せばいいと思うが、理屈が破綻していながら科学的な、或いは超科学に見せかけた偽装(「わかってないなあ、その科学の先を行っているのが・・・」っていうのがまさにその典型)をしているものについては遠ざけた方が安全だ。そのもの単体ですまない。それを呼び寄せるということはそれに係る危ういソサイエティに係るということで、そちらの方のリスクも考えた方がいい場合がある。野外で一番危険な生物はトンデモな理屈と意図を持ったヒトであると言っても言い過ぎではない。ヒト以外の危険な生物はそれが及ぶ射程も危険の大きさも、想定できる。ヒトという動物の場合は、自分に及ぶ危険の大きさが青天井である。

追記1ーざっと関連画像引っ張り出したが、全部自分画像遇した自前のもの。生態学徒の出自で、こっちでフィールドワークやっていれば、これくらいの生物群には普通に係るし、彼らに対してそれなりの知識を持つなんてのもそんなに特殊なことではない。そっちのリーグで、彼の人のような人の言説に関わろうと思う人は居ないと思う。冒頭のリンク先のように、「人が転ばないように石を拾う」人がいる社会は幸いだ。

 ハチに刺される場合、二度目が危ないという話も、古典的推理小説「キプロスの蜂」の頃からの言説かもしれない。それぐらいの確実性がないと、殺人方法として意味を失うのだけれど、やはりフィクション。

毒薬ミステリ傑作選 (創元推理文庫 169-1)

レイモンド T.ボンド(編さん),宇野 利泰(翻訳)/東京創元社

undefined


 アナフィラキシーショックとは逆に、非常に逆説的ではあるのだが、皮肉なことにネタで言われる「なあに、かえって免疫がつく」場合も少なくないので、人間の体で起きたことの表面的なものだけを見ていながら、いやオレは見たから、オレは体験したから、みたいな話がいかに滑稽かという話でもある。

追記2ーちなみに、ホメオパシーについて、丁寧な説明のあるエントリを読みたかったら、TAKESANさんのこのエントリ五木クリニックのドクターのエントリ をお読みいただくのが一番良いだろう。私のような適当にフォーカスして短時間で自分的な適当なエントリとしたものではなく、データや事例など示しながらの丁寧な論考になっている。

追記3ー件の方の問題とホメオパシー問題の切り分けと整理についてのTAKESANさんの別のエントリ。実はこの作業は重要で、コアの人達ではないという立ち位置で紹介記事を書く人は、当事者じゃない故、自分には責任が来ないというある意味無責任な立ち位置を取ったりするが、その結果、更に問題をややこしくする場合も少なくないという気がしている。

トラックバックURL : http://complexcat.exblog.jp/tb/26280722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-10-16 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by complex_cat at 2016-10-17 06:04
おっと、ご指摘ありがとうございます。
違う画像を貼ってしまいました。
ご指摘ありがとうございます。
Commented at 2016-10-17 12:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by complex_cat at 2016-10-17 14:18
わ~! 覆面エディターの方、ありがとうございます。
恩に着ます。
Commented by arak_okano at 2016-10-20 14:59
どうでも良いことなんですが、アラック、レンタルのマリンブーツにムカデが入っていて、刺されていっぱい腫れました、まあ、その時は潜って走って飲んでいました。もうひとつ、星空のようなクラゲの海で、軽装で潜り、発熱後、クラゲアレルギーになりました、今は中華の前菜のクラゲは食べられません。
Commented by complex_cat at 2016-10-21 12:49
アラックさん、
色々ご苦労されてますね。
ムカデは痛いですね。
クラゲアレルギー、酷いのが起きると、起こりますね。
Commented by complex_cat at 2016-10-21 18:01
アラックさん、
かなり悲惨な目に合われていますね。
クラゲアレルギーお気をつけて。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2016-10-16 15:22 | Oracle of Cat King | Trackback | Comments(7)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30