再冒愚ブルース〜破損ー修復記 #14【私的リハビリ記】

b0060239_17143945.jpg
 猫の額の庭に簡易倉庫を作る必要にかられて、ホームセンターで資材を購入。単管パイプ3m☓6と2m☓2が基本構成なので、容量的にはいなばの物置15万円クラス(工事費別)よりもディメンジョン30%増しで、容量は二倍の代物がざっくりとした目標。
b0060239_22364845.jpg

 単管パイプは農業用パイプに比べ物凄くしっかりしているが、3mのものは怪我しそうに重い。コンクリベース、通常の暮らしではこれほど重いものを一人で持ち上げることはないだろうと思うくらい重かった。
b0060239_22472860.jpg
事前の積み下ろしが完全に行われたかどうか、チコ親方がチェック。本当に君は好奇心が強い。

b0060239_22470382.jpg
 後で、いくつか部品が足りないなと思ったが、REGACYのOUTBACKは、長尺3mの垂木がなんとか乗るので、追加購入時ホームセンターに通うのに重宝した。90分無料貸出の軽トラは、出払っている場合が結構ある。
b0060239_23114468.jpg
iPhoneのコンパスアプリをスライドさせると電子水準器がついているが、これはかなり助かった。ただ、アナログな気泡の水準器と比べると、私のような適当な人間でも水平零°の数字が詰めるところまで拘りたくなってしまって、そうなると、中々許してもらえない。
 コンクリートベースの下には、予めコンクリ流し込んである。単管パイプを直交クランプで組んだ直方体はべらぼうに強いが、単管パイプを突っ込んだ隙間が、0.5mm程度できるので、隙間もコンクリで塞いだ。
b0060239_22580966.jpg
 チコ親方が、垂木を爪の研ぎ具合でチェック。
b0060239_22593127.jpg
 湿気が多いところなので、コンパネとの間には後でシーリングをした。ブロックの配置を考えている段階で、一通り、チコ親方が工事現場をチェック。
「明日までに仕上げておけよ。見に来るからな。」

見に来るだろうなぁ。

b0060239_22514957.jpg
三人の息子たちに入れ替わり立ち代り手伝ってもらった。ポリマー製の波板をボルトで繋いだあたりが、ちょっと雨漏りが不安になったのでホットボンドで丁寧にシーリング中。きっちり占めてあるので、特に雨漏りはしないのだが、念のため。ちなみにこの波板5ピース接続は、電動ドリルを使って、末っ子がまたたくまに作ってくれて、かなりびっくりした。流石、もの作る方のサークルの部長だけある。

b0060239_23002349.jpg
公陳丸のお墓の横、月桂樹と柚子を置いて隣に設置中。お墓周りがきれいになって、良かったかもしれない。彼はいろんな生き物がいる、藪の側の方が楽しいかなとも思ったが、この周辺綺麗にすれば、今までより、日向ぼっこもできるだろう。
 立地場所の藪は、枯れかけたサクランボとまだ花を咲かす山桜が1本ずつ有ったが、それを根っこから抜いて、綺麗にした。サクランボはかなり実をつけたが、一昨年前辺りから樹勢が落ち枯死した。根っこをコフキコガネに集られたっぽい。それでもかなりの太さに育っていたため、横引きタイプの電鋸を根切包丁代わりに使えなかったら相当苦労したと思う。テクノロジーバンザイ。

b0060239_23033820.jpg
 湿気が一番高い一画だったため、全部綺麗にしたらキセルガイsp.の一団が群れているのを発見。

b0060239_23103402.jpg
 あ、肝心のリハビリの話だけれど、この作業、担いだり、おろしたり、登ったり、降りたり、ある程度は左鎖骨を庇いながらだが、上腕を上に上げる自由度も、ほぼ元通りに近いほど回復していて、文字通り、こういう作業をやること自体がリハビリという意味合いで行ってもいるということで。握力は、やはりまだ、完全には戻らない。お陰で、単管パイプを持ち上げるところで、特に苦労した。コンクリベースは、台車も使えなくて、本当に死んだ。トレーニングにはなった。

 途中、かなり工程的にやばいなと思ったりしたが、私のわがままな支持に対しても、作業を手伝ってくれる我慢強さと感の良さ、誠実さで答えてくれた息子たちに、ちゃんと完成まで持っていかないと、申し訳ないなと思った。初日は、材料の選定と購入、移送と基礎の直方体の骨格作りだけで疲れこんで寝入ってしまった。ご近所迷惑もあるので、日が高いうちしか派手な作業できないという制約もあった。
 二日目、ティム・ガンの「Make it work!(形にしよう!)」の言葉を思い出したりして、なんとか形にはなった。もちろんランウェイ歩いたら「ご苦労様、ここまでよ。」って落とされそうな出来ではあるが(倉庫はランウェイ歩きません)。それでもコンペではないので、倉庫としての機能は果たせればそれでいい。対暴風のための屋根の補強や、雨漏りチェックなど、やることはまだまだ残っているし、コンパネ床板の補強や中段の設置などは最低限やらないといけない。時間があれば、扉をつけようかなとも思ったが、ここまで、3万円程度で作ったので、開け閉め頻繁にする必要もない使い方なので、むしろこれ以上お金かけ無くてもいいかなというところ。

トラックバックURL : http://complexcat.exblog.jp/tb/26394157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2016-11-30 17:50
親子でもの作りにバグースなんですが、凄いですね。
重いもの大丈夫ですか、無理しないでくださいね。
チコ親方、しっかり安全を確認してにゃ!
アラック、京都でリハビリしてきました、四日間で
約120Km歩けました。(一日は雨)
Commented by complex_cat at 2016-11-30 20:37
アラックさん、
順調で何よりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2016-11-20 23:12 | My Shot Life | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31