Carl Zeiss Planar 1.7/50 T* (with EOS Kiss Digital N)


b0060239_1695880.jpg
このレンズで撮った画があまりにも,個人的なものが多いので,このブログ用に何か撮らなきゃと前々から思っていたのですが,空回りして,結局新型キスデジで撮ったものを載せます。(画像は開放f1.7での撮影)

b0060239_16105792.jpg
数々の伝説を持つ国内の名レンズメーカー旧富岡光学,それを吸収したヤシカ,それを光学部門として吸収した京セラ,脈々と受け継がれてきた技術者や生産部のスタッフの人的資源とノウハウのもとに行われたZeissレンズの生産は今で言えば,一種のライセンス生産に過ぎないということになるとおもいます。(画像は開放f1.7での撮影)

b0060239_1634921.jpg
しかし,本家のレンズより劣ってもしょうがないだろうということを絶対に言わせないと云う技術者の矜持は,今の国内メーカーの設計が使い回されるなんちゃってZeiss,なんちゃってLeicaなどのOEMとは違う次元であったと思います。(画像は少し絞り込んでf2.8での撮影)

b0060239_16144714.jpg
ヤシカ(後には京セラ)CONTAXレンズ中,最も安いZeissレンズは,また,初めてのZeissユーザーの期待をどうしても裏切るだけの性能を持つ必要がありました。今時,入門レンズ等というものは存在せず,皆,わけも分からず便利だと思わされてF値の暗いOEMズームレンズをセット販売で買わされている現状では,標準レンズの意味も忘れ去られようとしています。ましてやこの1.7の上にはZeiss PlanarのスタンダードレンズといわれるF1.4が存在しますから,F値だけ見れば,スペックダウンして安価にした味噌糟レンズにしか見ない方もおいででしょう。しかし,沼レンズとも言われるPlanar F1.2/50の写りを彷彿とさせる力量があるレンズは,Planar F1.4/50よりもむしろ,オークションで下手をすると1万円程度で手に入るこのレンズの方だと言われています。(画像は開放f1.7での撮影)

b0060239_16264061.jpg
私は,Planar F1.2/50など所有していないので,実際のところは分かりませんが,とろけるような暈けと,開放での薄い像面コントロールの末,手に入る素晴らしい描写の歩留まりの良さは,Planar 1.7の完勝だと思っています。ヤシコンZeissを全て処分して,レンズを一本だけ残せということになったら,私自身は,このレンズにしようと密かに心に決めております。
(画像は少し絞り込んでf4での撮影)
EOS Kiss Digital N, Zeiss T* Planar 1.7/50




b0060239_16592227.jpg
別にZeissに拘らなくても,f値の明るいコンパクトな標準レンズをEOS Kiss Digital Nに装着すれば,ほら,小型化の為の設計は本当に素晴らしいものがあるといっても,やはり小気味の良い大きさの標準レンズに比べれば,無様にでかいズームレンズと違って,本体までも格好良く見えます。私の大好きなαSweetIIのボディと比べても(かたや,こちらは軽量コンパクトなα24mmが装着されておりますが),驚くべきコンパクトに仕上がっているEOS Kiss D Nを折角使うのであれば,やはりレンズはこうありたいものだと思います。本機がずっと格好良く見えるのは私だけでしょうか。あまりにこのレンズでの撮影が使いやすく,お気楽にデジタル画像でこのレンズの描写が得られるので,重宝しております。
 みおさんが,レンズ毎にボディを用意してデジイチボディが増殖したとおっしゃっていたのが何となく分かってきました。まずいなぁ。

b0060239_1632175.jpg

 高倍率ズームは,極論すれば,ズーム比の大きいレンズ一体型のコンシューマ機と表面的に比べられてしまいます。デジイチ買ったのにスペックダウンしてしまったという判断を下されないようにするには,必要なレンズでしょうし,何よりも,Olympusが培ったダストリダクションシステムなどの埃除去のメカが内蔵されていないメーカーの機種では,レンズ交換をほとんどしないようにして使うためのレンズだと思います。一種の埃対策だと言えないこと無いでしょう。便利だけれど,フットワークで動き回って何とか出来ない被写体,例えば野鳥などでは,300mm相当では実際にはちょっと倍率不足です。これは公園の鳥などではなくて,フィールドで野鳥を専門に撮っておられる方が300mmは主戦武器には使いません。使っていてもサンニッパにテレプラスを着けて450〜600mm相当にして使っているのが普通なので分かると思います。もちろん相当の時間を野鳥撮影に費やせる方は,より焦点が短かくても撮影できる機会も増えると思います。また,広角撮影においても,APSサイズ以下のデジイチでは,小気味の良い単焦点レンズがほとんど無く,何となくめんどくさい状況にあります。設計を吟味した単焦点レンズを沢山出さずに,超広角ズームで製品の数を減らし,単価を上げて利益率を出そうという今のメーカー戦略の傾向が見て取れます。
 高倍率ズームについては,今回のSIGMAのものを題材にアーティクルを書こうと思いますのでここでは,これ以上書かないことにします。
トラックバックURL : http://complexcat.exblog.jp/tb/2646785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みお at 2005-05-03 21:22 x
プラナー50/1.7はデジタルでも良い結果が出ますね。被写界深度の関係で開放で使うことは少ないのですが、開放を使わなければならないときに安心感があります。ただ焦点距離がAPSでは使いづらいので、標準は35ミリになってしまいました。35ミリ一本だけをつけて街を歩くと楽しいです。
Commented by complex_cat at 2005-05-03 21:38
みおさん,35mmはf2.8の方ですよね?
1.4を本日使ってみましたが,ピントをかなり外してしまいました。あっちはでかすぎますし。
 50mmは80mm/1.7になるわけで,50mmの被写界深度を持っているので,Planar 85mm/1.4よりもずっと使いやすい大口径単望遠になるわけですから,なるほど,ポートレイト用として悪くないはずですね。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-05-03 22:12
うわー このチコちゃんの顔、堪りません。
公陳丸君のクールな顔もいいですけど。
すみません、レンズもカメラもなんのことやら全然わからないので、写真だけ拝見しています。
Commented by complex_cat at 2005-05-03 22:23
分からなくても大丈夫です。有り難うございます。どうか,ゆっくり写真を見てやってください。そういう方にも,テキストが邪魔にならないアーティクルの作り方を考えているのですが,私の頭では,なかなか難しいので,読み飛ばしてください。
 チコは,写真撮らせてくれるのですが,最近公陳丸が難しいので,写真の比率が全然違います。チコは私が何をやっていても,ちらちら見るだけで,眠っています。公陳は寝ている場所の光線条件が難しい上に,目を覚ますと,こちらをほとんど向きません。
Commented by みお at 2005-05-03 22:59 x
ええ、2.8の方です。携帯性もよいです。28ミリ/2.8の方も散歩レンズとしてはちょうど良い画角になります。ポートレート用としては60ミリマクロプラナーもよいです。
Commented by marmotbaby at 2005-05-04 00:19 x
C_Cさん、こんばんは。いつもコメント頂き、ありがとうございます。
このチコちゃん、笑ってますよね....ぜったいに、笑ってますよね.....などと、「人間的な意味づけ」をしたくなります。このお写真、カミさんには見せられません。きっと、「猫の飼えるところに移ろう」と言い出すでしょうから。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2005-05-03 16:20 | My Tools | Trackback | Comments(6)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31