Distagon 18mm/f4 T* (print scan)


Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_20565198.jpg
超広角18mmの画角を使うために久しぶりにフィルム装填して撮った分。本来ならばフィルムスキャンをして,余すことなく画角の広さを使った画をアップすべきでしょうけれど,少々余裕がないのでプリントスキャンで済ませました。
CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_20572888.jpg
139 QUARTZは,dojouさんよりお譲りいただいたモデルですが,当時はフラッグ・シップ機であったRTSのミニ版という感じで,それなりに小振りでよいデザイン。ただ時代もあって,シャッターの最高速度が1/1000sec止まりなので,ISO400を常用する私にとっては,ピーカン時,NDフィルターでも持ち歩かないと,ほとんどパンフォーカスになってしまう状況。
CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_21512068.jpg
このトーン曲線の滑らかさは,少し感動してしまう。

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_20574969.jpg
それでも,近接撮影のフォーカシングは丁寧にやらないと,大幅にピントを外します。超広角ですので,中距離と違って1枚目のように近接で,動き回る猫相手にマニュアルフォーカスでピントを合わせるのは,逆に結構至難の技。
CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_20581556.jpg
距離を詰める余裕がないと,何となく広角で撮っただけの画になる。使いこなすのは矢張り難しい画角。ただこれらぐらい広いと,対象をでかく写し生息環境などの背景も全部切り撮れる。ディスタンスのとれない森の中の植物には良いのだけれど,これは,ISO1600がノイズを気にせず常用できる古いサイズデジタルのみでの技になるだろう。高感度フィルムでやれないことはないけれど5D Mark IIが欲しくなる。あれデカイから,フィールドで振り回すのはかなり負担だけれど。
CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_20584942.jpg
何となく撮っていると,自分の軀も目一杯伝染り混んでくる。チコが挨拶に戻ってきたこういう画を撮るときとかは便利だけれど。
CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_20591318.jpg
フルサイズで撮っても,定評のある歪曲の少なさがはっきりしている。この辺りは,今時の高倍率広角ズームでは少々辛いレンズが多い状況を思うとやっぱり素晴らしい性能。
CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_21245091.jpg
前ピンになったけれど,胸回りの柔らかい毛の描写など,フィルムとの組み合わせだと良いなと思うところもある。
 CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

Distagon 18mm/f4 T* (print scan)_b0060239_21271070.jpg
Distagon 眷属の恒として,マクロ域もそこそこ使えるのは嬉しい。また,デジカメではlawで撮らないとこの色は露光一つ間違えればあっさり飽和しやすいのですが,フィルムからプリント〜スキャンの流れだと,AE任せで撮影してこの赤が潰れることなどありませんので,フィルムの方が神経を使わずに済んだり。
CONTAX 139 QUARTZ, Carl Zeiss Distagon 1:4/18 T*

 本日は台風3号の影響で,強風が吹き荒れた本日。チコは,いつも通り出撃。先ほど戻ってきましたが,また出掛けていきました。彼にとっては風がちょっと強い程度のようです。やり過ごす待機場所は沢山持っているので。しかし「船外活動時間」は縮小させているようで,頻繁に戻ってきます。まぁその方が安心なんだけれど。
Commented by tochi0150 at 2009-06-22 22:48
こんばんは
私は猫相手にMFは絶対に無理ですね
こっちの言うことまったく聞いてませんから・・・・
Zeiss はやっぱりいいですか、仕事仲間の人も双眼鏡買うのに
十数万出してZeissのを買ってました、曰く明るさ見易さが別次元らしいです
Commented by complex_cat at 2009-06-22 23:05
tochi0150さん,この時代遅れのヤシコンZeissレンズとフィルムカメラを使うモティベーションを維持しようと,自らを鼓舞するようなエントリを書いてしまいました。
現状でデジカメよりもフィルムが使いにくくなったのは,私の場合,偏に経済的事情が一番大きいような気がしますね。
あと,フィールドスコープではLeicaとZeissが鎬を削っていますが,値段帯にもよりますが,現状はLeicaの方が見え方については少し上というバードウォッチャー複数の意見があります。
 スポッティングスコープもその傾向がありますが,勿論それはZeissが悪いという意味ではなく,とてつもなく不利な状況での限界性能での話ですし,逆転する可能性もあります。
 現状お金持ちなら,更にスワロフスキーという選択肢もありますね。後,スポッティング・スコープに関して言えばNIKONよりもKOWAの上級モデルの方が評価が高い人が私の周りには多いです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2009-06-22 22:11 | My Tool | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29