蟲の除去


蟲の除去_b0060239_2233231.jpg
日ごとに人懐っこく,性格の良さを見せる「わさび(仮名)」。里親捜しの会には,なるべく早くエントリして,良い里親さんを探さねば。
 子供達が入れ替わり立ち替わり遊んでくれるので,安心したのもあって,よく眠るようになった。あの神経質に啼いていた子と同じ個体とは思えないほど。
 ケージの外に出すと,ひたすら甘える。私は,実は成猫の方が数倍,子猫より好きという,ひねくれ者だけれど,この子猫の性格の良さは心地よい。ホームセンターで,幾つか子供達買ってきた猫じゃらしのおもちゃよりも,ワイフの作ってくれた紐がお気に入り。
Canon EOS Kiss Digital X, CANON LENS EF 50mm 1:1.8 II
 この何処を見ているかはっきりしない子猫のフェイズの眼においては,網膜も余り反射しないので,ストロボ光が余り悪さをしない。勿論直接正面から焚くのは余り良くないので,天上バウンスを使うのが良いんだが,ストロボ不調で,ちょっと許して貰う。

.
蟲の除去_b0060239_22372919.jpg
錆猫というのは,私自身全く縁がなく,それについての知見も何もないのだが,こうやってみると猫と言うよりは原猿の一種か,あるいは,イウォーク族みたいなイキモノに見える。
Canon EOS Kiss Digital X, CANON LENS EF 50mm 1:1.8 II

蟲の除去_b0060239_2243958.jpg
コチコ(仮名;現名「カツオ」)を保護した時は公陳丸やチコ同様,雄だったので,彼が手加減してくれても,家族全員がみみず腫れが出来たし,一緒に寝ようものなら,甘咬みのあまりの痛さに何度も飛び起きる羽目になったけれど,流石に,おんにゃのこ。またこの子は,甘咬みもほとんどせず,ひたすら優しく舐めてくれる。性格が良すぎるなぁ。きっと我が家とは縁がないのだと,考えることにする。
Canon EOS Kiss Digital X, CANON LENS EF 50mm 1:1.8 II




蟲の除去_b0060239_2253673.jpg
コチコ(仮名;現名「カツオ」)の時には居なかったけれど,山葵の外耳道の中にはミミヒゼンダニが居たので,スポット除虫薬を獣医さんで垂らして貰った。デジタルマイクロスコープの画像で,ぽつぽつが見える。
 このスポット薬は,本当に猫との暮らしを一変させた。チコみたいなアウトロー的な生活をする猫を抱え込んでも,ノミの大発生で我が家が終了することはなくなった。
Sony α700, α AF ZOOM 35-70mm 1:4

蟲の除去_b0060239_2314935.jpg
保護した直後,ワイフがノミ取りシャンプーで洗った御陰でかなり落ちていたが,薬が効いて,ノックアウトされたネコノミが,眼の良いワイフにより発見された。わさびの毛に紛れたものを,よく見つけるなぁと感心する。
 頭部が丸くなく,やや角度を持ってスラントとしているので,ちゃんとヒトノミではなくネコノミと同定できる程度の画は撮れた。ノミをしげしげと見たことのない方のために付記するが,別に潰したわけではなく(潰すのは最悪。雌の場合卵が散らばる)見て感じる通り,非常に縦に扁平な昆虫です。
Canon EOS Kiss Digital X, Carl Zeiss Macro Planar 1:2.8/60 T*, Novoflex Bellows Unit and SUNPAK DX-12R Ring Light Flash
 そういえば,未だネコノミの写真は撮ってなかったことを思い出して。久しぶりに天下の「真空掃除機」Macro Plana 60mm f2.8にヤシコン用サードパーティベローズ,DXシューを介してのリングストロボで武装したキスデジにて。ほぼ限界倍率だが,中央1/9ほどの大きさにトリミング。実体顕微鏡を使わず,手元の機材だけで,拡大して写せる限界か。ワーキングディスタンスが,ほとんど0に近い距離での撮影。

追記1―つぶすのが最悪のもっと重要な情報を記述忘れ。ノミの体内には,高頻度でサナダムシ(犬条虫,瓜実条虫)が居て,これがまた飛び散り,猫が口にしたりすると,体内に入り込むからですね。ノミとサナダムシ,大きさが逆転していて,最初は理解できませんでしたが,ノミの幼虫ステージでサナダムシの微細な卵を飲み込んだりして,その後,猫によるノミの誤食などにより,サイクルが回ります。条虫退治はまずノミ退治から。

追記2-イヌノミ,ケオプスネズミノミは,また,ミクロ的に見なくても,かなり雰囲気が違いますので,最初から除外してます。

追記3-吸血性の無脊椎動物にとって,吸血する管がつまらないようにすることは至上命令ですが,ホストの抗体が強力になってくると凝固しやすくなり吸いにくくもなるし,死活問題です。その点,幼猫は,防除が十分でないので,ノミなども吸いやすいのでしょうか,集られます。皮膚組織が弱く,細胞破壊因子を流し込んだときに吸いやすいというのはあるかも。
 奄美大島のとある民宿で,猫のみの猛攻を受けましたが,宿のおじいちゃん,おばあちゃんは全く咬まれていない感じでした。医動物系ではダニやノミの培養でウサギなどを使いますが,ずっと吸わせていると2,3ヶ月で吸われなくなります。同じ理屈だと思います。
 西表島で,現地の酔っ払いおじさんが橋の上で転がっていても悲惨なことにならないのが不思議でしたが,私も毎日100箇所以上蚊に指される日々を2ヶ月近く送って,ほとんど刺されないか,刺されても刺し傷が一寸色が変わる程度,ぜんぜん痒くない無敵の体を一時的に手に入れました。作用機差は分かりませんが、刺されても蚊の側で本気で吸ったらヤバイと、唾液腺からの投入物質などが無駄になるから途中でやめるのもあるからではと思ったりしました。一時期薬漬けだった友人は、蚊の吸い方が弱くてすぐに逃げると言っていました。「あー、まじい、ぺっぺっ」みたいな感じだと。
 いろいろ観測していると,ヘビー・スモーカー,トランキライザーなど薬を多用している方は,蛭をはじめ,吸血性の連中からは,相対的には嫌ってもらえるようです。吸われないということではありませんが。

追記4-最近ではペットにおける外部寄生虫についてはこちらのフタトゲチマダニの咬着例も増えて久しいようです。
トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/11494963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 七匹目のどじょう at 2009-07-19 17:45
タイトル : これは何蚤でしょうか
29: 玉内公一/dojou7氏 新藤さんの月例に蚤のカットを出しました。 先日Complex_Catさんがネコノミを撮ってましたが、これはヒトノミ? 公園にいる猫をなでてあげた2時間後くらいに私の腕におりました。すぐ捕まえてフィルムケースにアルコール。フィルムケースが探さないと見つからない時代です^^;右手の親指と人差し指でつまんだまま数分探してやっと(笑)。 ... more
Commented by dojou7 at 2009-07-12 23:28 x
ネコノミって扁平なんだ。そういえば数十年見てないな~。つぶしてはだめとは知らなかった。
Commented by complex_cat at 2009-07-13 07:41
dojouさん,イヌノミは激減しているらしいですね。ネコノミも,スポット役と部屋飼いが浸透したので,捨て猫と関わらないと私も目にする機械が減りました。
 つぶすのは,かなり問題があります。
Commented by tomo_macintosh at 2009-07-14 15:07
初めまして。いつの頃からか、猫に惹かれて勝手にエキサイトのリンクに入れさせていただきました。質問なのですが、猫ノミを潰さずに処分するにはどう処理するのが一番いいのでしょうか?アルコール漬けでしょうか?洗剤漬けとか?よろしければご教示ください。
Commented by complex_cat at 2009-07-14 21:32
tomo_macintoshさん,初めまして。そちらにも先ほど遊びに行き,リンクもさせていただきました。
 潰さずに処理できるなら何でも良いと思いますよ。浸透性が高い70%アルコール漬けにして,後で捨てるのが確実でしょうね。短時間だとアルコールが乾燥すると生きてたりします。洗剤は,表面張力で浮かないというだけで,普通の洗剤自体には殺す力はないと思います。もちろん集めてちゃんと捨てれば,その後不具合が出るとは思いにくいですのでそれでもよいかと。
Commented by at 2009-07-20 10:36 x
こんにちは、今日はじめてブログに書き込ませて頂きます。
犬は飼い主に似るっていうけど、猫も自分の経験からして主人に似ている気がします。そういえばペットの薬ってどこで買ってますか?ここ結構安いから動物病院いくときは、猫ノミ駆除薬は自分で手配するって伝えて診察料の他のコストを下げているんです。ここで買ってます。また書き込ませて頂きます。
Commented by complex_cat at 2009-07-20 13:10
玉さん,リンク,エラーが出てます。
 類似品は沢山出てますが,獣医さんで用意して貰ったものが良いという判断です。猫の皮膚にかゆみが発生するモノもあり,量販店のものは,製品管理上あまり信用できないモノもあります。あるルートで安価に手に入れてます。
Commented at 2009-07-28 16:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by complex_cat at 2009-07-28 17:03
カギ米様,わざわざの御申し出ですが,申し訳有りません。ご期待にはそいかねます。特にそちらがどうということはありませんで,ここの方針としてですので,他意はありません。あしからずご了解くださいますようお願い申し上げます。あと,それほどここのアクセスはありません。その関連でしたら,分野のαブロガーをお探しになる方が得策かと思います。
 お仕事の順調を御祈念申し上げます。失礼いたします。
Commented at 2014-06-30 12:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by complex_cat at 2016-12-11 10:20
名無しのリークの人。この手のやり方では、効果薄く、うまくいかないので、その方のためにも弁護士にご相談を。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2009-07-12 23:17 | Year of the Cat | Trackback(1) | Comments(10)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30