わさび(仮名)のいた夏〜彼女の選択

b0060239_16375475.jpg
昨晩,末っ子と次男が添い寝した。家族が入れ替わりでしっかり愛してくれた御陰で,彼女は,夜も比較的大人しく,よく眠るようになった。

b0060239_16395259.jpg
里親捜しのイベントへのエントリは30分ほど遅れて。本日も,20頭以上がエントリされていた。

b0060239_16410100.jpg
沢山のケージと,里親を待つ猫と犬たち。末っ子は,チコ似の子猫をめざとく見つけて,じっと眺める。
 NGOの運営はしっかりなされており,いくら都合良く猫を持って行きたがっても,飼育環境等引っかかる状況のある方は,会話で分かるので,無理に押しつけるようなことは会のメンバーは,されない。猫・犬,飼い主の双方の幸せをしっかりチェックする。そうしないと,更に手間が増えるだけでなく,お互い不幸になるからだが,本当に彼らの運命を託しても大丈夫という飼い主は,なかなか現れない。もしもペットショップがこの基準で飼い主を選んでいれば,多分,潰れるかも知れない。

b0060239_16453265.jpg
前回は,あまりに運の良いことが重なり,コチコ(仮名,現名カツオ)の「福猫力」と,会のサポートもあってあっさり養子先が決まってしまった。わさび(仮名)も勿論,チコのたっぷり匂いの付いたテリトリートラッキングを逆とレースして我が家にたどり着きサバイバルに成功した強運の持ち主なのだが,今回は,流石にそこまで虫の良い事態はないだろうと予想していた。
 予想に反して,穏やかで上品な老婦人に連れられてきた小学生高学年の女の子がケージでひしめくテントの中で彼女を一目見て「この子が良い」と言いだした。老婦人は,いわゆるマニアックなわさび(仮名)の錆猫紋様に難色を示したが,「この紋様は玄人好みでファンクラブもある。」「性格がよい個体が多いとされているが,実際に賢く大人しい個体である。」という私の説明もあり,お孫さんがともかくこの子が良いからという絶対的な理由には勝てるはずもなく,わさび(仮名)の里親となられることを承諾された。先の愛猫は19年の寿命を全うし,最初から大人しい「雌指定」。ある意味これ以上はない飼い主。

 最後に老婦人は私に丁寧ながらもストレートに質問された。
 「貴方の言うとおり,そんなに素晴らしい猫ならなぜ貴方が飼わないの?」
 これは,寧ろありがたい質問だった。「我が家には猫が既に4頭居ます。猫の多頭飼いをやろうとすると,実は相性が難しく,既にストライキを起こしてちっとも帰ってこない個体も居て,限界なのです。」こう言ってしまうと複数個体を部屋飼いで受け入れて,十分に幸せに暮らしておられる飼い主の方に失礼なので補足すると,我が家ではマンションなど限定されたエンクロージャー内で,完全室内飼いの場合と条件が違うからなのだが嘘はない。
 チコを今の彼の日々思い通りに暮らしている条件のままで愛してやろうと思うと,彼のストレスは,既に限界なのは分かっている。更に気ぐらいの高い矢張り猫嫌いのユッチもいる。あれだけ,いろいろな猫に遊んで貰って面倒を見て貰ったナッチ&ユッチ姉妹は,後輩の面倒はさっぱりであるどころか相当な抵抗を示す個体であることがばれてしまった。むしろ,次々と後輩を5頭も次々受け入れ面倒を見てきた懐の広い公陳丸のキャラの方が特殊なのだということに,私たち家族はかなり後で気がついたのだ。

b0060239_17255264.jpg
老婦人は最後まで疑問だった点に関する私の解答に納得し,サインを済ませた。まあ経済的事情というのがあるので,どんな家庭でも無尽蔵に猫は増やせないのは当たり前という納得のされ方もあると思う。正直申し上げれば会のコア・スタッフを前にして,4頭で根を上げるのも,実は少々後ろめたいのだが。新旧の飼い主家族での恒例の記念撮影を済ませると,みんなで,彼女の「お輿入れ」を見送った。

b0060239_1724326.jpg
あまりの進行の早さに,次男は動揺して,そして泣いてしまった。あの私と次男と末っ子での昨晩の添い寝が最後になってしまうとは,ある意味,嬉しい誤算だけれど,家族全員が彼と同じ気持ちであった。わさび(仮名)と一緒に過ごした夏は,あっけなく終わってしまった。
 コチコ(仮名)のときは,他の里親を待つ個体とその保護者に申し訳ないという気持ちが先に立って考えがまとまらなかったのだが,これは幸運とか,そんな風には考えるべきではないと今は思う。
 猫と人との契り,それは他人がどうこうできるものでもないし,チコのホームレンジの周縁に彼女が引っかかってチコの匂いをトレースしてきたであろうことなど我が家の庭に彼女がたどり着いた時点から偶然と必然が作用している。

これも「彼女の選択」なのだと思うことにした。

 会のシステムとして貰われていって1週間はお試し期間で,もちろん出戻りするケースもあるのだけれど,家族は皆,君の幸せを信じて疑っていない。おめでとう。そしてありがとう。わさび。この仮名で呼ぶのは,ここでお仕舞いだね。里親さんには,勿論教えてない。あの女の子が,君に相応しい名前を送るだろう。

さようなら わさび。

b0060239_1739918.jpg


追記-ユッチは入れてもらえなかったわさびの部屋で一人昼寝をして,チコは外から戻ると居間でくつろいだ雰囲気でゆっくり食事をとり,出かけていきました。多頭飼いは,成獣になるまえに限定された空間の中で飼うことで,干渉,闘争行動が相手を排除できる効果を現さないことを学習させ,そちらへの投資が無効化する状況を理解させてしまえば,ある程度は可能でしょう。限定された空間で飼うことは各個体の体臭が合成されて,その家の猫の匂いみたいな感じで全個体が認識してしまうこともあって,おそらく,多少の小競り合いはあるものの,空間を共有できると思います。これは,テリトルアルな哺乳類を,テリトルアルな性格のまま減点された空間で飼育することが、実は非常に困難であることが示唆するところです。もちろん、仲良くなれない場合もあるので、なからずしもすべての個体が親和的同居となるわけではないが、その場合は、ストレスが発生している。保護のための多頭飼いを止む無くされている方々はその部分物凄いエネルギーを使っている。病的なアニマルフォールダーは、ストレスが発生していること自体が理解できないので、間違っても混同されると迷惑だ。

 自然状態では,飼育空間がシミュレートする遭遇頻度や,闘争回避空間は全く問題にならないほど広いので、同じ状況を作り出すことは,かなりの仕掛けが必要です。
 チコのように,出ずっぱりの猫は,他の個体との遭遇頻度が最小化してしまうので,新参者を受け入れる方に行動が変化する状況は望みにくいのかも知れません。一方で,公陳丸に対しては,おそらくチコの親代わりであったためか,どのような状況でも,彼には一目置くわけで,相性や幼獣期の過去経験の影響は大きいと思います。ナッチ&ユッチは幼獣期に雑居生活を経験しながらも,そのときの個体とこれから遭遇する個体は,やっぱり別扱いのようです。

追記2ー急なお別れに一番ショックを受けていた次男に,戻ってから本日のエントリの一番上の写真を見せる。
 「ほら,お前達とわさびとの最後の夜だ。とっても幸せそうだぞ,わさび。」
次男は,嬉しそうに眺めながら「うん」と返事をした。
 既に彼は,ちゃんと自分なりの心の整理ができていたことに驚いた。いや,子供は,早いって。変なことでなければ大人のように余計なプライドその他で,引きずらない。

追記3ーその後の末っ子「今日,僕,下の部屋で寝て良いかなぁ?」
ワイフが「いいけど」と答えるとすかさず長男が「でも,もう わさび(仮名)居ないよ。」
末っ子はいつものふざけたシマリス君(「ぼのぼの」)の口調で応える。「分かってまあす。でもわさびちゃんがいると思ってあの部屋で寝るのでえす。」
長男嬉しそうに「エア・わさび?!」
うん,いいね。『エア・わさび』。

君がいたときの空気は未だ消えていない。

トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/11691766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by BUNTEN at 2009-08-09 18:09 x
おめでとう、わさびちゃん。幸せにね。
Commented by rieron at 2009-08-09 19:03 x
おめでとう、わさびちゃん。新しい飼い主の人生になくてはならないパートナーとなりますように。
そして、そして、心やさしい二男君、私は君が心配です。
わさびがいた夏をよき思い出とすることができますように。
Commented by complex_cat at 2009-08-09 20:11
BUNTENさん,ありがとうございます。1週間はテスト期間なのですが,戻ってくることは無いでしょう。
Commented by complex_cat at 2009-08-09 20:13
rieronさん,次男がこう云うところは一番多感ですね。長男は大人らしくなってきた部分で割り切り,末っ子はもっと物事簡単に考えてOKで面白いです。ただ,みんなわさびの居なくなったがらんとした部屋を眺めて,色々つぶやいています。
Commented by einnonti-H at 2009-08-09 21:41 x

While there is life,
There is hope.

GOOD LUCK! わさび.


Commented by kyoko_fiddler at 2009-08-09 22:53
かーがわさびちゃんの前途を言祝いでおりまする。
Commented by tochi0150 at 2009-08-10 08:07
おはようございます
いい里親が見つかったようですね、よかった
子供さんも、いい出会い別れを体験できていい経験になったのではないでしょうか
こういう出来事でゲームでは得れない感受性が育っていくことを願います
ワサビちゃんは、いい人に保護されて良かった
Commented by あずき at 2009-08-10 12:06 x
昨日はお疲れ様でした。コチコちゃん同様、あっという間のお別れでしたね。偶然、私の生まれた生家の近所の方でした。城山の下の方で周囲は山で、交通量も少ない場所です。
おまけに会員の方の勤務先がすぐ近くで里親さんのお宅もご存知でした。里親さんが日傘を忘れて行かれたので、今日届けてくださることになりました。
私たちも一般の方達から比べると子猫を保護する機会は多いですが、別れは慣れるものではありませんね。保護期間が長くなればなればなるほど・・・。
 我が家の飼い猫3匹のうち、1匹だけ外に出る猫がいますが、この猫も保護の子猫がいる間は外で生活する時間が長くなります。面白いのは、子猫が来るとやたらに戦利品(とかげ・せみ・カマキリ・すずめ等々)を家に持ち込むことです。子猫に学習させようとしているのでしょうか?飼い猫と子猫の距離間を観察するのも面白いものです。  何はともあれ、子供さん達には悲しいお別れになりましたが、学校や塾では教えてもらえない、大切な事をたくさん学ぶ事ができたのが幸いです。またそういう環境を与えて下さるご両親をもてたことは、とってもラッキーだと思います。
Commented by shizumama0219 at 2009-08-10 14:37
ムスメをお嫁に出すような心境でしょうね。
あとは信じるしかありませんもの。
不幸をさげた出会いでしたがC_Cさん宅の温かい空間のなかで短くても過ごせたことは幸いです。
息子さんもいい涙を流しましたね。
わさびちゃんという名前わたしは覚えておきますよ。

お産騒動のお話は感じ入って読みました。
わが子誕生のためなら自分の命にかえてもと母親は思うものです。
あわせてC_Cさんの子育て奮闘記...思い出したらいつか本にして下さい。買います(笑。
Commented by neko-no-mori at 2009-08-10 16:42
わさびちゃん、無事に新しい家族が出来て良かったですね。
うん、出戻りはありませんよ。
新しいおうちで幸せに暮らしていくことでしょう。
良かった良かった♪(*^^*)
Commented by complex_cat at 2009-08-10 20:48
einnonti-Hさん,命あるところに希望と,奇跡と 愛があります。
Commented by complex_cat at 2009-08-10 20:49
kyoko_fiddlerさん,かーくん,ありがとう。無事,彼女は旅立ちました。
Commented by complex_cat at 2009-08-10 20:50
tochi0150さん,コチコ(仮名)の時は,私と長男だけだったので,全員で見送れたのは,本当に良かったと思いました。
Commented by complex_cat at 2009-08-10 20:54
あずきさん,色々持ち込むのが増えるのは,多分,新顔が気になって,戻る頻度が増えるからだと思います。持ち帰った後,それらを食すことなく餌を貰うモードに移り,獲物に対する興味を失います。もちろん雌猫は仔への教育のために持ち帰る行動をしますが,多分一緒のようで違う行動である可能性を感じています。仔の前で捕殺するところまで見せたりしませんから。このあたりの話については,別のエントリを書こうと思っています。
Commented by complex_cat at 2009-08-10 20:56
shizumamaさん,一息入れられました。出産時の始末記は,いや,恥ずかしい限りです。記憶を失っていることは確かです。
Commented by complex_cat at 2009-08-10 20:57
neko-no-moriさん,会のシステムは,あくまで猫と人の幸せ本意で,よくできていて,1週間はテスト期間です。里親さんの様子から,舞い戻ることはないと思いますが。
Commented by まる at 2009-08-11 13:35 x
わさびちゃん、おめでとうございます。

お別れのとき、素直に涙を流せる次男君。彼を見守るご家族。いいなぁ、と思いました。

わさびちゃん、ますます幸せになりますように♪
Commented by wolf-pow at 2009-08-11 16:18
コチコくんに続いて、ラッキーキャットの誕生ですね。
おめでとうございます。
彼女達がお互いに選んだ縁だから、強い絆で結ばれるでしょう。
わさびちゃん、幸せに。
Commented by complex_cat at 2009-08-12 02:55
まるさん,有り難うございます。家族の記録としても嬉しいエントリでした。
Commented by complex_cat at 2009-08-12 02:56
wolf-powさん,今頃どうしてるかなと,思います。
追記しました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2009-08-09 17:42 | Year of the Cat | Trackback | Comments(20)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30