足音プロファイリング


足音プロファイリング_b0060239_17223120.jpg
お散歩写真がてら,ごみ捨てに歩いていくとどこかで聞いた声が,私を呼びます。

足音プロファイリング_b0060239_1723327.jpg
末っ子のお友達の家の離れの横の草むらから,私へのフラッグのように尻尾を上げてチコべぇ。

足音プロファイリング_b0060239_17234027.jpg
私の足音を彼はしっかりプロファイルして聞き分けているわけで,テリトリーチェックの途中で出てきた模様。

足音プロファイリング_b0060239_1724429.jpg
私に向かって啼き始める。遊べ,かまえ,いろいろ教えろと云うことで,これは部屋飼いの猫に同じなんですが,自由猫の困ったところは,深夜とか,雨の日の早朝とか,人様の庭先とか,飼い主のいちばん困るシチュエーションでそれが発揮されるところ。

足音プロファイリング_b0060239_17244926.jpg
有名な壁猫みたいな画を撮ろうと思ったのですが,とっさに選択したシャッター速度が少し遅くて被写体ぶれしてしまいました。それでも2m余の垂壁を滑り降りるシーンは,さすが猫だなぁ。
 飛び降りているわけではなく,ちゃんとコンクリのクラックや突起に爪をかけて,姿勢を制御しながら,走り降りているのが分かります。

足音プロファイリング_b0060239_1726654.jpg
車が来るといやなので,あわてて路地に誘導。彼は眠いときと腹が減っているとき,あと屋外だとデレ猫でしっかり甘えたがるわけです。ごみ捨てした直後でよかった。外で君に捕まって相手していると,真面目につき合えば本当に日が暮れてしまう。

足音プロファイリング_b0060239_20383768.jpg
今から彼のテリトリーを縦断してごみを捨てに行こうとなると,下手すると着いてきたがるので。彼は自動車は慎重すぎるほど回避できる猫だけれど,私がいるときは,逆にその力をうまく使っていないように見えます。

足音プロファイリング_b0060239_17275696.jpg
彼は,最近この道路の両側に陣取って,侵入者チェックやハンティングをしているようで,夜になって,末っ子連れてコンビニに散歩に行く段にも,にゃーにゃー啼いて姿を現しました。末っ子は,チコの声に対しては非常に敏感で,かなり遠くの小さい声でもチコが呼んでる!と聞き分けることができます。擬似兄弟といわれる所以。「猫王子」ってドラマ化どうよ。

足音プロファイリング_b0060239_17283410.jpg
困ったのは,私たちから離れず,着いてこようとすること。私だけでなく,末っ子も一緒なので,二人一緒に猟に出るみたいなものかと判断したのか。コンビニにまでの道路に出ると,そこは交通量が多い。一緒に彼のペースで着いてくるのは困る。

足音プロファイリング_b0060239_17285211.jpg
しょうがないのでワイフに出てきてもらって,私が彼の相手をしている間にと思ったが,ワイフも忙しいのでどうしようかと相談したが,とりあえずいったん戻って出直すことにした。
 私たち3人と家路に向かうチコは尻尾を誇らしく立ててとてもうれしそう。ワイフが「チコ,犬みたいに,あなたしか見ていない。やっぱり危ないかも」。うーん,何となくそれは私も心配になる。畑に誘導して,途中で彼が家に未だ入りたがらない状況を確認して自分の身を隠しました。

足音プロファイリング_b0060239_17292247.jpg
ワイフの近く,台所に陣取って満足そうなユッチ。午前中は二階の奥の隅で過ごしている。ある意味,猫らしい猫。早食いによるおきまりのゲロ吐きと尻戦車(座ったままいざりながら,お尻をカーペットに擦りつけるあれ)以外は面倒のない子。

足音プロファイリング_b0060239_17294722.jpg
ユッチは,人間の子供も余りストレスに感じない剛の者で,ナッチよりも愛嬌がよい部屋飼い猫のプリンセス。ただ,爪研ぎ場所については節操が無くて順調に我が家を破壊中ですが。
 彼女たちの足音のプロファイリングは,私にも出来ています。

足音プロファイリング_b0060239_1727896.jpg
復活した公陳丸は,最近は行動圏は最小化している。出てもすぐに戻ってくる。それでも内懐に入り込んだ進入個体に襲われた。ばっさり爪でやられたところの毛がまた生えてきていない。
 しかし,今年13歳,チコより遙かに年長の君ですら,1週間治療のために家に閉じこめておいただけで,ストレスで限界に来ているのを見て,実際かなりこの二頭は大変だなと思ってしまいました。穏やかに部屋飼いにシフトして,リタイヤしてもらえるタイミングはいつぐらいだろうか。

 4匹,各自各様ですが,皆さん,,公陳丸派,チコ派,ユッチ派,ナッチ派,それぞれ好みも別れるようでして,いろいろファンの方からコメントが頂けます。プロファイリング進めれば,4匹による「猫占い」ぐらい作れそうな雰囲気。
 ABO式の4種類しかない血液型占いを信じ切れる方もお出での状況を思うと,こうやって疑似科学的○○占いが作れる気になる人が出現するんだなぁと余計なことを思ったり。
トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/11990449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by neko-no-mori at 2009-09-24 10:40
どの子か選べと言われても選べない私はやっぱり猫バカですね(^^;)
みんなそれぞれに個性があって可愛いです(*^^*)
Commented by complex_cat at 2009-09-24 20:56
neko-no-moriさん,猫は、一匹,一匹,まるで別の生き物ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2009-09-23 21:01 | Cat Family | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31