その辺の食いもの

その辺の食いもの_b0060239_2047886.jpg
久しぶりに包丁を研ぐ。ある刃物のプロショップが,料理学校の生徒算用に数を揃えたものの一部をまわしてもらった。故にそんなに高くない。高くないが,日本刀の刀鍛冶で,料理包丁に転向して高い評価を受けた方の作と聞く。小さく銘が入っている。




その辺の食いもの_b0060239_2047915.jpg
ワイフと結婚する前から使っているが,背面まで刃金の身が入っている。極小になるまで研いで使っていってもずっと使える品。
 購入するとき,プロショップのオヤジさんが,「本当に切れる状態を見せてあげるね」と言ってみせてくれた。プロが磨いだばかりの状態で,髪の毛を挽くだけで落ちる。
その辺の食いもの_b0060239_2047836.jpg
いわゆる重ねの技術で側金の紋様もそれらしいが,恐るべきことに,サンドイッチ構造の両刃であるにもかかわらず,僅かに刃身を傾けてあり,片刃様に仕立ててある。桂剥きなどにおいても使いやすくできているハイブリッド構造で,この傾斜が絶妙。本当の意味でのプロは,包丁を複数本持ち使い分ける訳だが,むしろ私のような,プロでもなく,その辺のものを適当に料理している,一丁でなんでもできればいいと思っているようなただのフィールド屋にこそ,ふさわしいかも。
その辺の食いもの_b0060239_20465746.jpg
で,この同田貫じゃなかった,包丁で切りたかったのは何かと言えば,これ。
その辺の食いもの_b0060239_20465714.jpg
標準的な6kg級の桜島大根。刃身の長さよりも大きな代物だったが,この通りすっぱり切れた。
その辺の食いもの_b0060239_20465643.jpg
中身は,すも入らず見事な食材。まあ,10kg級が珍しくない訳で,このくらいの大きさで問題が出るはずもないが。
その辺の食いもの_b0060239_2047924.jpg
1/4個放り込んだら,圧力釜が6割近く埋まった。
その辺の食いもの_b0060239_2047091.jpg
軟骨とバラ肉の固まりを入れて,塩豚骨にしてみた。桜島大根は,煮込んでも荷崩れせず,口当たりもよくて大変美味。
その辺の食いもの_b0060239_2047087.jpg
圧力釜で45分ことことやったが,大根のエッジが見事に立っている。優れた食材だが流通量が少ないので,そんなに出回らないのが残念なところ。その気で手に入れようと思えば,朝市に行けばいいのだが。
その辺の食いもの_b0060239_2047628.jpg
こちらのでかいのは,その辺に転がっていたシカの肝臓と心臓。捕った猟師さんからは,自信を持ってルイベにとおっしゃるが,やっぱり例のごとく唐揚げに。
その辺の食いもの_b0060239_20465962.jpg
塩で揉んでお湯をかけ,十分に血抜きをしたはずが,血が滴りすぎて,ものによってはあげている途中で中から吹き出してくるので,少し長めに揚げる。肝臓も心臓も癖もなく,とてもおいしい。
その辺の食いもの_b0060239_2047936.jpg
残りとなっていた巨大なシカのあばら肉のかたまりをお隣に持っていったら,ご主人から,その辺のを好きに取りなさいと,でかいブロッコリーをもらった。
その辺の食いもの_b0060239_20471087.jpg
茹でてその後同じオムレツパンで焼いた目玉焼きと一緒にトーストにのせてバジル&オリーブオイルをかける。その辺の食い物。
その辺の食いもの_b0060239_20465779.jpg
その辺の食い物,ガスレンジに吹きこぼれて固まったデンプンの付着物,要するにオブラート様の糟を食べにくるナッチ。この困った癖はかなり筋金入りで,ガスレンジをきれいにしていても,きしめん茹でてて,お湯を吹きこぼした後とか,ワイフが鍋でご飯を炊いた(ワイフは炊飯器で炊くのよりガスで炊く方が好きなので頻度は高い)後にやってくる。舌をやけどしないか慌てる。いったいどこで,何故にこの癖が生じたのか,オブラートを舐め食うことを全くわからない。食に関しては,ナッチ&ユッチ姉妹は,かなり保守的でキャットフード以外には見向きもしない。固形が基本で,近の缶詰の残りを,わずかにユッチが食べることはあるが,ナッチは固形しか食べない。チコのように刺身どころか,ご飯を食べたがることもないので,本当に不思議だ。
その辺の食いもの_b0060239_20465877.jpg
チコは,お皿にその辺の魚がないと,なんとなく,しょぼーんとされることがあるのだが,まあ腎臓障害リスクを思うと,しょっちゅう食べさせる訳にもいかない。今日も,その辺のキャットフードでも食べていてね。
その辺の食いもの_b0060239_20465825.jpg
ユッチは,一番何が欲しいのかわからないが,その辺のものじゃだめなときには,こちらとしては,何を要求されているのかわからぬまま,ねだり続けるので,困り者。
Commented by Lilywhites at 2010-12-29 23:15
桜島大根がスッパリと切れる包丁、すごいですね♪ 塩豚骨美味しそうです! うちも固形がメインですが、与え方が難しいですね。毛の長い2匹は生刺身(特にカツオ)が好きですが、何が好みか本当のところは私もよく判りません(笑)
Commented by complex_cat at 2010-12-30 17:53
Lilywhitesさん,冷えた外に出撃していくのでかなり,チコもユッチも肉が付いてきました。忙しいチコの方は,それほどでもないのですが,ユッチのお強請りには,実はかなり困ってます。
Commented by ぶり at 2010-12-30 21:19 x
この包丁、羨ますい☆ 包丁研ぎ好きですが、包丁の出来が違うと違いますね。
桜島大根の残り半分はアラ炊きでしょうか。気になる。

そうそう、以前ご紹介いただいたカエルとオタマジャクシのグミ・キット入手しました。いずれカラフルなカエルさん&オタマジャクシを作ります。
Commented by complex_cat at 2010-12-31 11:59
ぶりさん,鰤ねたなのでおいで下さった訳ではないかと思いますが,うれしいです。ここのプロショップはいつ持ち込んでもプロの技で研いでくれます。触れなば落ちんというのがリアルです。時間を忘れるお店です。グミキット作品楽しみにしております。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2010-12-29 22:50 | Appetite Museum | Trackback | Comments(4)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30