Voice

日本赤十字社による東北関東大震災義援金の受付が始まっています。



  Our Farewell〜Within Temptationは私の勝手なカテゴリーではプログレッシブ・ロック・バンドです。
 デス声や,ボーカリストのSharon Adelが髪振り乱してのパフォーマンスも定番のゴシック・メタル・バンドですが,アンプラグドで演奏されたバージョンの佳曲があります。
 アコースティック・バラードから何曲か選んで貼ります。息が詰まるような,今の状況,いくつかの歌を思い出しました。


彼らの曲と日本での受け入れられ方は,「ゴシメタの市場が日本には無く」みたいにWikipediaに書かれていますが,実は,このバンドをエントリで紹介しているブログは,私同様ほとんどがプログレッシブロックファンで,彼らのサウンドに,消えつつあったプログレの正式継承者の香りを嗅ぎ取った人たちも少なくないと思っています。それゆえ,その辺りが反応して,安定した人気を持つようになりました。そのあたりは,ケルティック系のオルタナティブロックバンドであるAll About EveやKarnatakaなどとよく似ています。
 この曲もBeatlesのAcross The Universのように森林や宇宙を感じさせてくれる光を向いたバラードです。


ええと,もちろん叶姉妹ではありません。


由紀さおり・安田祥子でもありません。オランダの誇るシンフォニック・メタル・ロックとプログレッシブ・ロックの歌姫である,Sharon Adel(Within Temptation)とAnneke van Giersbergenのデュオによる黄金のバラードです。曲自体はWithin Temptationですが,二人はかなりこのデュエット版が気に入っているようで,かなりあちこちでそのパーフェクトなハーモニーを聴かせているようです。


この今の非常時に,最後にこんなにはまり込んだ恐ろしい詩を持つ曲を貼るのはと思いましたが,鎮魂歌として,大学院時代,亡くなった友人のことを思い出すときも彼女がよく演奏していた姿がだぶったりして,やはりRequiemとして作られた曲だなと思って,今の感情として外せないのです。
でも最後をそれで締めくくるわけではありません。


Georges Moustaki / Il Y Avait Un Jardin(悲しみの庭)

 まだ,現地の状況が一段落するには遠く,地震や津波からなんとか逃れ避難されている方々も今は相当な苦痛にさらされているのが分かります。

 更に,巨大な石を品詞の軀の上に乗せてくるような原発のアクシデントはトラブルの基数を増し,更に予断を許さない状況にあります。
 ワイフとかなり広域の大気シミュを見たりしています。米軍部隊が飛んできたのも分かる気がするのです。

 それでもパンドラの箱にはまだ,「予兆」は閉じ込められたまま。先のことは分からないのです。もちろん私たちが希望を持てるようにという意味で。

 今は,これがいっぱい。

Georges Moustaki /LE TEMPS DE VIVRE(生きる時代)



 訳詞もつけようと思っていたのですが,以前書きだめていた,ファイルが見つからず,一部,リンク先の方のエントリからちょっとお借りしてます。
 そのうち補完したいと思います。フランス語は駄目だけど。

Within Temptation / Our Farewell
In my hands
A legacy of memories
I can hear you say my name
I can almost see your smile
Feel the warmth of your embrace
But there is nothing but silence now
Around the one I loved
Is this our farewell?

Sweet darling, you weep too much, my child
See the sadness in your eyes
You are not alone in life
Although you might think that you are

Never thought
This day would come so soon
We had no time to say goodbye
How can the world just carry on?
I feel so lost when you are not at my side
But there is nothing but silence now
Around the one I loved
Is this our farewell?

Sweet darling, you weep too much, my child
See the sadness in your eyes
You are not alone in life
Although you might think that you are

So sorry your world is tumbling down
I'll watch you through these nights
Rest your head and go to sleep
Because my child, this is not our farewell.
This is not our farewell.

Within Temptation / In Perfect Harmony
In a world so far away
At the end of a closing day
A little child was born and raised
Deep in the forest on a hidden place
Mother never saw his face

Ancient spirits of the forest
Made him king of elves and trees
He was the only human being
Who lived in harmony
In perfect harmony

Ancient spirits of the forest
Made him king of elves and trees
He was the only human being
Who lived in harmony
In perfect harmony
The woods protected, fulfilled his needs

Fruit by birds, honey by bees

He found shelter under the trees
He grew up in their company
They became his family

Ancient spirits of the forest
Made him king of elves and trees
He was the only human being
Who lived in harmony
In perfect harmony

Ancient spirits of the forest
Made him king of elves and trees
He was the only human being
Who lived in harmony
In perfect harmony

A thousand seasons
They passed him by
So many times, have said goodbye
And when the spirits called out his name
To join forever, forever to stay
A forest spirit he became


Within Temptation / Somewhere
Lost in the darkness, hoping for a sign
Instead there is only silence,
Can't you hear my screams?
Never stop hoping,
Need to know where you are
But one thing's for sure,
You're always in my heart

I'll find you somewhere
I'll keep on trying until my dying day
I just need to know whatever has happened,
The truth will free my soul

Lost in the darkness, try to find your way home
I want to embrace you and never let you go
Almost hope you're in heaven so no one can hurt your soul
Living in agony 'cause I just do not know
Where you are

I'll find you somewhere
I'll keep on trying until my dying day
I just need to know whatever's happened,
The truth will free my soul

Wherever you are, I won't stop searching
Whatever it takes me to go

I'll find you somewhere
I'll keep on trying until my dying day
I just need to know whatever's happened,
The truth will free my soul

暗闇に迷い、奇跡を望んでいる
ここには静寂しかないのに
あなたには私の叫びが聞こえないのだろうか
望みを捨てることはない
知らなければならない、あなたがいる所を
一つだけ確かなこともある
あなたはいつでも私の心の中にある

きっとあなたを見つける、どこかで
あきらめない、私が死ぬ日まで
私に必要なのはただ知ることだけ、何が起きたのだとしても
真実が私の魂を解放する

暗闇に迷い、あなたの帰り道を見つけようとしている
あなたを抱きしめたい、どこへも行かせない
あなたが天国にいれば誰もあなたの魂を傷つけられないのに、と願うほど
生きながら死の苦悶の中にあるのは、ただ知らないため
あなたがどこにいるのか

きっとあなたを見つける、どこかで
探し続ける、私が死ぬ日まで
私にはただ知ることだけが必要、何が起きたのだとしても
真実が私の魂を解放する

あなたがどこにいようとも、私は探すことをやめない
そのために何を奪われようとも、知らなければならない

きっとあなたを見つける、どこかで
探し続ける、私が死ぬ日まで
私にはただ知ることだけが必要、何が起きたのだとしても
真実が私の魂を解放する
(訳詞は工場日記:Somewhereより)

King Crimson / Epitaph
The wall on which the prophets wrote
Is cracking at the seams.
Upon the instruments of death
The sunlight brightly gleams.
When every man is torn apart
With nightmares and with dreams,
Will no one lay the laurel wreath
When silence drowns the screams.

Between the iron gates of fate,
The seeds of time were sown,
And watered by the deeds of those
Who know and who are known;
Knowledge is a deadly friend
If no one sets the rules.
The fate of all mankind I see
Is in the hands of fools.

Confusion will be my epitaph.
As I crawl a cracked and broken path
If we make it we can all sit back
and laugh.
But I fear tomorrow I'll be crying,
Yes I fear tomorrow I'll be crying.

予言者達の書き付けた壁は
割れ目から崩れ落ち
殺戮の道具の上に
日の光は燦然と輝く
あらゆる人が悪夢や夢想とともに
引き裂かれていく時
栄冠など何処にもありはしない
静寂が叫び声を呑み尽くしてしまう

破滅の定めの鉄門のもと
時の進行の種子は播かれ
聡明かつ著名な偉人らの行為が
水を与てきた
掟を決める者もいないならば
知識とは死を招く友人
全人類の破滅の定めは
愚者どもの掌の上にあるようだ

錯乱こそ私の墓碑銘となろう
ひび割れ荒廃した道を私は這い進む
なんとかなるというのなら腰を下ろし笑ってもいられよう
しかし 私は明日が怖い 私は叫び続けるだろう
そうだ 私は明日を怖れ 私は叫び続けるだろう
(訳詞はWhat A Wonderful World!:「エピタフ」キング・クリムゾンより)

Georges Moustaki / Il Y Avait Un Jardin
C'est une chanson pour les enfants qui naissent et qui vivent
Entre l'acier et le bitume, entre le bton et l'asphalte,
Et qui ne sauront peut-tre jamais
Que la terre tait un jardin.
Il y avait un jardin qu'on appelait la terre.
Il brillait au soleil comme un fruit dfendu.
Non, ce n'tait pas le paradis ou l'enfer
Ni rien de dj vu ou dj entendu.
Lalala, lalala, lalala
Il y avait un jardin, une maison des arbres,
Avec un lit de mousse pour y faire l'amour
Et un petit ruisseau roulant sans une vague
Venait le rafrachir et poursuivait son cours.
Lalala, lalala, lalala.
Il y avait un jardin grand comme une valle.
On pouvait s'y nourrir toutes les saisons,
Sur la terre brlante ou sur l'herbe gele
Et dcouvrir des fleurs qui n'avaient pas nom.
Lalala, lalala, lalala.
Il y avait un jardin qu'on appelait la terre.
Il tait assez grand pour des milliers d'enfants.
Il tait habit jadis par nos grands-pres
Qui le tenaient eux-mmes de leurs grands-parents.
Lalala, lalala, lalala.
O est-il ce jardin o nous aurions pu natre,
O nous aurions pu vivre insouciants et nus?
O est-il ce jardin toutes portes ouvertes,
Que je cherche encore mais que je ne trouve plus?
Lalala, lalala, lalala.

Georges Moustaki/Le Temps De Vivre
Nous prendrons le temps de vivre
D'être libres mon amour
Sans projets et sans habitudes
Nous pourrons rêver notre vie
R
Viens, je suis là, je n'attends que toi
Tout est possible, tout est permis
[. From: http://www.elyrics.net/read/g/georges-moustaki-lyrics/le-temps-de-vivre-lyrics.html .]
2
Vi
ens, écoute, les mots qui vibrent
Sur les murs du mois de mai
Ils te disent la certitude
Que tout peut changer un jour
3
Nous prendrons le temps de vivre
D'être libres mon amour...
トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/15057868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2011-03-17 17:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by complex_cat at 2011-03-17 22:38
鍵※様,ありがとう。リンク先修正しました。
Commented by koji at 2011-03-20 13:21 x
 しばらく混乱が続くけれど、本当の事ほど、公に出来ないのでその点よろしくたのむ。
Commented by complex_cat at 2011-03-20 13:34
kojiへ,大丈夫。
しばらく音楽とただの画モードでいきます。
今は現地で起きている人たちの物語が大切。
外野は見守るだけ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2011-03-15 23:18 | Incoherent Music Box | Trackback | Comments(4)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30