集合

集合_b0060239_22242729.jpg

このエントリの【モバイル版はこちら】
ワイフへのクリスマスプレゼントとしてビーズのアクセサリーなどで知られるGallary ek tawidoのMさんから,このようなものを頂いた。長男が,「すごいよ,コウチンがどっちから見てもこっちを見ているんだ』と感動していた。
 ありがとうございました。ワイフがずっとニコニコして,眺めてました。
集合_b0060239_22243116.jpg
カメフリークの末っ子に,Aさんから口永良部島のビーズ細工を頂いた。末っ子は嬉々としてランドセルに付けていた。
 「うーん,オリーブヒメウミガメみたいにも見えるなぁ。」と彼が同定してくれた。「え,ウミガメって4種類じゃないの?」と長男が言うので,「うん,お父さんもよく知らなかった,ヒメウミガメ属ってのがあってその仲間に2種もいた。今知った。」
 また,末っ子に教えてもらった。
集合_b0060239_22243411.jpg
これは頂き物ではないが……・テルマエ・ロマエⅣの限定版が届いた。古代ローマの魔除け,『ティンティナブラム』のダイキャスト製ストラップ付いていた。このチ◎コ犬,どこに付けたらいいのだろう?
 田の神さぁのフィギュアを貰ったようなものかな。いや,あちらの方は,男根崇拝と兼ねたデザインは,表の顔だけ見ていて,地元の人すら気がつかない。
 衝動的にAmazonでポチっとな,してしまったが,ワイフにもAさんにも「要らない?」って聞いたら却下されてしまった。「テルマエ・ロマエ」を知らなかったたら,ちょっとぶらぶらさせている意味が変わるグッズかも。「ヤマザキマリ」とタグが付いているのが,ご本人は想定外で,自分がデザインされたものではないので,古代ローマ文化へのリスペクトから,違和感を感じられている模様。
 シルバー925製のものもあって24〜28Kで売っている。さすがシルバーの方は,少し物欲感を刺激?される。
集合_b0060239_7502653.jpg
猫たちの首に下げるわけにもいかないので,車にでもブラ下げておこう。

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)

ヤマザキ マリ / エンターブレイン

スコア:


 Ⅳ巻は,映画の内容とも連動していそうな展開。今までの描き方では,タイムリープした主人公が,現代日本の世界においては,あくまで「通りすがりの温泉技師」であったので,私の大好きな田中光二氏のSF作品,ジョン・エナリーみたいに異世界を浮遊しデータを収集する感じが強かったのだが,意図せぬ大きな「相互干渉」を起こしそうな気配。
 まあ,連載が伸びたため,ストーリーとして避けて通れない状況になっている部分もある。映画を意識せざるをえない流れなのかどうなのか。
 

異星の人―エーリアン・メモ (1977年) (ハヤカワ文庫―JA)

田中 光二 / 早川書房

スコア:


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2011-12-27 08:01 | Kids and friends | Trackback | Comments(0)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29