チコのレクチャー

チコのレクチャー_b0060239_2252337.jpg
通りがかりの子供たち二人,チコを見つけて来訪,庭先にやってくる。
 猫とはコミュニケーションを取ったことがなかった模様。というか,イヌについてもそうみたいで1ブロック離れたところで,不用意にかまおうとしてそこのおじさんとおばさんが「だめだよ,怖がっているからそんな風にしたら噛まれるよ。」慌てていた。
チコのレクチャー_b0060239_2253525.jpg
その騒ぎを遠くにチコと聴いていたが,まさか二人が,こちらに廻ってくるとは思っていなかったので,不意を突かれた感じ。
で,よく見たら片方の子は,次男に何故か強力な興味を持って,一度,家まで上がりこんできたことがあった。
チコのレクチャー_b0060239_20521574.jpg

とりあえず,静かに話しかける。チコの好きに任せる。その2つを教えた。最初,手をぱちぱち打ち鳴らし,チコに向かってこっちこっちよとやっていたのだが,どうやら,それで彼らは勘を掴んでくれた。
 自宅に動物が居ない家も珍しくないのだが,ご近所の犬猫を触りに行くというのも今時はあまり聞かないような気がする。学ぶ機会がある子供のほうが特別かもしれない。
チコのレクチャー_b0060239_2261728.jpg
いまどきなので,詳しいことを聞いたりの会話はしない。後は,チコに任せる。子供たちはひとしきりチコと会話して,チコとスキンシップをして,満足気に引き上げて言った。チコにも意志があって,チコが自分の思い通りに動くのが,正解というわけではないということが,自然に伝わったといいと思うのだが。
チコのレクチャー_b0060239_205249100.jpg

 この状態で,ぼーっと猫を見て相手をしていられる子供も少なくて,そろそろあきてきたかなと見た頃合いを測って,彼らにチコを大切にしてくれたことにお礼を言って,こちらからチコを抱いて家に入った。
チコのレクチャー_b0060239_2265377.jpg
自分が,初めて子供を持った頃に比べると,周辺の子どもたちとの距離感のとり方に気を使っている。とは言っても,何がどうだということはないのだが,撮影,顔は撮らないことを伝え,撮ったのも見せて枚数最小限。同じブロックの気の知れたご家族だと,撮影して,親御さんに渡していたが,基本集落共同体が生きていて,相互に正体が分かりにくい大都市のようには,そういった相互プレッシャーはないと思っているけれど,周辺も人の入出があって時間も経ち,それも今は微妙かもしれない。
Commented by Lilywhites2011 at 2012-04-10 23:07
大変ご無沙汰しております。
動物、と言っても犬や猫に触れたことがないお子さんも今ではいるのかなぁとドキッとした次第です。 チコちゃん、接し方をしっかり教えてあげているようですね(笑)
Commented by complex_cat at 2012-04-11 15:28
Lilywhitesさん,こちらこそご無沙汰しております。
お変わりありませんか。物凄くお忙しいのだろうと思ったりしております。
子供は,最低限の話をした後,チコに任せておくとだいたい良い方向に行きますね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2012-04-08 19:46 | Cat Family | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30