チコ王の帰還

チコ王の帰還_b0060239_22151786.jpg
チコ,戻りました! できすぎです。でも,良い。何でも良いです。彼は戻りました。21:31。冷たい雨が降り続いていました。約28時間ぶり,チコの顔を見て,ワイフと倒れそうになりました。書かないつもりでしたが,いくつまで続くのか,「不明2」とブログを続けようとしていました。私より冷静なワイフが,今回に限り嫌な予感がしたようで,私が家に戻ると,彼女も泣きそうな顔をしていました(その後,私があまりにも悲壮な状態だったのでそういう顔になったとの事。さすが,私より強いわ)。
 正直,ジタンの事がありましたので,全く自信がありませんでしたが,みゃ♪さんとyusukeさんに言葉を頂き,彼の家族として「彼の帰りを待つ」と宣言して良かった。予告してあったやけくそのロードオブ・ザ・リングネタの題名も。めでたく,本当に使える事になりました。
 やはり人生,もっとも大切なものはやけくそですか,小鉄さん。
画像も,張り合わせのまともなものではありませんが,主人の顔もろくに見ず,次々と皿を空にしていくチコです。缶詰はお代わりですから,3人前消えました。あの,大食らいが,おそらくずっと食べていないのでしょうから。

チコの行方不明を知った友人からメールを貰いました。
雄猫は,野放しにしていたら,やがては出て行くものなのではという素朴な疑問が書いてありました。彼女は私がどんな時も冷静で感情より理論を重んじる,Mr.スポックのような男だと思っているので,構わないのですが。素朴な疑問でもまじめに答えを考えて書くと難しいです。家に帰ると,昨日からの疲れといろいろで仕事が手に着かないので,気を紛らわすために,その友人に当てて,回答になるかならぬか返事を書きました。彼がどのような状況に陥っているのかを考えながら。

・・・・・・・雄猫は,やがてどこかに行ってしまうようなことが,案外信じられているのですが,もちろん,交尾可能な雌を探して,テリトリーを拡大,シフトさ せていくことはあります。その過程では,採餌場所も確保しながらという事もあるでしょう,その結果,元の飼い主とは違う飼い主に面倒を見てもらう ようになったりする可能性もあります。一方で状況はいろいろですが,テリトリーを移動させ るときに,トラブル(ロード・キルやバトルによる怪我など)に巻き込まれることもあると思います。最終的な死亡要因は,自由生活をしている猫については,多くの場合トレースできません。しかしながら,チコは,去勢雄なので,繁殖可能雌が行動圏(home range)をシフトさせるだけの「利用資源」になることはありません。ここで,雌を雄の利用資源(resource)として見る考え方は,フェミニストから猛反撃を食らいそうですが,生物によっては逆転することもありますし,当然,雌側にとっても優秀な雄は次世代に自分の遺伝子を残すこと=適応度において重要な利用資源です。ただ,哺乳類の場合,社会性や生理的構造的性差の為に,雄側が雌を利用資源とした行動圏の拡大やシフトを行う傾向が雌よりも高い,若しくはそういう種が一般的であるという意味での話です。
 また,他の雄とのバトルによって,テリトリーの外にはじき出された場合,はじき出される方向が,飼い主の家と反対側であり,またその先で,他の雄のテリトリーにぶつかったり,再び別の雄からの排除行動を受けて,さらに外側にはじき出されると言うような事態が生じると,戻ってこれなくなる確率は高くなります。勿論,雄猫の密度と,スペーシング(行動圏の配置)によって,状況は異なりますが。
 また,自宅周辺の雄猫については全てテリトリーマッピングしているわけではありませんが,相当遠出をしない限り別の雄のテリトリーに入ることはなさそうなので (これは周辺の雌猫の分布状態や猫に餌をやる家などの情報も総合するとだいたい推測できます),チコが他の雄の排除行動を受けているかどうかについては,かなり疑問です。
というわけで,自宅周辺でチコがいなくなる場合,一般的な猫の社会システムが要因 となっているとは思えないというのが私の結論で,その結論通り,公陳丸は10年近く一緒にいるわけですし,心配している理由です。・・・・・・

ちょっといじりましたが,こんな文面です。

お騒がせで恥をかいても,今はどうでも良いです,彼が戻れば。しかし,チコがパニックになるものの首輪と,発信器の装着は,公陳丸も含めて急いだ方がよいかと,かつてお世話になったカナダにある野生動物用発信器メーカーのアドレスのメモを探す事にしました。幸い受信機は,オールチャンネルのものをツルとタヌキの調査に合わせて購入しています。ハイテクは,いざ深刻なトラブルともなれば屁の突っ張りにもならない事も知っていますが,とりあえず,彼らがどこまで足を伸ばしているのか明らかにしておこうと思ったのです。


チコ王の帰還_b0060239_22175739.jpg勘弁してくれ。お前のご主人は,気が弱くて心配性なんだ。こんなこと何度もされたら保たないよ。今日は夜間外出禁止。ゲートは閉めるから,猫トイレ使ってくれ。(と説教している先から公陳丸がガラっと猫ドアに通じる部屋の扉を開けて出て行く。彼は重い引き戸も器用に開けてしまいます)。あぁもう寝たのか。今日はじっくり触らせてくれるね。二缶食べたね。埃の匂いがする。古いバスに乗ったような。地毛までは濡れていないね。お前本当にどこにいたんだ。あぁ。Akiraが,さっきお前の写真を見て,チコ居ないといっていたので,さすがに気がついたみたいでまずいと思ったけど,お散歩って言っておいたぜ。後はお前から話せよ。
 お前が夜遊びに行くときの画像だけど,まるでタヌキかなんか,野生動物と変わらないぜ。ほんと。もうちょっと飼い猫の自覚を持って欲しいな。



一安心して余裕が出来たので撮影カメラについての追記ーA1はISO200より高感度側では,ノイズが酷いと判断して使用を避けているのですが,光量が十分にある場合は,何とか見られるような気もしてきました(昼間でも使いたくないけれど)。MFでピントを合わせましたが,山勘でよく合いました。距離はExifに入っておりませんが,17mぐらいだったでしょうか。普及型外付けストロボがGN34でISO400使用で,64。f3.4で・・・・おお,計算が合います。野生動物の車からの夜間観察時の撮影に,まぁ使えそうです。
 ちなみに8M機のA2もノイズの傾向は凄く似ていたような機がしたのですが,その普及型改良機であるA200は,高画素化に逆行するように画質が上がっているようで,高感度側のノイズ傾向もA1と同等どころかA1よりかなりマシになっているとの知人からの情報です。
Tracked from 〜魔女のココロ〜 at 2005-01-27 22:46
タイトル : 嬉しいニュース
COMPLEX CATさんのブログで、嬉しい記事を読みました。 良かったです。本当に。 安心しました。 コタがリードなしで外へ行くだけでもドキドキなのに、 28時間も行方不明だったら・・・。 想像しただけで泣けます。 (早泣き大会で優勝できます、きっと) 『よかったね』 コタもなるべく一緒にいようね。... more
Commented by みゃ♪ at 2005-01-27 22:35 x
よかった~~~!よかったです!
先ほど、ブログを見たときはまだ戻ってなかったようなので、ちょっとドキドキしてました。
何だか、しみじみとウチの子を抱きしめたりしてました(嫌がりましたが)

でも、嬉しい記事とコメントでよかったです。
本当に良かった。これしか、言葉が見つかりません
うえええええん、良かったです~。
Commented by complex_cat at 2005-01-27 22:46
みゃ♪さん,有り難うございます。何度も覗きに来て頂いたのですね。私が逆の立場だったら怖くてしばらくというか絶対見に行けません。それぐらい小心者です。
 駄猫の居る居ないでこの男は何を騒いでいるのかと,思う方も多いかと思います。2年一緒に暮らして,去勢雄が丸一日戻らないとなると,やはり異常事態だと感じました。そうでなければ数ヶ月〜1年周期で家々を巡っている雄の個体の事も知っておりますので不安ではありません。勿論いずれにせよ自由生活をさせている雄猫はトラブルには合いやすいかと思います。ちょっと今回のような事があるとと重うと,とりあえず,出来る事をと考えております。
Commented by oratie at 2005-01-27 23:09
complex_catさん、おめでとうございます。
チコ殿、お疲れ様でした。             
          親方。2号。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-01-27 23:25
ああ…よかった。
Commented by complex_cat at 2005-01-27 23:40
oratieさん,kyokoさん,見守っていてくださったのですね。
有り難う。小心者の私,身が保ちませんで,このブログ,軸足が猫というかチコにあまりに傾いて行ってしまうので,ちょっと対策を考えねばと思っております。
 感情まき散らしながら,ぎりぎりの矜持として,他では読めない?進化生態学的・動物行動学的アーティクルは死守しておりますので,Nature photo的ブログとして危うい構成になるところも,どうかご容赦下さい。
Commented by yusuke at 2005-01-27 23:56 x
本当に良かった。
自分の猫でもないのにブルーな一日を過ごしてしまいました。笑
たっぷり可愛がってあげて下さいね。
Commented by complex_cat at 2005-01-28 00:21
ありがとう。そこまでシンパシーを感じて頂いて,申し訳ないぐらいです。
なんとかしなきゃぁと思っております。一年に一回程度でも身が持ちませんし,もう,お騒がせすることは,ご近所であれ,ブログであれできないと思いました。お袋には,あなた,もう放し飼いは限界じゃないのと言われるし。あの子(チコ)がそんな事出来るわけないでしょって言うのも,なんとなく責任放棄みたいで情けないと思うし。
Commented by cyatoran at 2005-01-28 08:29 x
はじめまして。
チコちゃん帰ってきてよかったですね。本当にこんなかわいい猫が行方不明なんて・・・・お気持ちお察しいたします。
お散歩自由の飼い方は、飼い主の方の心労が耐えませんよね。
私の実家も今の飼い猫の前まではお散歩自由でした。それが当たり前だと思っていたので。でも、帰ってこない子もやっぱりいて、そんな時は、どこかで幸せに暮していると思うことにしていました。(現に他にも飼い主を自分で見つけてくる猫もいました。心配していてやっと帰ってきたと思うと新しい首輪をしていたりして、その子は最後まで2件の飼い主を楽しませてくれました)
お散歩自由の幸せを知っている猫ちゃんを閉じ込めてしまうのが幸せかとも・・・・。本当に猫を飼うって奥が深いですよね。(人それぞれの考え方もあるし)
とにかく、帰ってきてくれてよかった~。
Commented by complex_cat at 2005-01-28 08:56
cyatoranさん,お話伺うと猫とのお暮らしは相当なベテランの方のようで,同じ悩みを理解・共有頂きとてもうれしいです。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 私の場合,アッシュ失踪時は他の人に飼われている夢を見ました。彼は,夢の中で帰れないといいました。実際にそうならいいかと思っています。
 妙な事件が多いので,身の周りで「変異」が起きると,家族全体の事も心配になるというのが正直なところです。昨晩は48時間ぶりにチコの重さを感じながら眠りました。さっきまで鳴いていましたが,息子の登校に合わせて玄関から一緒に出て行きました。落ち着くまでしばらく時間が掛かりそうです。
 正確なデータは持っていませんが,去勢雄の行動圏シフト(飼い主を変える事も含めて)は,様々な要因に左右されますが,そんなに頻繁ではないと思ってます。有名な猫の島,陽水の「能古の島の片思い」で有名な漁村の猫個体群(勿論避妊手術無し)の定常的な行動圏の長径は,たった100mというデータが出ております。思った以上に狭いということが分かっています。
Commented by nekoromochi at 2005-01-28 15:32
ウニャっ≦◎δ◎≧З
しばらく「不定期お休み」とあったので久しぶりに来てみれば、たいへんな事態になっていたのですねっ!
それにしても、チコちゃんが無事に帰ってきてよかったですね。
complex_catさんファミリーも一安心されたことでしょうっ!!

うちは昨年の初夏に“クロチビ”(♂)が行方不明になったままです。また歴代の“チビ”やお世話をしている“公園・お寺ニャン”においても行方不明になったままのニャンが多いので心労は絶えません……≦ ̄□ ̄;≧З

まっ、とにかく今はチコちゃんの帰還が喜ばしいですっ♪
(チコちゃんはニャんとも思ってないのかもねっ……)
Commented by complex_cat at 2005-01-28 17:36
nekoromochiさん,すいません,予定が変わって休日営業になりました(笑)。でも来週火曜から一週間,奄美行きになりました。
 カメラ誌に,謎の猫狩りの男の話などが載っていて,わけの分からない酷い事をする人間も多いようで,猫の行方不明は本当に堪えますね。
チコは,何とも思っていないとは思いますが,どこかに閉じこめられるなど,本人が予測していなかったトラブルに巻き込まれた可能性が高い思います。昨晩は珍しく抱っこされましたし,私の脛に抱きついて寝ていました。だからまぁ許せますけど。かつて私たちが気づく前に,公陳丸が怜悧な感覚でジタンの死に反応していたのですが,今回,彼は落ち着いていたのでひょっとしたら大丈夫かもしれないと自分に言い聞かせたりしておりました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2005-01-27 22:21 | Cat Family | Trackback(1) | Comments(11)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30