活動期〜動と静

活動期〜動と静_b0060239_23105987.jpg
相変わらず,こちら南九州でも気温の変化は激しいが,春を迎えたところで,完全屋内仕様のナッチの動きも,すこしずつ変化。あちこちよく移動するようになった。
 彼女が見つめる目線の先に何があるか。虫か何かだったか。そういえば,昨日,電撃の虫取りで,天井に張り付いていたシナハマダラカを焼き殺した。
Canon EOS Kiss X, SIGMA ZOOM 18-200 1:3.5-6.3 DC



活動期〜動と静_b0060239_23124286.jpg
手元に,秒10コマの機材が来てから,彼女のジャンプを狙うようになった。タイムラグの少ない高額機材は手元にないのだが,そもそもISO3200でそこそこ使えるデジイチを持っていなかったので,NEX-6でシャッター速度優先で連射,が一番ヒット率が高くなってしまった。ただ,NEX-6は起動タイムラグがそこそこあるので,彼女が跳ぼうという素振りを見せた時には間に合わない。
Sony α NEX-6, α E16-50 OSS
活動期〜動と静_b0060239_8552535.jpg

ナッチの場合,メス猫としては,かなり体躯がでかいが,身の軽さは我家で一番。
 それでも室内で,ストロボなしでこの程度の画が連射できるのはなかなか気持ちがいい。ただ,ISO3200でシャッター速度1/250以上を稼ぐと,照明下,少しアンダーで写るので,レタッチで若干落ち上げる。完全に動きを止めるには,まだシャッター速度が足らないので,全速同調型のストロボを使うしかなくなるのだが,このくらいブレている方が,動きを捉える画としては面白いと思っている。
Sony α NEX-6, α E16-50 OSS
活動期〜動と静_b0060239_8552876.jpg
まだ,いきなり冷える日があるので,恥ずかしながら炬燵は出しっぱなし。もっとも,「組合」からの圧力があるので,簡単には撤去できない。
Sony α NEX-6, α E16-50 OSS
活動期〜動と静_b0060239_23171782.jpg
チコの場合,さすがに年令を重ねて,天まで昇ってしまうのではないかというダイナミクスはさすがにちょっと感じなくなったが,身体能力はほとんど変わっていない。
Sony α NEX-6, α E16-50 OSS
活動期〜動と静_b0060239_2313515.jpg
暖かくなったので,ネズミの活動と合わせて,夜,補給した後明け方まで帰ってこないみたいな状況はある。彼の場合,この時期は午前中は,よく爆睡している。
Sony α NEX-6, Original Voigtländer Nokton 1.5/50
活動期〜動と静_b0060239_23113116.jpg
レンポウは,余り過激なことはしないで,チコの姿を見るとゆっくり退散するので,チコも余り追わなくなった。そのせいで,結構気楽に遊びに来る頻度が増えた。
 猫ドアのグレーのアクリル板の内側から撮影。
Canon EOS Kiss X, SIGMA ZOOM 18-200 1:3.5-6.3 DC
活動期〜動と静_b0060239_928242.jpg
このままレンポウがチコ帝国により平和に統治されているといいのだけれど,レンポウの圧力が亡くなった所で,次の新たな勢力が,台頭してこないか少しだけ心配ではある。
 猫頭王の晩年をどのくらい上手くフォローできるかどうかわからないが,どこかで王宮内暮らしのみの決断をしなければならなくなるかもしれない。お隣のお宅は,クマネズミの個体群がリバウンドすると,それも困るだろうけど。
Canon EOS Kiss X, SIGMA ZOOM 18-200 1:3.5-6.3 DC
活動期〜動と静_b0060239_14164543.jpg
ミシンなどが収納してある金属ラックの一画が,今回の嵐をやり過ごすのに使っていた。私に添い寝してくれるのは,多分彼に余裕のあるときなのかもしれないと,漫然と思うが,単なる猫の居場所のシフトかもしれない。習慣性を時々外して,利用場所を完全固定しないのは,チコのようなファームランド・キャットを見ていると,むしろ,自然な気がしてくる。
活動期〜動と静_b0060239_1612085.jpg
 チコのダイブをピシっと止める撮影がなかなかできていない。シャッター速度優先にするか,絞り優先の場合は,シーンモードはとか考えていると,まあ,間に合わない。
Sony α NEX-6, α E16-50 OSS
 ISO固定にしておかないとどれも中途半端なシャッター速度になるが,これは,室内と屋外で露光オーバーなどかなり幅を気にしないといけなくなるので,むしろ,機能が低いカメラのほうが,一種の割り切りから使い方が固定していて(ISO1600にしたまま,ほとんどが購買率ズームで絞り開放),迷いがない分だけ失敗がなかった。
 せっかくボディサイズが極小化出来たのに,そこそこ接写のできる小型の購買率ズームがラインナップにないとか思うのは,コンデジの便利さを一方で感じているからだと思う。
 理想としてはISO6400までAutoで可変できて,画質クオリティが一定以上,という性能なら,安価なズームレンズを使っていても,夕方であろうと室内であろうと,動き回っている猫についてもアベイラブルでシャッター速度優先で完全に問題がなくなるのではと思ったり。
 さすがに,そのスペックだとかなりランクの高いデジイチのモジュールが必要になる。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2013-04-07 16:23 | Cat Family | Trackback | Comments(0)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29