猫雑誌

猫雑誌_b0060239_211378.jpg
猫雑誌,現在数多く出てますが,最近は少々マンネリです。この雑誌ではなかったかと思いますが,お一方,猫の行動学で光る分析を書かれる方が居られましたが,ちょっとばかし学問的な部分が強くなっても読者が着いてこないでしょうし,いろいろ難しそうです。毎回,猫関連だけで持たせるのも大変だと思いますが,でも,この雑誌は,置いている店が多いということもあって,とりあえず店買いで結果的に購読が続いております。
 毎日,猫三昧なのに更に猫雑誌を買うと云うのも,何となくですが,私もワイフもそれでよいのです。岩合さんの画は,野生動物を撮ってこられた方の切りとり方であるとかないとか,まぁどうでも良いことを夫婦で話して楽しんでおります。
 しかし本を読もうと思うと,なぜ,お前は邪魔をするのか,チコ。自分の方が尻尾も含めて,格好良いとでも言うのか。あぁ,私もそう思うよ。でも,ちょっとよく似た子だね。吻はこの子の方がコンパクトにまとまっていて全体的に毛並みに赤色が少し強いように見えるけれど。手足はお前の方が白い部分が多くて,私は好きだな。
 輪の入った立派な尻尾は,お前達の祖先型(リビアヤマネコ)の典型的な特徴だったような気がする。ちょっと自慢して良いかも知れないな。

そうだ,毛皮で思いついたけれど,チコ,お前達のようなよく言えば多様な,悪く云えばデタラメな体毛の紋様は,犬やハムスターなどと同じように人間とのつき合い故だろうな。人間の側にいる限り,あるパターンの紋様だけが進化的な淘汰圧で有利になると云うことが無かったのだろうねぇ。それどころか,自然界では不利な白色や,気候と関係のない長毛,砂漠の穴居生活者でもないのに無毛など,持っていた遺伝型のバリエーションを謳歌しつくした感がある。外部形態で云えば,ダックスフンドみたいに足の短い品種も居たな。例え,いくつかのバリエーションを固定化して沢山の品種を作り出していても,今,生きているお前達の毛並みの多様性を見ると,ほとんどの人間が,お前達を選り好みせず,愛してきた結果ではないだろうか。
 まぁ魔女裁判の頃大量の黒猫が殺されたと云うことなどもあったけれど,黒色を発現する遺伝型を消滅させるのは,厳密な交配と組み合わせての虐殺を行わない限り,ランダムに黒猫を殺しても無理なのは当時の人は分からなかったのだろうね。結果,これだけパターンの多いお前達の毛並みは,人間に喜びを与えてくれるお前達の価値を更に高めているのだと私は思うよ。

 ご先祖のリビアヤマネコ達が持つことが出来なかった,お前達はその多様な毛並みを誇って良いし,それを人間は愛しく感じてきたのだと思う。なぜならそれは,私たち人間とお前達の深く長いつき合いの証だから。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-02-21 21:28
あえなく休刊(廃刊?)になってしまいましたが、一時Catia という雑誌を好んで買っていました。読者からの投稿写真のページが他の猫雑誌に比べで少なかったのと、季刊誌だったのが敗因だったのかな…。今は決まって買っている猫雑誌はないですね。ねこ新聞はとってますけど。
Commented by complex_cat at 2005-02-21 21:31
Catia!買ってましたよ。ウチにもあります。最近見ないと思ったら,やっぱり休刊でしたか。確か,そこの雑誌に猫相談か何か書かれていた方だと思うのですが,行動学の基礎をご存じの上で書いておられるなぁと思った次第です。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-02-21 22:31
他の「猫ちゃん」雑誌と違ってて、面白いと思っていたんですけどねー…。
Commented by complex_cat at 2005-02-21 23:09
「猫びより」は,フジ子ヘミングとかウィスキー・キャットとか,スタートダッシュの頃の編集が上手かったですね。あれで他誌に対して一気に差を付けたような気がします。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-02-21 23:37
フジ子へミングの記事もウィスキーキャットの記事も記憶にあります。
(^^)なんだか、猫雑誌って、投稿写真が女子高校生のプリクラノート状態になっているのが多くて、このごろ全く買わなくなってしまいました。そして、犬雑誌に比べて、廃刊率も高いような。
Commented by complex_cat at 2005-02-21 23:46
>投稿写真が女子高校生のプリクラノート状態になっているのが多くて

 読者サービス戦略が,誌面の雰囲気をある意味下げているような気がします。NEKOだっかかはそんな感じのページが多すぎて買わなくなりました。それ以前から刊行されていた古いタイプの猫雑誌との違いが無くなってきてしまいました。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-02-22 14:39
http://www.benesse.co.jp/pets/cat/index.html
新しい猫雑誌がでるそうです。「猫のきもち」
書店売りはしないそうですけど。どうします?
ちなみに、猫新聞というのはこういうものです。
http://www.nekoshinbun.com/
けっこう好きです。
Commented by ≦ ̄δ ̄≧З at 2005-02-22 15:31 x
フニャラァーっ≦ ̄δ ̄≧З
ぢつは拙者、「猫雑誌」って一度も買ったことがありません。
書店で立ち読みもほとんどしたことがありません。
「ほとんど」でない部分は、写真家の武田花さんの写真が載っているのを何度か立ち読みで見たからなのですが……≦ ̄δ ̄≧З

それに関連グッズもまったく買わないので、来客たちはみな驚きますっ≦ ̄□ ̄;≧З
Commented by kyoko_fiddler at 2005-02-22 19:08
猫を飼う人は、猫に洋服を着せたりいろいろ猫本体(?)に手をかけて愉しむことがあまりできないから、猫グッズの収集をする人が多いとかいうのが通説みたいですけど、わたしも猫グッズって殆ど買わないですねー。特にかーが来てからは買わなくなりました。
でも、雑誌を一度も買った事ないというのも、すごいですね(^^)
Commented by complex_cat at 2005-02-22 21:15
武田花さん,いいですね。私も彼女の猫写真と彼女の愛用のシャハト,そしてM2には憧れたものです。
 我が家は,夫婦と公陳丸の時だけは猫グッズを見ては買ってましたが,文字通り子供中心の生活になってからは,全く考えなくなりました。猫雑誌は,そういった意味で,唯一の息抜き雑誌なのかも知れません。
本日,福岡に用事があって,ついでに紀伊国屋に行って猫関連本をあさりました。H先生,離婚時の慰謝料稼ぐため,またこんな本書いてるとかありましたが,これは買おうというのはありませんでした。比較的質の高い訳本もそろそろ内容が古くなっていますね。「猫のきもち」,多分ワイフが1,2冊は買ってみると思います。でも,猫新聞の方が気になりました。コンテンツしか見ておりませんが,なかなかですね。
Commented by nekoromochi at 2005-02-22 22:36
ウニャァーっ≦⌒▽⌒≧З
武田花さんの一連の写真、縦構図が絶妙なんですよ。
今日は「ネコの日」にちなんでというわけではありませんが、
かなり縦構図のモノクローム写真を撮りましたよっ≦⌒ω⌒≧З

雑誌、グッズを買わないのは、ここ十年以上も2~30のニャンたちに奔走されてるからかもっ≦ ̄□ ̄;≧??
Commented by kyoko_fiddler at 2005-02-22 23:02
猫新聞、気になりますでしょ。
C_Cさんなら、気になるだろうと思っていました。やっぱりね(^^)
中身はサイトからはあまりのぞけませんし、リンクはなんだかけっこうリンク切れを起こしておりますね。
Commented by complex_cat at 2005-02-22 23:08
nekoromochiさんのモノクロ画も,武田さんのとは,また全然違うのですが,良いですね〜。
猫新聞,なんか云いようが不思議だ猫新聞。ありそうでなかった猫新聞(笑)。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2005-02-21 21:02 | Cat Family | Trackback | Comments(13)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30