暖かい日


暖かい日_b0060239_1245916.jpg穏やかな暖かい日で,何となくウチの二匹も穏やかです。深窓のおぼっちゃま君?のように,外に出たこともないよという顔をして,チコが窓から外を見ています。余り外に出なくなり,遠出もしなくなりました。可愛い子には何とかだったかも知れません。しかし,その分,公陳丸に絡む時間が増えており,コウチンは悲鳴を上げて逃げ回ったりしております。若い猫はともかく,しつこいです。

暖かい日_b0060239_12465231.jpg反対から見ると,「オペラ座の怪人??」。鼻面がどこにあるか分かりますか?

暖かい日_b0060239_1248549.jpg公陳丸も家の周りをうろうろしています。彼の毛皮は,沢山の太陽光線を吸収してくれるでしょう。家の中で私の顔を見ると,「外へ出せ」なんですが,外で会うと,「中に入れろ」,なのです。

暖かい日_b0060239_1415927.jpg
とかやっているうちに,公陳が引っ込み交代でチコが外に飛び出してきた。思いっきり,遊んでやりたいが,ちょっとだけ追いかけっこ。
 左前肢でベースをタッチ。「へへっ,ここまで来てみろ〜,くるか~」って言っているかどうか分かりませんが,シチュエーションとしてはそんな感じ。

暖かい日_b0060239_14133769.jpgごろんごろんと,人なつっこい野良猫みたいに回転レシーブ。暖かいねぇ。しかしおまえ,砂まみれになるよ。普段あまりお見せしない部分の毛並みも,お尻の穴と合わせて,失礼。



およそ良識のある方は,室内で猫を飼うことを進めます。私もその通りだと思います。隣近所のブロック全部に,うちの猫がやることに理解を求め,見守って貰うなんて,今時,普通は無理でしょう。ウチはやってますけど。人の畑を猫ばばにするわけですから,何度も頭も下げます。それでも良いよっていうご近所の寛容さに,涙を流したい気分で心からお礼を言います。
 怪我や病気に注意して室内で飼うことが絶対に善でその方が絶対に猫が幸せというのは,まぁよほど特殊な状況でないと否定できないとは思います。今時,ご近所にご迷惑をかけてトラブルにならないようにちゃんと考えられる方は,そうされるでしょう。実際放し飼いの方の飼い方は猫に無頓着で,全然猫自身を見ていない人も居られます。偏見ですが,「愛情を持った放任」とは縁遠い方が少なくないなと思っています。しかし,いや・・・これ以上は言いますまい。
 というわけで,大げさになってきましたけど,出来る間は,こうやっていられる時間とそうやって日々暮らしている彼らを愛していきます。
Commented by oratie at 2005-02-27 20:19
チコ殿、カン蹴りのオニみたいですね。
裏のお宅のベランダから様子をうかがっているお犬様が見えるのは私だけ?
Commented by complex_cat at 2005-02-27 20:40
おお, oratieさん,良く気がつかれましたねぇ。お隣のファル君です。いつも私たちが自由勝手に走り回っているのを見て,仲間に入りたくてハウハウ,キュンキュン鳴いてます。でも,我が家の庭では狭すぎるので,方向転換しただけで子供が飛びます。もちろん猫たちはどっか行ってしまいます。犬って損ですよね。
Commented by みかん at 2005-02-27 22:24 x
犬?どこに??⋯⋯あっ、いた。ホントだ、見てる見てる。ホントに犬って損してる部分、多いですね。
 チコさんの、お尻、いやん、可愛い。ころんころんしているのが、たまりませんね。前回の旅で、色々と苦労して、お家の有り難さがわかったのかしら。お疲れ、チコさん。
で、公陳丸にいさん、これまたお疲れさまでございます。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-02-27 22:30
チコ君のカメラ目線が可愛いですねー。
Commented by みゃ♪ at 2005-02-27 22:41 x
お尻、穴の周りは白いんですね。
(すみません、変なところに注目して^^;)
ゴロンゴロンチコたん、可愛いですね~。
汚れちゃうけれど、この仕草はたまらないですよね。
Commented by complex_cat at 2005-02-27 23:20
これも,何故やるのか,観察していると,実は結構不思議ですね。猫の遊びの作法なんでしょうけど。子猫が遊ぶときの誘いのポーズなのでしょうか。
Commented by complex_cat at 2005-03-01 08:05
ちなみにこのファル君,レトリバーでとても良い子です。引っ越して二日目,直ぐに私たちを覚えてくれて吠えなくなりました。普段,顔見て愛嬌を振りまいています。ある時ずっと吠え続けていてことがあって,不審に思って裏口から出てみると,そこには3軒隣のおばあさんが倒れていました。声も弱々しく,私の耳には全く聞こえませんでした。救急車を呼んで事なきを得ましたが,真夏の暑い日,午前中でしたがファル君が吠えなかったら危なかったところです。というわけで彼がしょっちゅうむやみに吠えるワンちゃんなら,私も異変に気づかなかったという話です。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2005-02-27 12:49 | Cat Family | Trackback | Comments(7)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30