不定期「猫・チャリ・カメラ」通信

不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_20563930.jpg
 明日から、通勤に使うローテに入れるつもりの古いフルサスMTB。GT Timveline、おそらく2002年仕様。GTの誇るiDrive のVer.2.0が付いている。確かに上り坂の立ち漕ぎでも、フルサスMTBなのにすごく楽。
 一年越しの、GTの中古フルサスフレームは大したものじゃないので、これもママチャリ代わりだが、路面状況、気を使わずに走れる。

作業終了したところで、現場監督が口を開いて要求した。
「ブラッシング!」
不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_14544642.jpg
 一旦はほぼ完成に近いところまでいったのだが、ホイールなど他のマシンを作るための部品取りで、解体してしまった。最初は700Cでルイガノの DW-2みたいなのを作ったのだが、中古部品の酷いのを使いすぎて、クランク軸が破壊、BBから異音がでて、フロントディレーラーとクランクに使えるものが無くなった。長い時間をかける羽目になり、ようやくマッチングできるBBとクランクとディレーラーを安く手に入れた。

不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_14543712.jpg
 割と現在でも現役で乗っている方が居るようなのだが、何よりもフロントディレーラーの型番が分からず、資料がなくて苦労した。一番の問題は、時間がかけられない状況にあったことだけど。凝ったサスペンションフレームの隙間で可動できるディレーラーについては、適当なものがなかなか見つけられずに、ようやく完成させた。一般的なMTB用のトップスイングタイプ、ハイクランプタイプ、BBの同軸につけるE Typeまで試した。E Typeでなんとかなりそうだったが、クランクを少し大きなものにして、街乗りでのスピード強化を考えたりしたので、結果的にかなり大回りをしてしまった。それで、今の使いたかったクランクに合わせるために押しこむのに、角をグラインダーで落としたから、これも、余裕のあるときに、再度適当なものに交換しないといけない。
 BBは最初に交換したオクタリンクのカップがプラスティックで、異音が消えず、手に入れたホローテックBBが使いたかったが、適当なクランクが手に入らず、最終的にコンベンショナルな■なものに変えて今は異音はしない。

 現在、中国製の自転車がEUから閉めだされ、質の悪いものは、実質的に跳ねるシステムがない日本に流れ込んできているという話を聞いた。確認できる業界ニュースソースそのものは見つけていないが、"ドイツやEUは、販売する自転車のペダルに150キロのおもりを5分間ぶらさげるなど、相当な付加をかけた耐久検査の義務があるが、日本での販売には、国が策定する安全基準がないのだ。"ってこの部分かなと思う。「中国製品を閉め出した」というよりは、元からのまともな基準によってEUだと入れられない自転車がザル状態の日本に回ってきているという話らしい。勿論日本にだって明確な生産自転車の安全基準があるが、それに適合していないものがそのまま売らているというだけの話。自転車はちゃんとした自転車屋さんで、っていうのも、中古パーツ組み立てをやっている自分みたいな人間が云うのは、なんか微妙ではあるが、それでもプロにみてもらったり意見はもらっている。あくまで、相手に余計なタダ働きをさせない範囲でだが。
 ブランドのそれなりの値段がしたパーツも、経年による劣化問題含めて自己責任で、ということには変わりないが、新品で買って壊れ難いママチャリのつもりで、いきなりポッキリなんてのは、やっぱりトラップになりそう。交差点進入時とか坂道の途中とかなら、大怪我か、あるいは死んだりするよ。
 このチャリも、過信は禁物かなと思って乗ろうと思っている。





不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_14555686.jpg
 調整が終わったら、チコが出てきたのでブラッシングをした。ここで彼は寛いだ。
不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_14550283.jpg
 K2 Enemyシクロクロスは、シフトケーブルのアジャスターをAmazonで注文したが、物品がさっぱり届かず、最終的に懇意にしていただいているロードやさんから購入した。そちらの方がずっと安いのを知って、少し残念だった。ついでに、フロントローギア側でチェーンが美妙なタイミングで落下する状況を調整する時間が取れないと判断して、チェーンキャッチャーを購入・装着。正攻法ではないが、一応セットしても微妙なタイミングで落ちてしまうチェーンに手を焼く暇もないので、こういうもので対応したほうが早いと思った。
不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_14550549.jpg
 Cropsの簡易なサイクルコンピュータ、時間、走行時間、速度計と距離計表示のものは、有線だが安くて一個も壊れていないので、ホームセンターで売っていた時に買い増ししたのだが、モデル名が使ってきた'F1008'ではなく'F1006'だったことに気がつかず。このパターンでスペックダウン版があるとは。積算距離メーターはあっても、別に100m単位まで測れる距離計機能がなかった。代わりにカロリー消費計算が付いていた。これは、自分には使えないので、交換することにした。以前の大陸製のWireless製品は、なかなか高機能でよかったのだが、走行時いちいちスイッチを入れないと反応しないとか、マウント部分があっさり壊れるなど、いろいろ不具合があって使用を諦めた。安物買いのなんとか。
 でもCropsのF1008は本当によく出来ている。おすすめ
不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_15204562.jpg
 3,000円未満で進められたのが、TOPEAK®のPanoram V10x。私にとって必要な機能は全て入っていて、液晶の視認性が素晴らしい。Wireless、iPhoneと連動とかの主要製品ではないが、よく出来ていた。これ、既に現行製品ではないもよう。メーカーもiPhoneと通信により連携とか付加価値を着けて値段高めのものを売りたいだろうから、こういうのは、既に有名メーカーは作らなくなってるかも。


不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_15064458.jpg
 監督中のチコ。Nikon Coolpix AW130の画。ちなみに測地地点はExifに書き込ませてあるので、アップするときは、衛星データのみ外す機能がある画像編集ソフトが便利。GraphicConverterはそういう意味でもOSXでは鉄板。
不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_15061286.jpg
 同じくiPhone 6s Plusの画。色味や描写の違いは好みだと思う。Phone 6s Plusを基本ツールであるカメラとして使うことはしないが、それでも、手許にカメラがないときに、使うスマートフォンとして、及第点。実際これで写真を初めて体験し、そのままカメラとして使うのが、若い世代の大半と言っていい状況なのかもしれないと思うと、性能はどんなに良くてもいいし、入門機になるかならないかなどという硬直した立ち位置にいてもしょうがないなと思える時代になった。ただ、iPhoneは、画質いいねーッと言わせるような微妙な設定になっていて、Exifを見るとAW130も自動設定モードなのだが、Tvが1/400sec.、F4.3、ISO 125に対して、Phone 6s Plusは1/561sec.、F2.2、ISO 25となっている。ISO 25などという、フィルム時代でもコダクロームか?!って云うぐらいの低感度に振って画質を確保、それで被写界深度の深さを生かして、改良点となった0.2明るい開放f値にして、画質を担保する設定になっている。AW130も昼間の屋外のこの明るさに対して、最も低感度になっていて、狙っているところは同じだ。
不定期「猫・チャリ・カメラ」通信_b0060239_20472202.jpg
 AW130も写真のことがよくわかっている人が使わない場合、マニュアルや両優先機モードを駆使して使うことを覚えるなんて部分は全く無いので、本来の入門カメラとして使ってもこれでスマホカメラを使って得られる以上の知識を得るのは難しいだろう。コンデジもスマホを意識せざるを得ない故、寧ろGPSマップ表示機能が着いた30m耐水圧防水機能を持ったスマホデジカメよりもちゃんとした取り回しができるカメラとして割りきって使うデジカメなのかもしれない。

 AW130使用において気になることは、目下のところ、絞り優先AEが無いだけ、気をつけてないとノーマルモードだと場合によっては被写体ブレ量産が生じやすい部分かなと思っている。シーン別のモードは多少考慮されるが、基本、ただのPモードのみカメラ。
 その環境下で、ノイズが出ないISO感度ぎりぎりで最も早いシャッター速度を切ろうと思うなら、モードはシャッター速度優先AEではなく、開放f値に固定して撮影できる絞り優先AEがあると便利だ。動くものに対しては実はTモードを使わなかったりってことは結構ある。シーンのスポーツモードは、ISOやシャッター速度の限界などもう少し、考えた設定にはなっているはずだが、どの位のシャッター速度で切れるのかわかれば、私の場合、Aモードの方が本来は使いやすい。シーンモードは、もともとの原器はMINOLTAαフィルム一眼レフ時代の、「各シーン別のプロの設定をプログラミングした」と喧伝された、「インテリジェンスカード」この概念のモードがカメラに内蔵されて久しく、それなりに経年の進化はあるから、そんなに馬鹿にしたものじゃないとは思う。これについては、まともな資料サイトがないけれど、ちょっとこの方が触れておられる(「花鳥虫風月:MINOLTA インテリジェンスカード(FANTASY)

 Av&Tvの優先AEについては、どっちが便利かとか、どういう時に使うべきかとか、マニュアル露光使いこなせてれば要らないねとか、フィルム時代両優先AE一眼レフが出た時から論議が出尽くしているが、要はAv、Tvどちらを優先しても、補完的なモードの優先的に使うことができるという話かと思う。両優先機でも、最初のTv設定がフィードバックによりシフトされるような機構を持ったモデル化、画像構成から被写体をカテゴライズして、ブレ低減優先にプログラムされたPモードを持たないかぎり、そういう使い方ができる絞り優先AEが便利。フィルムでISO固定が前提だと、開放では明るすぎてシャッター速度が追いつかない場合が生じるけど、デジカメの場合、ISOをシフトさせられるので、ますます都合が良い。まあ、一定の範囲内なら、デジカメの場合、絞りが追いつかなくなったらautoの可変ISOモードによりシフトしてもらえるから、シャッター速度優先でも、余り困ったりしないのも確かだ。

crops(クロップス) サイクルコンピューター F1008 レッド

crops(クロップス)

undefined




Commented by arak_okano at 2015-12-23 15:35
ニャンとも凄い知識だにゃ、凄い技術だにゃ、
バグースだにゃ、チコ監督、しっかり頑張ってにゃ!
アラックおじさんは、安い自転車を買うだけんだにゃ。
Commented by complex_cat at 2015-12-24 00:27
アラックさん、
なんてうんちくを垂れも聞いてくれないので、チコに話していますが、彼は退屈そうに聞いています。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2015-12-20 15:08 | My Tools | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29