磯での噴火

磯での噴火_b0060239_22234060.jpg
磯に住む、姉的存在の人のところまでチャリンコの試走がてら。穏やかな内湾でウインドサーフィンの調整をやっている人がぽつんといるだけ。夏の特定の期間以外はほとんどプライベートビーチ。余り大声ではいえないが、夜、この海岸から、ろくな水着も着けず泳いでいって戻ってきたことがある。












磯での噴火_b0060239_22234795.jpg

 と思っていたら、噴火一発。ニュースにならない十分な爆発。今年84回目ぐらい。通常の爆発だと、やばい距離には、もう既に誰も住んでいないから騒ぎにもならない。ずっとおとなしかったのだが、ここ数年酷い。ちょっと間が有ったのだが、また復活している。
 
磯での噴火_b0060239_22235514.jpg
 波の動きをずっと追って、何枚も写真を撮った。
磯での噴火_b0060239_22245375.jpg
私が、精神的にきつかった時、この夫婦の所にずっと居候していた。相当前の話で、カヌーイスト&エッセイストの野田知佑氏に出会ったのもその頃。夫君の方が、「浜で拾った」といって家に連れてきた。野田さんの置いていったシーカヤックは現役。
 Leica M7は酸化銀電池だとすぐに電池切れで、どうしても露出計だけしか電気を使わないM6TTLの方の出番が多くなる。
磯での噴火_b0060239_22250090.jpg
 油断していたら、先ほど吹き上げた噴煙からの火山灰がこっちに流れて降下してきた。やばいやばいやばいやばいやばい。
磯での噴火_b0060239_22241960.jpg
 「行こう。ここもすぐに火山灰に沈む。」なんてことはないが、1㎡あたり3kgぐらい振ったりすることもある。その後、風で巻き上げられたりすると、Duneごっこができる。
磯での噴火_b0060239_22250905.jpg
 野田さんが住んでいた頃は賃貸が有ったが、彼が出たのを境に、全部分譲になったと聞くマンション。ここからの花火や朝日鑑賞は最高ではあるのは見て知っている。
 居候時代、旦那の方からこのマンションのシェアを持ちかけられて、シェアの相手を紹介された。金銭的に困っては居なかったが、とりあえず、断った。旦那は、感じていなかったと思うが、揉め事の匂いしかしなかった。
磯での噴火_b0060239_22254146.jpg
 M6TTL&Sumicronでの撮影の為に、先にNext6&コシナ製Voigtlander Ultron 28mm/f1.4で撮ってみたりした。135フィルムカメラ換算で40mmだから、ちょっとSumicron 50mm f2.0のシミュレーションとしては広角だけれど。


磯での噴火_b0060239_22263897.jpg
 最初組んだ時には軽くていいなと思ったが、リクエスト通りいろいろ足したら、思った以上に重くなった。私のK2 Enemyも軽量バイクじゃないけど、そちらの方がよほど効率がいい。ロードにしないともったいない車体なのかも。乗り慣れてないと、凹凸の酷い一般道路では流石にフレームの固さに体が消耗して、高速巡航はキツイだろうなと思うが、多分それで良いと思う。収まるならば、ビギナー向けには思い切ってタイヤサイズ、上げた方が親切なのかもしれないとちょっと思った。
磯での噴火_b0060239_22240960.jpg
 ここから更に10号線を北上すると有名な磯庭園(仙巌園)がある。そこから湾岸沿いは、道幅が狭く、チャリンコスペースは殆ど無い。歩道も極少。こちらは、一応、観光地で売っているが、風光明媚な方向に行こうとすると、全て自転車向きではない道路になってしまう。走り難いだけではなく、渋滞を作ってしまうし、自転車側にも相当なリスクがかかるっていうような道しかない。
 絶対自転車人口は極少だし、施政者も自転車の勝ちにコミットできる人は少ないから、そういうことになっていてもまったく不思議ではない。市中心部は、シェアサイクルシステムが置かれて思った以上に利用者が出ているが、県全体でチャリンコに配慮した戦略を取るには、特に県内地方自治体ではベースがないことも有って、うまくいかないだろう。やっぱり絶対予算が辺境の地方の財政では苦しいと考えるしか無いのかも。
 大きな都市に行くと、チャリンコのためのインフラ投資が進んでいて、二分化している印象はある。
磯での噴火_b0060239_22262789.jpg
 少し離れたところにある五代友厚像。似てる? いや、ディーン・藤岡じゃないのは知っているけど。

Commented by oratie at 2016-04-11 09:12
やっぱりttフレームだと相当硬い感じがするんですか?
28cのタイヤなんてブレーキに干渉しちゃうんですかね。下から二番めの写真カッコイイっす。
Commented by complex_cat at 2016-04-11 10:16
32cはスペースがキツイけど28cなら十分いけそうです。
短い往復で自分は慣れちゃって、結構いい感じで乗れてます。
譲渡先の青年が嫌になる前に慣れればと思いました。
Commented by jinsei_rarara at 2016-04-11 23:01
火山灰が飛んできても
うまくよけられますように!

五代様!!
え?え?え?どこどこどこ???
(に、似てなさすぎるぅ)

Commented by complex_cat at 2016-04-11 23:24
jinseiさん、大丈夫です。
蝶のように舞い、亀のように逃げます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2016-04-10 15:51 | My Shot Life | Trackback | Comments(4)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30