奄美野生生物見聞記4

奄美野生生物見聞記4_b0060239_21271262.jpg
今回見た,奄美の生物たち,その一部です。アマミヤマシギScolopax miraです。100mに一匹の割合で,9羽ほど見ました。
 こいつは沖縄県では,指定天然記念物に指定されていますが,鹿児島県ではRDB絶滅危惧II類の指定種。こうやって,ヌボーっと立っているところをノネコなどに教われまくっております。マングースは昼行性なのですが,こっちも脅威になっているようです。道路沿いの落ち葉が集積するところなどでは彼らは餌を漁りやすいのだと思いますが,いかにも無防備で,自称エコツアーの夜走りまくる四駆なども心配の種です。今のところ,それなりの数を見ることが出来るのですが,沖縄のヤンバルクイナ同様,保護に関して良い材料は少ないです。

奄美野生生物見聞記4_b0060239_21362025.jpg初めて,宇検村に宿を取りました。この村は,位置的に他の地域に通り抜ける通過車両が少ないので,ダンプやトラックが目立つ島の中では,比較的静かです。特に夜は,リュウキュウコノハズクやスミイロオヒキコウモリと目される,可聴域ぎりぎりで音を出す大型のコウモリの声だけが響いておりました。

奄美野生生物見聞記4_b0060239_2265440.jpg朝,港の岸壁から下を覗いたら,スズメダイ科とかベラの仲間だかなんだかやたら沢山居て,そこら中にテリトリーを張っておりました。すいません。魚は素人以下なので,後で名前調べます。

奄美野生生物見聞記4_b0060239_21501658.jpg
下のアーティクルで既に登場済みのアマミハナサキガエル。どこにいるか分かります? こいつも鹿児島県レッドデータブック絶滅危惧Ⅱ類、指定種ですが,天然記念物に指定されないと,法的に弱いと云うこともあって,一般の関心はそんなに高くないようです。文化財保護法が,生物やそれが生息する生態系保護において,非常に大きな欠陥を抱える法律であるにもかかわらず,依然として,「天然記念物」というブランドの方が,保護のためには効果的であるというのは,ちょっと皮肉に思えます。
Commented by nezumineko at 2005-04-22 23:55 x
真剣に探しました。
画像を拡大して、やっと見つけました。
じつはちょっと前に鳥羽水族館に行きましたが、見つからない生き物けっこういました。鳴き声が猫そっくりのネコガエルも見つけることができませんでしたよ。
Commented by complex_cat at 2005-04-23 00:37
どうも,真剣に探して頂いてとても嬉しいですね。これフィールドで見つけるのは,もっと至難の業です。
ネコガエルですって? あぁ,トリビアで鳥羽水族館のものが有名になったのですね。見ていないので,今,初めて知りました。
この島のカエルは,鳴き声も多彩で,はっきり言って鳥類並みに多様で美しい声の持ち主ばかりです。
Commented by kyon-neko at 2005-04-23 09:01
いつも貴重な生き物の写真をありがとうございます
Commented by complex_cat at 2005-04-23 10:32
有り難うございます。kyon-nekoさんの,こちらでは見ることの出来ない北海道の風景も私にとっては,貴重ですよ〜
Commented by kyoko_fiddler at 2005-04-23 21:59
可聴域で声だすコウモリがいるんですかー
知らなかった。
Commented by complex_cat at 2005-04-23 22:30
オオコウモリの仲間は,いわゆる大翼種と呼ばれ,一般の小翼種のコウモリとちがって超音波を使わず有視界飛行をやります。でも時々舌打ちのような音を出すのです。
 しかしながら,ここでお話ししたのは,一般の超音波を使う小翼種のコウモリなのですが,その周波数帯は,ぎりぎり人間の可聴域にかかるほど低いものなのです。
 本土にもヤマコウモリというのが居ますが,スミイロオヒキと同じくらいの大きさです。で,いわゆる感度帯域において耳の良い人には,ぎりぎり聞こえるのです。自分でも聞こえるとは思わなかったのですが,測定器で18〜20khz,確かに聞こえました。嬉しかったです。 kyoko_fiddlerなら,絶対バッチリだと思います。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-04-25 12:56
うーん…どうでしょうね聴こえないかも。
というのは、ヴァイオリン弾きによくある、ヴァイオリン難聴なんですよ。
楽音は聴こえるし、音程もわかるのですが、人の声を聴き取るのが苦手なんですね…。聴こえるんですけど、ナニ言っているのか判らないことがあるんですたまに。聴き取り辛い声質の方がいて、そういう方のお話は本当に聴き取るのがタイヘンで、お話するとヒアリングで神経すり減らします。 声の音量はあまり関係ないんですよ。
Commented by complex_cat at 2005-04-25 16:02
kyokoさん,すいません。前のコメント,コピペで「さん」を抜かしました。
そうなんですか。私は,ドリトル先生のカナリア・オペラに登場する歌姫ピピネラの可聴限界を超えたアリアを魔神パガニーニが聴きに来ていて,彼だけに聞こえていたという話の部分が大好きだったので,バイオリン弾きの方の聴覚ってきっと超能力者だぁなんて思いこみがあったのですが・・・職業とされるといろいろあるのですね。フィールドワーカーって,痔主が多かったりするのとよく似てます。私はそんなに真面目に長時間観察などやってませんから大丈夫ですけど。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2005-04-22 21:29 | Nature Islands | Trackback | Comments(8)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29