台風怪人12号

台風怪人12号_b0060239_1555538.jpg
 「台風が通り過ぎる時、特に右のラリアートには気をつけろ。」って話をしてたら、次男がサラサラと描いてくれた。

地上付近では上から見て反時計回りに強い風が吹き込んでいます。そのため、進行方向に向かって右の半円では、台風自身の風と台風を移動させる周りの風が同じ方向に吹くため風が強くなります。逆に左の半円では台風自身の風が逆になるので、右の半円に比べると風速がいくぶん小さくなります。(「台風に伴う風の特性
 まあ、普通に知られている台風が自分に対して西側を通ると暴風による被害が大きくなるという話を擬人化したわけで。しかし、風のエネルギーは風速の3乗に比例するから、仮にリンク先のグラフから読み取って風速で20%増しになったとすると、エネルギーの違いは1.7倍を超える。そりゃアカンわ。南九州は時間100mmとか一日で300mmとかの豪雨には比較的耐えてきたが、風は困る。前回は屋根の地デジ、衛星放送アンテナが吹き飛んで、ワイヤー一本で屋根からぶら下がっていた。落ちてしまわなかったので、引き上げて再設置は半日でなんとかなったけど。「お父さんまるでサンダーバード(磁力牽引車による『ゴング』という多脚戦車の引き上げ)みたいだったね」と、次男が言った。

 実際に彼奴(きゃつ)が、被害者の右側を通り過ぎる時、すれ違いざまに右腕でかまされるラリアットは、あまりにも強力。左のエルボー(エルボー)よりも危険。まあ、エルボーが大したことがないという意味ではなく、それでも大抵の相手は消し飛ぶ。そんな危ない奴が、現在時速15kmのチャリンコに乗って移動中。屋久島から高速ジェットフォイルで2時間のところをその5倍以上の時間をかけてやってくる。天然系の危ない怪人みたい。しかし、この怪人は赤道上に偏在する太陽からのエネルギーを拡散し、エントロピーを増大させるという崇高な使命を持っている。周りは大迷惑だけど。

 早くさっさと通りすぎて欲しいが、なんか待ちくたびれた。良いタイミングで台風準備できて、家族で閉じこもったのは良いのだが、退院したのにほとんど二日間何も出来ない気分だ。

台風怪人12号_b0060239_17015879.jpeg
チコは相変わらず、好きに出たり入ったりしている。べったり甘えられる家族が帰ってきたわけで、昨晩からの我儘は、まあ酷かった。今も、両脚の間でこんな感じ。


台風怪人12号_b0060239_1555467.jpg
 ちょっとした画にして色塗ってみた。まだパーツを描き足さないといけないけど、やはりオジリナルの方が良い。ピクサーとかジブリとか、アニメ化したいなら、窓口はここなので遠慮せず連絡してくるように(偉そう。


Commented by みう at 2016-09-03 18:27 x
今年は台風が変です。普段はフィリピンで暴れてから沖縄九州方面に向かうのに、
今年はこっちに1発も来ていません。
Commented by complex_cat at 2016-09-03 20:29
みうさん、
そんな感じですね。
10月までどうなるやら。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2016-09-03 15:07 | Kids and friends | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29