フルサイズの帰還

b0060239_14440335.jpeg
 フルサイズデジイチを手に入れた。これで、長く使ってきたAPSサイズデジ時代が終わり、フィルム時代と同じ画像サイズに戻った。
αNEX 6が故障して、修理をどうしようかと実は2年近く放置状態だった。この期間、主力機として使っていたミラーレスが欠品状態だったわけで、キスデジXの初号機と、更にミラーレスではないSONY α700を引っ張り出して対応していた。そのうちに、SONYのミラーレスデジイチの上級機7/7S/7Rがどんどん更新され、中古市場も値段がこなれてきた。
 SONYのミラーレスは、私にとっては、フィルム時代のAF主戦期であるα707siやαSweet IIのレンズ資産が使えることもあって、他に選択肢のないものだ。無駄なものは断捨離処分しろと言われたら、一眼レフについては結果的にヤシコンZeissレンズ群とSONYミラーレスで使えるレンズだけにする選択肢を選ぶだろう。
b0060239_20254706.jpeg
 何しろ、手元にあるのは殆どが1980-1990年代のMINOLTA AFレンズだが、LA-EA4(トランスルーセントミラー・テクノロジー搭載の35mmフルサイズセンサー対応のマウントアダプター)を使えば、これらのMINOLTA α一眼時代の古いオートフォーカスレンズが全てなんの問題もなく使える。αNEX 6ではやはりLA-EA2を使っていたが、快適であったが今度はフルサイズだ。絞り込み測光及び測距になるのだが、今のイメージセンサーによるAFで十分に使えるし、古いレンズ群は、後玉が画素子との間で反射を繰り返しにくい使用になってはいない。手元のレンズの多くはαNEX 6専用レンズであるズームセットレンズを除けばそういうデジタル対応設計でも何でもないのだが、極端な撮影をしても、まあ、破綻は生じない。
 SONYα7系デジイチは、フルサイズで、更にミラーレスの短いフランジバッグのおかげで、1960-1970年代エキザクタ、ライカL/M、レチナ-シュナイダー、MINOLTA MC/MDマウント。殆どが135フイルムサイズの画角で使える。交換ボディという考え方が昔あったが、ほとんどそれに近い。最もハードウェア的には、5軸手ブレ低減とか仕様はとんでもなく進んでいる。α7系専用のレンズは一本もない状態だが、資産がこれだけ使えると、まあ、レンズに困ることはあまりない。もちろん、最新型の望遠マクロや、300mm以上の高速AFの超望遠を使ってみたいとは思うが、レンズ資産にはこれ以上かける気は起きないし、売り払って最新型のレンズ群に変えていくなんて気もないのだ。

b0060239_20252792.jpeg
 当たり前だがフィルム時代の一眼レフはすべてフルサイズだ。フルサイズではないという仕様ができたのはAPSサイズデジイチが普及して、135フィルムサイズ(いわゆる35mmサイズ)よりも小さな画素子が普及したせいだ。フルサイズの画素子はフィルム時代と違って、周辺受光能力や開発、生産コストがかかる。
 私自身、フィルムCanonのキスデジNを購入してデジタル時代のブログに対応できるようになったのが2005年だったから、実際のところ、14年を経て、フルサイズに帰還したことになる。もちろんフルサイズデジイチは、かなり以前から各メーカーが開発して販売していたが、値段もだが、そもそもハードなフィールドに持って行って振り回すには、どれもこれも大きく重すぎたのだ。まあ、狐が悪態をつくすっぱいぶどうみたいなところがあったわけだが、フィルム時代重く大きい一眼レフの短所をOlympus OMが維新したみたいなのが、デジタル一眼にも必要だなと個人的には思っていた。


b0060239_14443545.jpeg
 画角が以前の35mm版に戻るということは、レンズの焦点距離が、下の感覚に戻るということだ。すなわち、50mmが標準で、広角的にも短望遠的にもテクニックでカバーできる万能の焦点距離に戻る。その世界では、35mmは結構な広角となり、28mmや25mmは作画を考えないと全然まともな絵にならない広角となり、さらに21mmや18mmは、無限の広角空間みたいに感じられる感覚に戻るということだ。
 一方で、そこそこの広角から標準の焦点距離のレンズが、短望遠となり、しかも最短撮影距離が変わらないから、ちょっとしたマクロ的な作画に使えたり、300mmレンズが400mm超、800mmが1200mmに近い超望遠になるなんて言うマジックはフルサイズの世界では、消滅する。画素子が35mm版より小さくなることによる画角の狭窄化にともなう焦点距離の延長は、レンズの焦点距離が伸びて高い超望遠レンズを買わずに得した感があるのだが、ここで勘違いしてはいけない。レンズ自体が持つ最適撮影距離が伸びるわけではないのだ。これは、フォーサーズなどでもよく勘違いされるのだが、あちらでは300mmレンズが600mmの超望遠相当になるわけだが、実際に300mmが得意とする被写体までの距離が、600mm並になるわけではない。各焦点距離のレンズには最も有効な距離感みたいなのがあって、それが倍になるわけではない。
 何れにせよ、28mm〜70mmや24mm〜80mmの広角〜単望遠までのズームが、APSサイズだと、長めの標準〜トット長めの単望遠になってしまっていたのが、本来の広角域からちゃんと使えるズームレンズに戻ってくれてるのは、本当に助かる。このあたりは中古市場でも不人気で、スペックもたいしたことないと思われているレンズが多いのだが、その時代その時代で設計に無理がなくて、画質が犠牲になっていないので、値段でレンズを選ぶ人には絶対に手にできない銘玉も多いのだ。いわゆる中古市場における絶対価格は安いレンズだが、『写りは安っぽくない』レンズが沢山潜んでいる。そして圧倒的なブランド名やプロショップを持つことで多くのユーザーに飛びついてもらえたニコンキャノンとは、異なる商売をしてきた旧ミノルタには、そういうレンズが少なくないのだ。
 フィルム時代、広角レンズを使おうが、プリントで焼いて楽しんでいる状況だとそれなりにトリミングされてプリントアウトされていて、心ゆくまで、広角表現に順応した画像を撮っている人は、限られていたからむしろ今は、フルサイズの意味を知る人は、特に若い世代では限られるかもしれないが、コア層のフィードバックや学習能力は、ゲームで培われていて高いので、気がついたらあっという間においていかれるっていうのは感じている。
 画角別のガイドのあるレンジファインダーカメラで35mm何ぞはめたら本当にこんなに広い範囲が写るのか、一体何を撮れば良いのかって思うくらいの空間が写し込まれる。iPhoneだってコンデジだって、実画角が今は28mmぐらいの広角はカバーされているわけで、広角側の画角で驚いたりするのは変な話なのだが、このあたりは、人間の認識力のズレみたいなのもあるのかなと思ったりする。
b0060239_20281535.jpeg
 ヤシコン時代のCarl Zeiss Distagon T* 4/18を取り出してクロスバイクで渓流まで足を伸ばしテスト撮影。レンズの特性に合わせて、周辺光量など補正されるが、もちろんα7用純正レンズではないので、カメラ側に焦点距離情報など行かないから、そんな補正はされていないはず(このあたりのメカについてはまだちゃんと確認してない)。
 暗さへの感度とノイズの相対比も良くなっているので、こういう画をとっても全く不安がない。しかも、手ぶれ補正もある程度までは効いてくれている。ボディ内手ブレ低減もセンサーダストのクリーニング機構も、SONYが吸収してくれたMINOLTAαデジイチが、ユーザーサイドに立ち、先見的にインストールしてきてくれた機能である。

b0060239_20261487.jpeg
 風景写真は、セミクラシックとも言えるMFレンズで、必要十分以上、いやZeissレンズ使っている幸せを純正レンズ以外で手にしては現行の開発生産をやってくれているSONYに申し訳ない気がするが、これだけの写りが手に入るのだから致し方ないのである。

b0060239_20262931.jpeg
 今やレンズのコントラスト発色や解像感など、RAW dataからいろいろいじられるようになって久しいのだが、気にせずパシパシ撮影して、大した加工もせず、この描写が手に入るなら、そのレンズを使うわけだ。

b0060239_20270751.jpeg
 流石に周辺光量では、今向きの画素子に直角に入光させることを正義とするデジタル用のレンズ設計ではないから、多少は落ち込むが、ほんの僅かなレベルで、作画的に困ることはあまりない。そんなこと言ったらフィルムでオールドライカレンズなど楽しめない。

b0060239_14450910.jpeg
 私の手元にある変態レンズでも、極めて変わっているおフランスのAnegenieux単望遠レンズ。二眼レフのビューレンズをヤシコンマウントに改造したもので、撮影レンズですらない変態レンズなのだが、今どきの改造感はないが素晴らしい発色と描写ときれいなボケ。Sony Alfa7ii, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5

b0060239_14453065.jpeg
 MINOLTAの古い短望遠マクロだが、1/2まででフォーカシングであまりレンズが伸びないから、マクロプラナーよりも使いやすい。すべての高機能AF追従で、機械任せにして小さな昆虫を撃ちまくるような撮影はやらないので、AFでなくてもマクロ撮影には対応ができる場合が多い。マニュアルフォーカスレンズながらマクロプラナーの方も未だに現役である。

b0060239_14460172.jpeg
 クローズとフォーカスの使える、28-70mm Vario-Sonnar。こういうレンズが普通に元通りの画角で使えるのは、本当に幸せである。作画自由度も上がる。

b0060239_20324294.jpeg

 APSサイズデジイチでも、手足を縛られて撮影させられていたみたいな思いはなかったのだが、標準開放のボケ味で使う標準レンズの画角のマジックを再び取り戻した。世界の半分を切り取れる標準レンズの画角で今時カメラを手にする人たちは、撮影トレーニングしたりしないだろうから、こういうのが通じない世界になって久しいと思っていたけど、なんのことはない、スマホからデジイチを手に入れものすごい勢いで写真を撮っている若い世代でも感覚的にそういうことは掴んでどんどん先に行っている人は少なくないのである。若いっていいなと思うし、インスタ見てたら、スマホ撮影でも眩しいセンスがたくさん溢れている。能書き垂れるよりもあらゆる機会に写真撮ってる人、撮るものがある人には敵わないのである。

 写真なんぞ、御託はいいから撮りたいもの撮った人間の勝ちである。私は、死ぬまでに、あと何回カメラを買い直すだろう。多分これで終わりにしてもいいかなって思うくらいの機材にようやく出会えたというところだ。私にとっては未だにキスデジX初号機もα700も現役なので、ここまでの機材で、私にとっては本当に十分なのだろうなって思う。でも、このカメラは必要だった。最後のジュダイみたいなものである。

 末っ子の作った超うまいサバの干物が出てくるのを待ってるチコ。

タイトル『フルサイズへの帰還』じゃなくて『フルサイズの帰還』ってやっぱり、「彼が」私のところに戻ってきたという意味ですが、当然スターウォーズ・オマージュでもあります。



トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/29236690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by oratie at 2019-02-08 15:23
ヤバイ。ヤバイわぁ。
カメラヤバイ。お金がなくなる。
Commented by complex_cat at 2019-02-08 18:17
堕ちて―行くのも―幸せだよと―って歌いながら楽しみましょう。
嫌冗談です。でもこれは偽装沼であって、古くて値段が付けられなかったフィルムカメラにはまっていた捨てねこのようなレンズなどが集まってきております。にゃーにゃー啼いているのが聞こえますでしょ?不人気の引き取り手のいないクラシックレンズって数千円ぐらいのものが多いのですよ。写りは素晴らしいのですけどね。
Commented by oratie at 2019-02-10 11:30
そーいう不人気レンズを探す沼にはまりそうですね。
Commented by complex_cat at 2019-02-10 18:10
チャリンコで名門パーツメーカーの中古油圧ディスクブレーキユニット探してきて安いフレームのクロスバイクにはめ込んで悦にいるとか、なんとなく同じようなことをやったりしとりますです。
Commented by sknys at 2019-05-25 14:50 x
αNEX-5Nでネコ写真を撮っています。
今後買い替えるとしたら、どのようなカメラが良いでしょうか?
やっぱりフルサイズですか。
SONYの「動物対応リアルタイム瞳AFプログラム」も気になります。
Commented by complex_cat at 2019-05-25 16:48
> sknysさん
私の場合は、旧ミノルタαレンズや過去のCONTAX Zeiss等、マニュアルフォーカス時代のレンズ資産があり、それらは描写も秀逸でかつ実際の画角で使って意味があるレンズであるため、フルサイズを必要としました。しかし、一方でAPSサイズのデジイチも必要な道具と思っております。
 特に動きのあるものを撮影する場合、短望遠〜望遠系向きでの撮影にはAPSサイズデジイチは重宝しますし、α6000系のコントラストAFから離脱した最新のAFシステムや瞳へのAFテクノロジーはとても魅力的です。私の意見としてはNEX-5からの移行としてα6400は正解ではないでしょうか。私はもはや資金がないのですが、修理せず放置してあるNEX-6を直すか、α6000系は仕事のツールとしても必要で、状況が許せば中古で良いので手に入れたいなと思っております。
Commented by sknys at 2019-05-27 22:50 x
適切なアドヴァイス、ありがとうございます。
α6400は良さそうですね。
2年前、NEX-5Nのセンサーに塵が付着したので秋葉原のサービスステーションに持ち込んだところ、
「センサーとローパスフィルタの中の塵なので分解清掃する必要がある」という連絡が翌日入りました。
速やかな対応でしたが、八千円(税抜)も取られちゃった。
α6400の上位機種が出るかのかどうか?‥‥もう少し待ってみたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2019-02-02 20:24 | My Tools | Trackback | Comments(7)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31