二つのミラーレス

b0060239_00003139.jpg

 私にとって、メインの撮影機材となった最初のミラーレスはSONY α NEX-6。購入は2013のことだ。
 そして実はほぼ2年前の北海道での使用2017年11月直後に故障してそのままとしてあった。故障内容は、有機液晶ファインダーも背面モニターも何も表示できなくなっていた。多分撮影機能は作動していたのだが、どうにも使いようがなくなった。修理をすれば数万が飛ぶであろうと考えて、そのまま放置して、気がついたらα7IIレベルの製品まで中古価格が落ち、 NEX-6の直接の後継機がα6000以降6300現在は6500、6400など魅力的な改良が加えられ、NEX-6自体、修理するより中古の状態の良いものを見つけた方が良い状態になった。製品シリーズの進化は素晴らしいなと思える。NEX-6とα6000とのスペックの差もかなりある。最近の予測能力付きの瞳にフォーカスを追従させ、さらにペットまで射程を広げてα6500を部分的に抜き去ってしまった6400の進化は、凄まじいしそれらと6000の差自体がかなりある。現行モデルでないということもあって、比較表などからも既にNEX-6とか入ることもない。でも、新型の現物で撮りまくるなんてこともやっていない故、4Kの動画撮影をしたいとか思わない限り、個人的にはNEX-6でも十分かなと思っている。後、NEX- 6〜6000系はα6500以外はモディ内手ブレ低減機構は持たないので、OSSレンズをほとんど持たない私にとっては、α6500を手にしない限り変わらんなぁという位置付けなのである。α7IIに比べての絶対性能は、そのボディの小ささと軽さではある。ちなみにこの機種と同時に発売されたE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSについては、電動ズームや手振れ防止機構OSSなどのデリケートな部分が自分にとっては難点で、このレンズはものすごく衝撃に弱く、フィールドで振り回して何度も壊れて、使用を諦めた経緯がある。

 修理かモデルのアップグレードか、NEX-6に拘ったわけではない。実際に6000あたりの中古を探して貰っていたのだが、α7IIが先に破格で来てしまった。仕事できちんと望遠レンズが使える小型のAPS機も必要となってきて、私の中でNEX-6で十分かなと最終的には判断した。6000あたりと比べれば、数万円の中古価格の違いをどう考えるということなのだが、結果的に手元に来たのは状態の良いNEX-6となった。オークションで相場を確認したのち、少なくとも半年分の保証がつく大型店から20k未満で購入できたのは、運が良かった。ソニータイマーとも呼ばれる耐久性への不安は、その時の最高性能のモデルを手に入れて、次の新型が出たら売り払ってモデルを買い替えていくというやり方が一番賢いと考える人も少なくないのだろうとも思うのだが、どうも私はその手の運用が苦手である。MINOLTA時代のデジイチでもあるα700は現役でちゃんと動いているので、個体差もあるだろうから、そんなに悲観?したものではないと思う。そのDNAが伝わっていると信じたい。EOS Kiss Xなど、ものすごく荒い使い方をしてきたがガラケー並に壊れずいまだに現役だが、α700もそれに近いレベルで使えている。
 私は、このNEX-6については表面が擦れたりしたその歴戦を刻み込んだ状態がBlack Leica M3みたいに格好いいなと勝手に思っていたので、できれば故障した個体を復元させてやりたいなと考えていた。しかし、結果的に経済的な事情を優先した。故障機は現在も手元にある。銀塩カメラ時代のように、気軽にニコイチとか保守パーツみたい使い回すには素人には、不可能だと思う。

 久しぶりにNEX-6のAPS-Cの画角で撮影。レンズは昔のMINOLTAα時代の50mm/f2.8 Macroレンズ。最近のチコは雨が降り出しても、このデラウェアの木陰の下でよく寝ている。雨脚が強くなると、私が作った倉庫に移動して寝ている。
SONY α NEX-6, MINOLTAα AF Macro 50mm/f2.8
b0060239_00011320.jpg
 手元にはお借りしているLEICA Rマウント一眼レフ用レンズが数本ある。これはVARIO ELMAR-R 35-70の写り。広角ズームは、やはりフルサイズフォーマットのカメラが本来の画角そのままで撮影できて、使いやすい。今時、2倍ズームとかズームレンズのズーム比としては極少の性能だが、高額レンズにあって設計が画質優先ということでのそのスペックということなので、画質は申し分ない。ただ、このレンズで困るのは、最短撮影距離がレンジファインダーカメラレンズのように、なんと1mもあって、むしろ室内で振り回したり、猫撮りにはあまり向かないと思う。この光線状態の難しいところにいるショップのコンパニオンアニマルである黒猫1号についても、補助光なしで、問題なく撮れるのはα7IIの能力の高さもあるが、レンズ性能にもよる。

 スポーツバイクの方は、今のTCX Advance Pro2が手に入らなかったら、このモデルしかないなと思っているのが同じGIANTのREVOLT Advance2。この個体は、むしろアーバン使い用に、ショップのマスターがロードタイヤにカスタマイズしてある。ディスクブレーキシステムがオリジナルで、オイルタンクまではワイヤーで引っ張る形なので、コンポーネントが限定されない。ディスクブレーキでも通勤用を求めていた知人に勧めたが、さてどうだろう。クロスロード好きの私には、申し分ないモデルだが。そもそもREVOLTは、ダートをぶっ飛ばすという日本にはない競技カテゴリーのものであったが、日本にはそんな競技はないよという部分もあってフォーカスされるモデルになり得ず、一旦、消滅していたが、クロスロードの人気が少し上がってきたところで、再投入されたモデルであったかと思う。

b0060239_00035127.jpg
 広角ズームを広角ズームのまま使えるのはフルサイズデジタルの性能の一つとも言える。一方で、画角が狭まり、全てのレンズで望遠効果が生まれることにより、最短撮影距離の問題では、より被写体を大きく(あくまで画面上で、ではあるが)捉えることができる。結果的に、マクロ、クローズドフォーカス域、望遠撮影などでは、同じ画素子数ではAPSサイズは、ある意味、有利になる。そういった特性の違いや小型軽量、コストCPで、APSサイズデジイチも生き残っていくだろうと思われる。フォーサーズはその企画の中で完結した焦点距離のレンズやフラッグシップモデルを作っているので、APSサイズデジイチと同じように考えるのは、ちょっと違うのかもしれない。
b0060239_08093578.jpg
 この画も被写界深度でなんとかしているが、黒猫君1号にはピントの山は届かない。1mの最短撮影距離は、確かにきつい。
 装備が軽めの時用のチャリンコ用のバッグを購入した。思ったよりも出費だったが、やはりそれなりの値段の製品はよくできている。ヘルメットホルダーがついていたり、一番下のジッパー収納の中に、雨天時のザックカバーが入っていたりする。

 α7IIは中古価格でかなり落ちてきている印象がある。なんとなれば、本機には妙な故障が発生しており、これは、起動すると「カメラエラー 電源を入れなおしてください」とモニターに表示され、撮影ができなくなるという症状だ。
 私の個体もこのエラーが頻発する状態が発生したが、検索しまくって、その解決法にたどり着いた。で結果的に直って、以降、このトラブルは発生していない。
 叩いて故障状態から復帰するとなれば、移動時の何かのショックなどで、その状態になることは普通にあり得るだろう。で、一回処置をしたら、それ以降はまだそのトラブルは発生していないとしても気持ち悪がる人も普通だろう。α7IIバッテリーがNEX-6から変更がないところで、縦位置撮影用のバッテリー増槽グリップで対応している人も少なくないので、この問題とバッテリーを変えて容量を上げたα7IIIを求めた方も、それなりにおられるのかも知れない。α7IIの中古価格の落ち方はなんとなくこの影響も感じる。私自身は、次回以降、その対処法でどうしても復帰しなかった場合にちょっと考えようかなと思っているが、私の適当な性格もあって、今のところその心配はほぼ完全に忘れているのでこれは一つの覚書ではある。現行製品が、既にその対応をしてあるのかどうかについては、私には分からないが、依然として生産中であれば、新品で購入する個体については、していないとはあまり思えない。

b0060239_11193817.jpg
SONY α NEX-6, MINOLTAα AF Macro 50mm/f2.8
b0060239_11194715.jpg
 久しぶりにNEX-6を使って、忘れていたなというNEX-6〜6000系のアドバンテージを思い出した。ミニマムなポップアップストロボが内蔵されていて、これが意外と重宝するのだ。デジイチは、高級機ほどストロボは高度なライティングなどを使うことが前提のユーザー向きで、内蔵ストロボがないのが当たり前だったりするのだが、やはり内蔵ストロボが仕込まれているのはありがたいことがある。これはちょっと反射板などを工夫すれば、綺麗に光も回せるから、かなり大きなストロボを持ち歩いて、その場でつけたり外したりは大変なフィールドでの撮影でも重宝するということだ。

SONY α NEX-6, MINOLTAα AF Macro 50mm/f2.8


トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/29520748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by umi_bari at 2019-07-14 09:43
α7IIを自分で修理してしまうなんて凄いですね。
驚くばかりです。
アラック、電池を入れなおしてくださいで諦めます。
マイスターcomplex_catさんにバグースです。
チコちゃん、お父さんは凄いよ。
Commented by complex_cat at 2019-07-14 19:07
アラックさん、今時は、こういう情報は、さっと上がって、さっとわからなくなったりしますね。安い買い物ではないので、かなり焦りました。これで解決していいのかと思わないでもないのですが、私の適当な性格からまあいいかとなっています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2019-07-14 09:27 | My Tools | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31