超高速四国巡礼

超高速四国巡礼_b0060239_22274950.jpg
 こっちの地理は全然わからない。この島も座標押さえておけばよかった。航空路の直下にある島を地図で眺めて形合わせですぐにわかると思ったが・・・・「わ、わからん!」

超高速四国巡礼_b0060239_22280587.jpg
 愛媛に到着するとそこから護送車に乗せられ、数百キロのツアーが始まった。ともかく視察してくれという場所がやたらに多い。

超高速四国巡礼_b0060239_22283454.jpg
 基本、河川環境と水田里地環境が中心。青々とした水田も、早期米や家畜用の飼料米など、ほぼ刈り取り前のところが多かった。
超高速四国巡礼_b0060239_22290277.jpg
 四万十行ったんだよー、本当だよー。でも、川遊びも上流の探索する暇もなかった。そのような余裕はない。

超高速四国巡礼_b0060239_22315607.jpg
 沈下橋もカヌーも写真撮っただけで、指をくわえて引き返す。専門家として呼ばれて、お会いする人も周るところもべらぼうに多い設定だった。だからしょうがないのだ。

超高速四国巡礼_b0060239_22293491.jpg
この広さでこの護岸。やっぱり良いなぁ。
超高速四国巡礼_b0060239_22302787.jpg
 つまり、夏休みはこなかった。ちょっと手前で、踵を返して離れていったのであった。

超高速四国巡礼_b0060239_22310060.jpg
 いつもだと、ほーら、ってこのあたりで、うまい食い物が出てきたりするのだが、何しろお昼なんでも良いです、時間もないですからっていったら、「ガスト」になったりしたわけで、ウドンすら口にすることはなかった。なんというストイック・ジャーニー。
超高速四国巡礼_b0060239_22312123.jpg
 四国も気温が高く、水田地帯を探索するだけでかなり汗ばんだ。

超高速四国巡礼_b0060239_22330902.jpg
 JRが良い感じで走っていった。ちょっと絵としては遠かったけれど。
超高速四国巡礼_b0060239_22402105.jpg
 回ったところは、流石に自然護岸水路が普通に残っている場所がほとんどだった。
超高速四国巡礼_b0060239_22335544.jpg
 ため池環境も、い草が景気よく生えていて、こういう環境は、南九州ではほとんど見なくなっている。
超高速四国巡礼_b0060239_20393536.jpg
 周辺で目につくコガネグモが、やたら目立ち、ドイツもでかくて太っていた。周辺の森林からのものも含めて、生産量が多いのだろうなと思われた。


超高速四国巡礼_b0060239_22405161.jpg
 最後は東海岸にたどり着いた。海を見ても海岸を歩くわけでもなく、ちょっと夏を諦めてみたいな、自己憐憫に陥りそうに。

超高速四国巡礼_b0060239_22351414.jpg
 吉野川、可動堰化への反対運動で、結果工事については、住民投票を行うまでになり、結果的に開発が止まった有名な吉野川十堰。当時、ああそういうことがあったなぁって記憶には確かにあって、気がついたら今、その場所に立っていた。

超高速四国巡礼_b0060239_22353673.jpg
 ある意味半人工半自然環境ばかり回った気がする。レンコン畑も同様。水田雑草含めて泥の中から上がってくる植物の花は、純白なものが多いような気がする。気がするだけだが、オモダカとかスブタとか思い浮かぶ花は、みんな純白だ。
超高速四国巡礼_b0060239_22355416.jpg
 自前の蓮コラ素材が手に入った。撮り放題でも、まあ、二枚だけ。花の構造から必然的な造形だけれど、やっぱり不思議だ。
超高速四国巡礼_b0060239_21174432.jpg
 trypophobia=集合体恐怖症は、精神障害の診断と統計マニュアル第五版』(DSM-V)においては認知されてはいないとされているが、まあ、そこそこの嫌悪感を持つ人の割合は相当高いだろうという気はしている。私は蜂の巣程度なら全く大丈夫だが、穴の中から何かが覗いているようなパターンの画は苦手だが、それでもクローズドフォーカスで撮影し、ここに画像をはっつけて眺めながらテキスト書くぐらいのことはできる。適応的な意味があると、疱瘡などの罹患者からの忌避行動誘発のバグみたいに説明されたりしているが、蓮の花は美しいし、蓮根は美味い。

超高速四国巡礼_b0060239_20594979.jpg
 最近は、レンコン畑に被害を与えるの有害生物になってるミシシッピアカミミガメ。遊泳行動は力強く、野生状態のものは深く潜る回避行動も早い。どちらにしてもこの大きさになったら、捕食できる生物はほとんど存在しないが、いても簡単には捕まらないかも。
冬季には完全に水底の泥の中に潜って越冬することも可能なようで、タフすぎる。レンコンに遭遇して餌にし始めても全然おかしくない。
超高速四国巡礼_b0060239_20524805.jpg
 アスファルトで固められた道路にコンクリート護岸だらけだったがそれでも巧みに土の露出している場所を水路の周辺に見つけて産卵している。在来種が勝てそうな要素がない。成長も早いから、子亀からあっという間にその地域で天敵になり得る生物は極少化する。

超高速四国巡礼_b0060239_22375143.jpg
お遍路さんのスタート地点の一番札所。もちろん、お遍路さんたどるどころではないので、単なる通過。

超高速四国巡礼_b0060239_22381974.jpg
 土産物を物色していた物産館から、遠目で見えた四国第23番霊場別格本山薬王寺。お遍路さんがたどり着くと、塔のてっぺんから天空に向かってCビームが発射されて、タンホイザーゲートが開く、みたいなことはないだろうが、今時のお寺は、ちょっとSFチックな宝塔。

超高速四国巡礼_b0060239_22384193.jpg
 僅か三日間で廻った、走った、いろいろな場所を評価して、何人もの人にお会いした。次回は、ゆっくり回って、うどん食おう。カヌーイスト、エッセイストの野田さんからいつも、「おい、猫。四国に来たら寄れ。家から釣りができるぞ」って言ってもらっていたが、連絡しても合う余裕もないので諦めた。考えたらうどん県だけは通過もしていない。全部、次回の楽しみ。次回がいつになるかわからないが、こういう旅になった。
 いろいろあって具体的なことが書けないので、画像と無駄口のエントリみたいになってしまった。時間経ったら少し補足するかも。

トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/29561736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2019-08-05 21:46 | Wonderful Life | Trackback | Comments(0)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30