島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3

島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3_b0060239_20560159.jpg
 ヤクシマオナガカエデ(ヤクシマオガラバナ)、種子をぶら下げたまま紅葉が始まっている。


島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3_b0060239_20545172.jpg
 撮影はフィールドで振り回しても、惜しくない中古の安い一世代前の高倍率ズームレンズによるものだが、レンズ交換なしで行けるのは、画素子の汚れなどに神経質にならずに済むので楽だ。高倍率ズームのコンデジ使いようなものだが、写りや撮影自由度は違う。ずっとキスデジに18-200mmのズームレンズをつけたものをフィールドで振り回す状況が多く、やっぱり便利だった。その辺りを考えて手に入れた通りの働きはしてくれた。
 このレンズは、古い設計なので、現在のこのシリーズに比べると、マクロ域にはほとんど寄れないが、今回は、そちらはコンデジにて対応。

島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3_b0060239_20552794.jpg
 2019年5月18日の屋久島豪雨で崩落した場所は、巨大なドラゴンの蹴り痕みたいな形状になっている。岩盤むき出して、有機物など何もないので、植生回復と言えるレベルになるまでの高等植物の侵入は当分先だろう。行きがけに関連調査を行なっている植物関係者と話すが、面積も広いし急斜面だし、まあ、100年単位だろう。
島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3_b0060239_20564819.jpg
 割と気がついたら葉を落としているホウロクイチゴも久しぶりに紅葉してる個体を見ることができた。かなり鮮やかな色。
島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3_b0060239_20570310.jpg
丈が短いのでヤクシマヒロハテンナンショウだと思う。派手な色の実をつけるが、その特性から鳥散布種子だと言われても、なかなかそうは思えない。未熟果は、一粒でも口に放り込んだら、凄まじい事になる。後輩で果敢にもというか無知のなせる技で食べたものがいたが、すぐに吐き出してものたうちまわって、味蕾がダメージを受けてしばらく何を食べても味がしなかったと言っていた。厚生労働省のサイトには「口唇、口内のしびれ、腫れなどのほか、腎臓にシュウ酸カルシウムが沈着して腎機能を障害する。」なんてレベルの症例が書かれているから、不味いとかいうレベルの話ではなく、間違いなく毒の実である。
島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3_b0060239_21062649.jpg
 ヤクシマウリハダカエデの方だと思う。
島の秋色 - フルサイズデジタルと古い非デジタル専用高倍率ズームレンズ #3_b0060239_21013894.jpg

トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/29773590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2019-11-15 21:13 | My Tools | Trackback | Comments(0)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31