年末生き物 #2

年末生き物 #2_b0060239_13555069.jpeg
屋久島小杉谷の屋久杉。小杉谷は杉の生息適地で、薩摩藩時代から良杉の産出で注目されていた場所で、国も杉生産の重要地と考えて周辺を国有林とし、『昭和28年、小杉谷製品事業所と改称され、森林開発前進基地として昭和45年まで続く集落を作った(行政区域は上屋久町に属す)。最盛期の昭和35年当時は、133世帯540人が小杉谷、石塚集落で暮らす(小・中学校の生徒数は最大147名)。』
 この杉の個体は、この暴れた姿の為伐採を免れたわけだが、当時、この直径の杉は、ここに沢山あったと考えられる。


年末生き物 #2_b0060239_13561895.jpeg
 島の稜線は櫛のようにとがった地形になってたりすると、落雷は頻発する。火災による森林更新は、植物生態学のコンテンツで、fire ecologyと呼ばれたりするのだが、今の気候変動の結果の大規模森林火災はちょっと話が違ってくる。
 ここの稜線には落雷により、わりと大きなギャップができていた。侵入したユノミネシダやナチシダと言ったシカの非嗜好植物の陰に、カラスザンショウなどの選好性植物が生えていて、ちょこちょこ鹿による採餌を受けたりしているが、見逃されている株の状態から、ここのシカ密度はそれほど高くないことが示唆される。

年末生き物 #2_b0060239_13563654.jpeg
 コモウセンゴケは、こんな感じの湿地に生えて、緑色の植物体に粘毛が赤く色づいて活性が高い時期はとても美しい。常緑ということだが、少し状態が悪いのかこの時期こんなものなのか。

年末生き物 #2_b0060239_13565952.jpeg
 ホソバハグマは花は終わっていた。形はしっかり残っていた。野取りはこちら辺ではできないはずだが、趣味の園芸的市場には屋久島のホソバハグマはかなり出回っている。

年末生き物 #2_b0060239_13572286.jpeg
 GT(ロウニンアジ)とトビウオの燻製(からすみ風)。ロウニンアジなどあまり釣り人も食べようとしない魚に限って、技術で冷燻にするとすこぶるうまいという話で、実際に美味しかった。

年末生き物 #2_b0060239_13574632.jpeg
 クチベニダケはとてもユニークなキノコで、ここの中央部が割れて口みたいになって、本当に口紅を付けたへんてこな口みたいな感じになる。分布は広く、普通種ではあるが、日本特産種。

年末生き物 #2_b0060239_13581827.jpeg
 ツワブキの咲き乱れる横に積まれているのは、山川の名産鰹節を作るための薪。堅木(シイ・カシ類)の山だが、それ以外の常緑の雑木も混ぜて使われる。
 鰹節生産の多い地域では、人工針葉樹林比が他の地域に比べて低く、シイカシ林を維持する必要があったからではないかということを示唆する研究もあるようだ。


年末生き物 #2_b0060239_13585466.jpeg
 徳之島、サトウキビ畑を見に行ったつもりで、その先にある山林のリュウキュウマツが、マツノザイセンチュウによりほぼ壊滅状態。奄美、徳之島のリュウキュウマツといえば、窒素固定菌根菌を利用できるので、荒地に早い段階で入ってきて、どこでもかしこでもものすごく元気な植物という印象だったが、それがボロボロになっている。最近は、希少なヤクタネゴヨウなどの松に対しては、線虫の運び屋のマツノマダラカミキリが羽化して出ていくときに粘着テープで丸ごと捕獲するような、シートをかぶせる対策もあるようだが。
 一定の胸高直径が必要なので、収束したら次世代のリュウキュウマツはまた復活するのか、どうなのか。被害が長期化すればかなりやばいことも確か。


年末生き物 #2_b0060239_13592506.jpeg
 テンジンテナガエビのフライ。素揚げの方が旨いのにって、地元の人が呟いていたが、私もそう思う。唐揚げも十分美味いけど。

年末生き物 #2_b0060239_14011039.jpeg
 テンナンショウの花序は沢山の実をつけて、これは熟すると毒性が消え、この目立つ赤色から鳥散布種子なんだろうなというところだが、鳥に食べられることなく、冬季そのまま地上部のが溶け栄養を地下に移すに合わせて、地面に倒れて実をばらばらと死体の一部のように散らしていく。たまたま散布者がこのあたりは居なかっただけ、なのか。君たちは何をどうしたいのだろうかって、この植物を見るといつも尋ねてしまう。
 パズルが埋まらないのはとても楽しいことでもある。ある時突然、埋まることがあるから。私の個人的な自然観察の楽しみ方だ。


トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/29847066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by umi_bari at 2019-12-24 20:25
屋久島の自然を今日もありがとうございます。
いつも、感謝しています。
お見事バグースです。
アラック、昨年から、日帰り旅行も出来なくなりました。
チコちゃん、元気にしていますか。
Commented by complex_cat at 2019-12-24 21:18
> アラックさん

はい、いろいろ大変ですが、チコはずっとチコのままです。
私もアラックさんにいつも素敵なものを見せていただいて感謝しております。
旅行、大変なんですか?
出掛けられたら良いですね。
Commented by complex_cat at 2019-12-31 21:14
> umi_bariさん
こちらこそ、一年ありがとうございました。
これからも、素敵な画像を楽しみにしております。
お体に気をつけて、良いお年をお迎え下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2019-12-24 19:02 | Wonderful Life | Trackback | Comments(3)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30