コロナ禍のライフログ #2

 現状、我が家も食料買い出し以外は、巣篭もりに近い生活を送っている状況。都道府県の感染者が比較的少なく、まあ、外からやってくる状況が止まって一息つけているという地域で連休中過ごす方法としては、以下の状況。

③Cooking
 連休中閉じこもっていると、まあストレスが溜まるわけで、何か仕事以外で手を動かしたくなる。私の場合、それが、チコのケアと畑仕事と料理で埋めている。まあ、それ以外をワイフにフォローしてもらえるので、何も考えずに食べ物を作り続けるのができるというだけではあるが。
 イライラすると気分転換で飯を作るというのは良いのだが、気をつけないと、あまりにも早く食事の用意をしてしまう。私の料理は、火力もキャンピングコンロ一個とかで制限され、電子レンジもオーブンも使えない場所で、手抜きのフィールドワーカーとして培ったものなので、ともかく、短時間で作るようにできている。で、家の台所で作れば、三口のガスレンジはあるし、オーブンも電子レンジも使い放題だから、自分の感覚だと時間がずれてしまう。早く出来過ぎ君。 

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_11164539.jpg
 野菜をタマネギだけでなく炒め、そこにカレー粉とバター投入。じゃがいもだけレンチンして、後から焼き目を入れて投入。圧力釜で炊いておいたチキン手羽元&スープストックを加え、100円ショップのココナッツミルクを1缶開けて、塩と麺汁で味を整えておしまい。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_11165900.jpg
本当は野菜と肉を全部素揚げにして、ご飯の上に乗せスープ系のカレーをかけたかったが、油使い過ぎたくなかったので、こうなった。
コロナ禍のライフログ #2_b0060239_11171353.jpg
 チャリンコこぎすぎで、足が結構つる状態が頻発して、デーツを鉄分補給用に買ったのが、結構余っていたので、刻んでチャツネがわりに加える。かなり強力な甘みがついて、みりんで甘味を足すのが好きな私だが、必要なかった。
コロナ禍のライフログ #2_b0060239_13303775.jpg
 てな感じで、連休中の賄い飯を思い出してあげてみる。ご参考になれば幸い。カレー作る時、ココナッツミルクの代わりにトマト缶を使うのは、よくやる。圧力釜だと、野菜の巨大な塊で楽しめる。肉毛が少ないとこには、卵をに固めてもいいし、目玉焼き加えるのもあり。シャーウッドのカレー粉を使うようになってから、ほぼこういう作り方をしてきているが、たまに市販のルーの味が懐かしくなって作ったりする。当たり前だが、ちゃんとカレーができるし、ただ、別の食べ物として楽しめるくらいの違いがあって楽しい。お好みで。
 
コロナ禍のライフログ #2_b0060239_13271845.jpg
 乾麺パスタは確かによく使う。ちょっと一袋の量が足りないなと思った時には、ニョッキを作って足す。これは前日の皮から手作りした餃子の皮の残り。先にホワイトソースの中身と一緒に炒めて焼きニョッキとして入れておいて、小麦粉絡めてペシャメルソースにして、茹でたパスタにかける。ラザニアなど、ホワイトソースとトマト系を交互にレイヤーにして混ぜて食べるのが結構すきなので、ピューレがない時にはただのケチャップをかけて。牛乳、クリームソース系苦手な人も、この食べ方だといける場合が。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_13274083.jpg
一時期、麻婆豆腐については本格レシピがネットで話題になったりした。中国系の凝った味噌を数種類調合するなど、実際に作ってみると確かにうまいのだが、食材として割高で、量的に確保するのは業務用相当が必要な気がしたので、私の方は岡崎八丁系の赤味噌なら手に入れる術があったのでそちらで代用することにした。ニンニク、生姜、唐辛子、八角、花椒加えれば、らしくなるので、もうそれでいいかなって流れ。
 コチジャン、豆板醤といったまともな材料を使う時があれば、それはそれで。後、塩麻婆もよく作る。塩味だけによる料理は、ある意味究極っていう気もする。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_13321447.jpg
 きしめんは結構ストックがあったので、焼うどん的なものも含めて時々使う。昼に使って余ったらホワイトソースを絡めて、ガラス器に流し込んで晩ご飯のグラタンにしてしまう。
コロナ禍のライフログ #2_b0060239_13323409.jpg
 人数分だと小さなハンバーグ分ぐらいしか、ミンチが残っていない場合は、ミニハンバーグにして、グラタンにトッピング。ともかく、フィールド屋なので、ボリューム第一、大人数が満足する量を作る技術というのはいつも考えていた。本当、食い物の恨みは怖いので、とても重要な技術だと思っている。前日の赤味噌の豚汁なんかあった日には、最高で、ホワイトソースの上からかけてチーズをのっける。赤味噌とホワイトソース、チーズの組み合わせは、不思議なマリアージュという感じ。白味噌では、美味しくならないのが面白いところ。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_14182474.jpg
 似たような話で、チャーハンなどでも、ご飯に卵を絡めて作らず、スクランブルエッグを作っておいて後から散らすやり方。この方が、卵焼きの塊感を楽しめて、まあ、お好みだが、家族には好評。麻婆豆腐でもボリューム少ないなと思ったら、これによる増量をやる。純粋な麻婆豆腐を食べたい人向きではないが、私はおいしいと思う。卵は七難隠す。父さんが料理しないと、卵が全然減らないってよく子供たちに言われた。ということで、私がワイフと交代でご飯作る状態でちょうどバランスが取れているということで。
 もっとも連休中では、とりあえず食当はずっとやっていたが、自分が食いたいものを作っていただけなので、それも結果論。
 とりあえず、腹いっぱい食べるのではなく、カロリーベースで必要な分を食べる、という海外のフィールドワーカーのやり方をしないと危ないのであった。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_18070642.jpg
 パスタラーメンなるものがネットで少し流行ったのを機に、作り始めたのは、関連エントリを見ると2008年のことのようだ。
 曰く”もともと,海外での話、和風乾麺のバリエーションが少なく,まともなものが手に入らないのをパスタをラーメン化できれば,驚くほど多様なラーメンの麺がいつでも楽しめることができるということをある方が思いついた/パスタもラーメンもほとんど似たようなな組成であり,大きな違いはラーメンが重曹を使っている点のみ/だから,重曹入りのお湯で煮たら,あら不思議,ゆであがったパスタ麺は,見事にラーメンの香り漂う黄色い麺に!"という話。その後、このブログでも『塩豚パスタラーメン』 とか『闇の自家製塩ラーメン』とか結構、エントリを挙げている。そう、割と気に入ってるんだな。

20111009130624

 この緊急時、「なぜスーパーでスパゲッティの乾麺だけ売り切れてるかの考察」がちょっと話題になっていたが、うどん蕎麦に比べて、パウチのソースだけ使っても、レパートリーが多く作れること、幼児がフォーク一本で食べやすいことや、洗い物がワンディッシュで簡単などの理由が挙げられていて、なるほどと思った。更に、私が思うに、子供たちにうどん、蕎麦、スバゲッティのどれが良い?って聞いたらやっぱり、多くの子供は圧倒的にスパゲッティっていうのじゃないかなって気がしている。
 で、個人的に加えるなら、スパゲッティの乾麺さえあればラーメン麺だって作れるし、スープや具をいろいろ考えれば、レパートリー増やせるというアドバンテージを更に強化できるって思う。ああ、余計なことを書けば、またスーパーの棚からスパゲッティの乾麺が無くなるかな。
 本来なら、不人気な食材でいろいろ作れる話を考えるべきなのだろうなって思うが、今回は、こんなところ。

追記ーTwitter上で、「夫に料理作らせるとカレーかスバゲッティになる」みたいな話になっていて、なるほど、ここも気がついたらそんな感じになってた。
 私が、他に余裕のない時、作ってるのは、肉饅(ある肉を玉ねぎと照り焼き風にする)かピザ、餃子の他、タコライスみたいな丼ものである。
肉饅は、蒸しパンが、他のパンよりも発酵が適当でもそれなりに膨らむので神経質にならずに済む。ピザも同様で、膨らめばそれでいいし、膨らまなかったらクリスピータイプでそれで困らない。全部強力粉で作る。餃子は皮を買ってきたり、保存しておくのが面倒なので、家内制手工業的に人手がある我が家では、皮から作っても1時間もかからずになんとかなる。
 丼物は、新鮮なキャベツかレタスの上に、卵焼きか目玉焼き、そして野菜炒めにしっかりとクミンを効かせたものを乗っけて、上からケチャップかトマトソースかけるだけだ。これも麺を茹でるかご飯を炊くかの違いでしかない。いずれにせよ、私の場合、地球というフィールドに降り立って作るフィールド料理だ。

④Baking
 パスタ乾麺も品薄だ。小麦粉は少しは買えそうなお店があるから、強力粉で麺作りからしないといけなくなるぐらいはまだマシなのかもしれない。かなり以前の話だが、海外でラーメン用の麺が手に入らない状況で、ベーキングパウダーか重曹を塩と一緒に沸かしたお湯で湯掻くことで、ラーメンみたな麺になるというので、パスタラーメンなる「発明」が紹介されていた。それ以来、我が家では、結構パスタラーメンを作る。
 このスープのベースは、チコのために作っておいた豚肉と野菜出しのスープ(なんのことはない、前日に蒸し野菜+蒸し豚をやったときの蒸し汁の残り)だ。それに麺汁とニンニク醤油をぶっ込んで味を調整しただけのもの。野菜と中途半端に残っていた豚ミンチと人参、玉ねぎを炒めて塩、胡椒してのっけるだけなのだが、今回は変形ミンチボールっぽくしてこれも事前にちょっとスープで煮てみた。俊足で作れる、まさしくフィールド料理だなって思うけど、まあ、これが結構美味いわけで、昼食には十分だ。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_13280236.jpg
ファーブルトン(far breton)は焼きプリンみたいなカスタードケーキみたいな、弾力のある食感のケーキで、焼き温度や時間が割とルーズでもなんとかなる。
 レシピにもよるが、以下のものを混ぜて180℃で約60分焼くだけ。

・全卵・・・・・・・・・2個
・薄力粉・・・・・・・・70g
・砂糖・・・・・・・・・70g
・牛乳・・・・・・・・・200cc
・生クリーム・・・・・・200cc ※牛乳400ccにしてもOK
・バター(無塩)・・・・20g    ※有塩バターでも可
・バニラオイル・・・・・2滴
・ラム酒・・・・・・・・・大さじ1
途中でバターを塗って焼き色がついたら、アルミホイールをかけて焦げ過ぎないように調整するぐらい。ラム酒は我が家では泡盛や黒糖酒で代用。生クリームも高いので、全部牛乳。それで問題なし。
 生地が出来上がったら、バナナと板チョコをバラバラにして一緒に混ぜる。バナナが手に入りにくくなっているが、どちらかというと洋梨、リンゴなどが基本。デーツ、プルーンなども合うだろう。要するに自分の適当な理解としてはチョコや果物放り込んで、お好み焼き感覚で適当に作っていて、生地の味と食感だけで食べられる。それで十分。
コロナ禍のライフログ #2_b0060239_16230316.jpg
 チョコチップスコーンはずいぶん焼いた。一説によるとスタバのスコーンに割と近いと言われているらしい。ちょっと冷まして、まだ少し暖かい状態のものをサクサクで中もっちりを味わえるのは、ホームメードならでは。これも焼き加減とかあまり気にしないで済む。何しろホットケーキミックスだ。こいつが今は品不足らしいが、

・薄力粉 ・・・・・・・160g
・砂糖 ・・・・・・・・40g
・ベーキングパウダー ・小さじ2
・塩 ・・・・・・・・・小さじ1/4
・バニラエッセンス・・適当

で作れるので、ホットケーキミックスより店から姿を消しにくい小麦粉(薄力粉)とベーキングパウダーが手に入れば何とかなる。
ざっと類似のレシピを検索すると、オーブン、170度で25分ぐらいとあるが、手持ちにオーブンレンジのパワーが心配なら、180℃でも大丈夫。むしろそちらでもいいかも。で、市販でも自家製でも「ホットケーキミックス」が手に入ったら、
・ホットケーキミックス・・200g
・バター・・・・・・・・・50g
・牛乳・・・・・・・・・・45cc
・板チョコレート・・・・・1枚 (もしくはチョコチップなら45gで十分!)
を混ぜ合わせてメロンパン型(ドーム型)に整形して、8等分に切り、膨らむのを見越して間を少し離して、余熱入れておいたオーブンに入れて170度で25分焼くだけだ。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_16472679.jpg
こっちは全粒粉でチョコチップ にさらにバナナを加えてみた。そういえばバナナも入ってこなくなってるな。ほとんどクローンみたいな農作物なのに、病害生物が入ってかなりの産地が危機に陥った後だったから本当に大変だろう。
 チョコバナナスコーンは家族には評判良かったが、バナナで増えた水分量を焼きで調整するのに苦労して、結果的に2倍の時間焼いた。私の料理は、レシピに冗長性(適当)があるものばかり。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_16234485.jpg
 イラスト屋さんが、自粛太りっていうイラストを出していた。笑い事ではなくて、登校でのカロリー消費がなくなって家にいるしかなくなって運動不足から、小学生から大学生まで肥満が深刻になる可能性もあるかも。出勤せずに普段のカロリー消費せずに食っちゃ飲みしていたら、これは危険だと思う。
 料理の脂と炭水化物の量が普段レベルだと危ないので、最近は、蒸し野菜などを混ぜるようにしている。ここに書いたレシピは、ヘルシーレシピではないし、家族が多くて、一人ひとりの摂取量が限定される場合は、いいけど、二人ぐらいで力一杯食べたりすると、やっぱりまずいかも。
 でも、美味いぞ。

コロナ禍のライフログ #2_b0060239_17531476.jpg
 どうも甘いものばかり作っているとまずいなと思い始め、甘くないクラッカーも焼いて、まあ、クリームチーズ乗っけて酒のつまみ。
・薄力粉・50g
・砂糖・・10g(大さじ1)
・塩・・・少々
・無塩バター or
 マーガリン・13g(大さじ1)
・牛乳・・15cc(大さじ1)
 これは、プリッツみたいなものが食いたくなって、ヒーコラ作っていたら、ワイフが板状に伸ばした後、クラッカーみたいに切り分けたほうが楽だというアドバイスをくれたので、再チャレンジしたもの。発酵の手間もいらないし、膨らみの心配も要らないし、小麦粉もそんなに使わないので、おすすめ。本来ならもう少し薄くてもいいかも。伸ばして適当に切り分けて外して、余熱入れた170度のオーブンで12〜14分焼くだけ。
長く伸ばして焼けばプリッツ だ。本来は塩分調整したい故に無塩指定なのだが、バター/マーガリン無塩でなければ塩いらねーしぐらいで作っても問題はないというのが私レベルのベーキング。
 それでも、分析化学者の職業レベルできちんとお菓子作りしている知人に食べさせて、気を遣っているポイントは間違ってないし、美味しいって言われたので、自分には自分で及第点を上げてお気楽なのである。

トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/30039753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by umi_bari at 2020-05-07 21:38
とにかく大変日々ですが、いっぱい食べて頑張っていきましょうね。食欲にバグースです。明日も危ないチャンスも食べて頑張っています。チコちゃんも頑張れ✊‼️
Commented by complex_cat at 2020-05-08 04:11
アラックさん、
まあ、日々、食ってれば大丈夫みたいな感じです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2020-05-07 20:39 | Appetite Museum | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30