アシダカグモ訂正ハシリグモ

古い記事ですが、つい最近、アシダカグモではなくハシリグモだというご指摘がありました。
家屋侵入が基本の種類ではなく、野外で自由生活しているというのが、本種の本来の特性のようです。
内容について、一部修正いたしました。

朝から失礼いたします。人によっては絶叫・鳥肌カードのアシダカグモHeteropoda venatoriaハシリグモDolomedes sp.です。湯船に落ちて子供用の柄杓の上から動けないのかと思いきや,私の気配を感じて必死に逃げ始めました。

b0060239_9105955.jpg
私の接近に驚いて,お風呂ダイビング中のアシダカグモハシリグモ。良いものを見せて貰いました。凄いぞ,蜘蛛型潜水艦! 被写体ブレと体に着いている気泡でソフトフォーカスイメージになりましたので,これで既に駄目な方は,絶対に下のmoreクリックはしないように。

 潜水して水中に逃げ込むとはおどろきました。泳ぐのを止めると,間抜けな感じでプワーっと浮かんできてしまいます。忍者の「水蜘蛛」という道具は,こいつからの発想かと思えるほど,水の上をすいすいと歩くように泳いでいきます。流石にゴキブリを食べていると言われるだけ合って(本当はそれだけではないでしょうけれど),移動速度はもの凄く速いです。
 しかし,最近はお客さんが多いなぁ。こいつにしても,我が家では,ゴキブリの痕跡を私が見つけていないので,餌があまりありません。外部から移入してきた可能性があります。多分,このお風呂が欠陥で,前回のお客さん(アーティクル「湯当たり」参照)と同様,ここからだけ家の中に侵入できるので,文字通り水際で落ち込んで見つかっている可能性が高いです。心ならずもウォータートラップを家の中に作ってしまったようです。カテゴリー“Bathroom wild life”でも作ろうかな。
 お風呂がムシムシ大行進になるという我が家の「仕様」を理解した上で,チコが風呂探検をしていたなら,天晴れなやつです(アーティクル「水場大好き」も見てください)。家の裏のシダの群生を刈らないとしばらくこういうことが頻発しそうです。
 私もワイフも余り大騒ぎしません。室内で放たれたなら,人間には悪さしませんし,超精密超高性能ゴキブリ自動捕獲機です。例え,10億円かけてもこいつの代わりになるロボットを作ることは出来ません。公陳丸やチコは,あんまり趣味じゃないようです。
 




b0060239_9185083.jpg

水面を器用にすいすい移動する節足動物は,意外に多いです。いつぞやはヤブキリが小さな溜め池の上を同じように移動して対岸に渡るのを観察したことがあります。小動物が大好きな長男が,クモだけは,苦手になっていた云うことが分かりました。私自身クモの恐怖は教えていないので,彼の感性でしょう。


b0060239_710205.jpg
まるでハリー・ポッターにでてくるアラコグですね。クモなんだから当たり前か。八個ある眼が全部写っていて,なかなかクールです。
 こういった画を撮る場合,被写界深度の深さを生かした本気の写りは,やはりとてもありがたいです。デジイチだと,レンズ交換してとかいうこと自体が時間がないときは,A1の手軽さとCPの良い画質はありがたいです。
Minolta A1


b0060239_17513575.jpg
追加分です。大きさ,スケールがないのでピンと来られてなかったと云うことで大きさが分かる画をアップしておきますね。クリックして頂くと,1280×854のモニターで,大体実物大ぐらいです。



トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/3034199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 日子のさらさら日記 at 2005-09-25 02:10
タイトル : アシダカグモ連続殺人事件
 なんと勝手口にまたまたアシダカグモの死骸が〜{/hiyob_hat/}  も〜お、今月2匹目よ!!立派に育ってたのに  ダレ{/eq_2/} 殺したの〜??   きっと今回の犯人は、お父さんだわっ!!  ばあちゃんは来てないし、お母さんは保護派だし・・・お父さんしかいない!! アシダカグモって一軒に何匹ぐらいいるのかしら??大丈夫かなぁ〜??? ゴキが増えたら困るわ。{/hiyo_shock2/}  {/hiyob_en/}人気blogランキング{/hiyob_uru/} に参加してます...... more
Commented by nekoromochi at 2005-06-30 15:24
フニョーっ≦ ̄δ ̄≧З
そうそう、このクモですよ。毎年、部屋の中をサカサカって徘徊してるのはっ≦ ̄δ ̄≧З
とりあえず動くものには反応してしまう“チビ”たちも、逃げ隠れた隙間を気にするんですよねぇーっ。

まぁ、毒とかは持っていないからそのままにしてしまいますけれど、あの大きさはやはり驚きますっ≦ ̄□ ̄;≧З
Commented by 2004-ein at 2005-06-30 15:31
コメント書こうとして「危険ゾーン・笑」見ちゃいました(×-×)
昔、日本泳法(忍者ではありませんヨw)を習っていまして、水底を蜘蛛の様に歩くっていうのが、結構得意でした(^^)
で、それをゆ~っくりとやってたら、ボグッ!!!と蹴りを入れられまして・・・何事かと、浮かび上がったら、蹴った人が真っ青な顔で
「死んでるのかと思った!」
・・・って、普通蹴る前に引き上げますよね(--;
痛い記憶を思い出しましたヽ(ー_ー )ノ
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-30 15:56
?このクモの映像、平気でした。
ドキドキしてあけたのに…。
Commented by complex_cat at 2005-06-30 16:38
nekoromochiさん,ゴッキーを捕食する蜘蛛なのでけっこうすばしっこいですね。
2004-einさん,古式泳法の経験者に初めてお会いしました。「ケイの凄春」を思い出します。
kyoko_fiddlerさん,そうですか,耐性着いてますよ,きっと。結構さわさわ歩いてますけど。間違ってもタランチュラみたいにノッタリ移動する蜘蛛じゃないです。私んところと,dojou7さんところずっとご覧になっていたら,これ,あんまりショッカーじゃないです(爆)。
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-30 17:31
鍛えられてゆくわたし。 爆
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-30 17:46
…C_Cさんの写真では平気でしたけど、大きさを知って うぎゃ。
Commented by complex_cat at 2005-06-30 17:53
そうか,蠅捕り蜘蛛ぐらいだったらあんまり怖くないですものね。大きさが分かりやすい画を上げました。どうでしょうか?
Commented by nekoromochi at 2005-06-30 18:07
ニャハハっ≦⌒m⌒≧З
そうそう、ちょうど映画『エイリアン』にでてきた「フェイス・ハガー」を小さくした感じっ♪

それが、夜中に顔面に引っ付いてるとしたらぁーーーーっ≦ ̄□ ̄;≧З
Commented by kyoko_fiddler at 2005-06-30 21:06
…ねころもちさん…やーめーてー…
Commented by 通りすがりの蜘蛛博士 at 2018-08-26 00:52 x
これ、残念ながらアシダカグモじゃないですね。ハシリグモだと思います。本来屋外の草むらなどにいる大型の種類ですが、家に入ってきてしまったのでしょう。泳ぎ(水面を走る)も得意で、水に落ちた虫や小型のカエルなどを捕食することもあります!
Commented by complex_cat at 2018-09-03 15:45
通りすがりの蜘蛛博士様、
ありがとうございます。なるほど。見栄えがなんか違うなと思ったのと行動が符合しますね。
ご指摘、わざわざありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2005-06-30 07:20 | Wonderful Life | Trackback(1) | Comments(11)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30