1年

1年_b0060239_20150837.jpeg
チコを失って1年が経つ。
 まだ1年しか経っていないとは信じられない。物凄く時間が過ぎた気がする。
 本当にまだ1年しか経ってないのかと思う。今日まで物凄く日々が過ぎていった気がする。


 本格的に彼のターミナルケアに入ってから、このブログへのモチベーションも、このブログに書くことの多くと書こうとする意識も、自分の中から失われて、どうするかなって考えるのも面倒になってそのまま今日まで来た。
 でも、何か書かずにというか、彼に、伝えたいことを書かねばならないかなって少しずつは思うようになった。

 自分は猫も犬も何もかも動物が大好きな少年だった。
 少年期、彼らに関わっている時、時間はいくらでもあって、自分には犬も猫も虫も、生き物たちとの幸せな出会いと、そして彼らとともに過ごす時間が延々とあるものと思っていた。少年期の無敵感というのは、時間に気兼ねしないという部分もあるのだろうなって思う。生きてきた時間の逆数、むしろなんでこんなに時間は早く進まないのかというやつだ。
1年_b0060239_20184786.jpg
今では当然失われた世界だ。チコと過ごした日々は、今思えば、あっという間に終わってしまったし、自分には今では奇跡にも思える貴重なそしてもう二度と戻らない日々だ。
1年_b0060239_20184823.jpg
 彼のことを考えていて、最近気が付いたのだが、呼吸が止まっていることがある。それに気が付いて、ダメージはむしろその後できた。チコは今どこにいるだろうか、みたいなあまり意味のない疑問の答えを一瞬だけ考えたりするのもうやらない。

 最近は、英国の首相官邸で首相官邸ネズミ捕獲長をやってるラリー君を見て、家族と一緒によくよく見ればちょっとチコに似てるなぁなってことを思ったりする。右手に「ブレスレット」をはめていたるところや、顔つきは割と違うのだけれど、一瞬チコに似た表情や輪郭を彷彿とさせる画像が見たりしてびっくりする。彼もチコが存命の時からの存在なので、実際、今更という話なのだが、それを最近気がつくなんてのもちょっと不思議なものだ。
1年_b0060239_20184815.jpg
  このブログは、最初は写真ブログだったのを思い出した。まあ下手な横好きの写真とカメラ、半人前以下の画像と書残したい事を一つにしておこうと思ったのが最初だ。

 チコの画像は、膨大に撮影したはずだと、最初は思っていたが、実際は無尽蔵にあるわけでもないなと感じるし、日々同じような写真を見直している。
 動画も、ハードウェアと時代の齟齬みたいなものもあって、結果として、そんなに残ってない。彼の全盛期が本格的なSNS時代だったら、もっと動画を撮っていたかもしれないが、彼との時間は、動画と違って、一瞬にあらゆるものを凝縮して閉じ込めることができるような、スティル写真がふさわしかった、その結果だと思っている。
1年_b0060239_20042108.jpeg
 最後に。

 チコ、とりあえず、君は今、どこにいる? やはり尋ねたくなるのは、どこかに、君であったものが存在すると思っていたいからだろう。
 猫廃人とは、仲間内でよく笑って言うネタだったが、そんなものなのだろう。

Commented by umi_bari at 2023-02-28 20:55
申し訳ないです。チコちゃんが虹の🌈橋を渡った事を知りませんでした。
本当にチコちゃんは長年頑張りましたね。
アラック、その姿に一喜一憂していました。
悲しみの中、チコちゃんの想い出を投稿していただきありがとうございます。
お見事バグースです。
アラック、毎朝、ゴンとチャンスにぬるま湯とお線香をあげています。
Commented by 関門キャット at 2023-02-28 21:17 x
ずいぶん前、とある絵描きさんを通じて、チコさんのことを知ってから、ちょくちょくココを覗いておりました。長い間、更新がされていなかったので。。。やはりというか、お悔やみ申し上げます。。という言葉が適切かどうかもわかりませんが。。。なんだか、私も淋しくなりました。。
Commented by STOCHINAI at 2023-03-01 19:45
もう何年もたったような気がしていました。遠い昔にチコとひんぱんにブログで会っていたような気がしています。ほんとうに「凛々しい」ネコだったと今でも強く思い出します。体調を崩してからも、驚くほど長く生き延びていたように記憶していて、それも大きな思い出のひとつです。彼の「強さ」は少なくとも私の中では忘れられない思い出として残り続けています。1周忌を迎えて改めてご冥福をお祈りしています。(5号館)
Commented by complex_cat at 2023-03-03 20:20
> STOCHINAIさん
お変わりないようで嬉しいです。
ありがとうございます。彼の思い出として、そのように言ってもらえて、本当に嬉しいです。チコになりかわりまして、お礼申し上げたいです。
本当に、不思議な強さを持った子でした。彼の通ったクリニックでは、スタッフから奇跡の猫と呼ばれていました。
Commented by complex_cat at 2023-03-03 20:22
> 関門キャットさん
ありがとうございます。Twitterや他のSNSでも彼のことに触れていたりもしたので、喪にふくすと言うわけでもなかったのですが、このブログで彼のことを書きたくもあり、書きたくもなく、とうとう一年経ってしまいました。
まだ、一年しか経っていないって、やはり信じられないです。
Commented by complex_cat at 2023-03-03 20:23
> umi_bariさん
アラックさん、彼のことなので、虹の彼方で、パトロールに走り回っているかなと思います。
彼の名前を呼んでいます。毎日。おかしいでしょ?
Commented by ayrton_7 at 2023-04-11 09:46
チコちゃん亡くなられてたのですね。
暫くブログから遠ざかっていて気が付きませんでした。
ごめんなさい。
飼い主さん家族に愛され、飼い主さん家族を愛し、素敵な(=^・^=)でした。
Commented by complex_cat at 2023-05-30 17:18
ayrton_7さん、
コメントいただいていたのに、気づきませんで申し訳ありません。
私も、チコの死以降、ブログから離れておりました。
失礼しました。
折に触れチコをめでていただき、ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2023-02-28 20:50 | Cat Family | Trackback | Comments(8)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29