日本メーカーのグラベルロード

日本メーカーのグラベルロード_b0060239_22004486.jpg
 スポーツバイクについては圧倒的な海外勢の商品構成に対して、日本メーカーであったブリヂストン、MIYATAやPanasonicといった老舗メーカーは劣勢となっていったのだけれど、それでも、製品、戦略を絞り生き残ってきている。Miyataも高級ロード受注みたいなことをやったけれど、海外ブランドとの販売がガチに競合する場面では活路を見出せず、それでも巨大メーカーGIANTみたいに数出すわけにはいかないから、製品は練られていて、最近はe-bikeのロードまでちゃんと出してる。日本メーカーではKhodaa Bloomといった、おしゃれブランドで高級スポーツを売り出すメーカーさえ現れて久しい。

 個人的にはこのモノが売れない中、どこも善戦していると思っている。日本メーカーはホームセンターやネットショップによる中華製のシティサイクルや軽快車が飽和する中、そちら方面でも苦戦を強いられてきたけど、やはりそれなりにコストをかけてきちんとした作りのものは生き残っている。意外とちゃんとしたママチャリ買うとそれなりの値段はするのは結果だし、安くはない値段で販売していても、生き残っている。モーターアシストシティサイクルでは日本メーカーはその信頼性からよく売れているし、ということで、息子(3)の通勤用にグラベルロードを探していて、意外ではあったこのメーカーの商品に当たった。
 ミヤタサイクル「フリーダムプラス」 、標準販売価格は77,000円で、ディレーラーはShimanoのSora、シフトはMicroshift社製のADVENT - 1x9 Components(ドロップバーシフター/フラットバー用トレイルトリガーシフター / サムシフター / バーエンドシフターもラインナップとShimanoであればロード系とクロスバイクで分かれているところを統合したある意味、合理的なモデル)とTektro社製のワイヤー式ディスクブレーキ。クロモリフレームで、フレームカラーはグリーンとブラックがある。
 クロモリフレームのグラベルロードでこの構成は、多分どこにもないと思う。


日本メーカーのグラベルロード_b0060239_23232787.jpg
 クロモリフレーム、タイヤは700Cではなく27.5インチ(650B)のグラベルロード仕様、シングルクランク x 9Sという、今時のクロスバイクやグラベルロードをよく研究している結果みたいな構成。私のTCXは2016年モデルだけれど、翌年からシングルクランクになったので最後のダブルクランクモデル。シングルクランクの方が軽量化できるし、悪路走行前提のシクロクロス(泥道周回の競技名から;今はグラベルロードと言い換えることの方が多くなった)では、トップスピード勝負のターマック(舗装路)仕様にする必要がない。都市の適当整備の凸凹だらけの側溝、コンクリート/アスファルト走行には、純粋ロードはルートハンティングの技量と神経が必要だから、本人のコンディションが良い時だけに走れるとは限らないという意味で、ママチャリ的にラフに走れる仕様の方が通勤向きだと思っている。
日本メーカーのグラベルロード_b0060239_23262711.jpg
 MIYATAは通勤用自転車を作ってきた経験からか、チェーンの落下を最小化する二つのギアとそれに噛み合うチェーンも含めて特殊なもの。ナローワイドチェーンリングと呼ばれている。交換メンテや私みたいな人間は改造が常に頭にあるけど、ちょっと気になるぐらい。大抵はノーマル仕様で最後まで乗るというというこの製品としてはそれで良いのだろう。45Cサイズのタイヤはクロスバイクの標準よりも太く、悪路用ということではなく、イレギュラーな市街地の路面状況に、ラフに扱っても対応できるということだと思う。実は空気圧はそんなに上げなくてもよくて、それでパンクもしにくい仕様だというのはあまり知られていない。ママチャリみたいな長所を持っている。
 改造のベースモデルとしても、この伝統技術のクロモリフレームはとても良くできていて、アルミのような経年劣化破断事故を心配する必要がない。我が家にある1988年製のGIANT USAクロスバイクATX 960のとか未だにしっかりしてる。
日本メーカーのグラベルロード_b0060239_23223904.jpg
 比べるべきは、10万円に届かないグラベルロードで、一応、前後ワイヤードのメカニカルディスクブレーキだが、流石にコストダウンでShimanoではないTektro miraで、この辺のコストダウンはシフターも同様にTektroを使っている。シティサイクルメーカーらしい割り切りだけれど、私は、改造、変態バイク作りで、オールディスクブレーキを行ったので、中古のTektro miraをよく使ってきた。メカニカルディスクブレーキ自体が、輪行では、Shimanoであろうがどんなに調整した後でも、外して嵌めると、その度毎に調整が狂うので、結局、メンテが面倒で、全部油圧に変えてしまった。ワイヤードディスクブレーキレベルだと、最新のTektroもShimanoもそんなレベルの差は感じなかった。自転車用のディスクブレーキにおいては、油圧に比べてワイヤード製の良い点は、ピストンが片減りしにくいことか。シフターもmicroSHIFT社製で、Shimanoではないが、思った以上によくできていた。9Sなので、かなり精密に動かないと使用できない。だからかなり頑張ったコンポーネントだと思う。これもかっちり動いてる。ディレーラーはグラベルロードの矜持を守ってMTB系ではなくShimano製Soraが使われて9Sになってる。
 こちらのサイトではかなり高評価で、特に販売サイドのプロにはウケたモデルという私の印象と一致している。これを紹介してくださった我がチャリンコマスターも高評価だった故にここにある。
日本メーカーのグラベルロード_b0060239_00232605.jpg
 Kakaku.comを見たら、本製品についてはロードバイクとグラベルロードの違いや概念がないレヴューがポツンと一つだけあったけれど、不用意なコンクリの凸凹や不整地や雨天時含めてロードバイクで対応できる自信のある巧者でなければ、クロスバイクかグラベルロードが通勤向きだと思う。通勤コースにもよるけど、ロードに乗り慣れていて対応能力が高くて別に何も気にしないなら、ロードのタイヤを嵌めればいいだけだと思う。私は側溝の蓋の段差もあたかも何も段差がないように並行に走っても登ったり降りたり自在なデュアルパーパス型のタイヤの性能を知ってから、市街地を夜も含めて通勤する場合は、サイドにとっかかりのブロックパターンがあって、真ん中がターマック用みたいなタイヤが大好きになってしまった。タイヤは、単体販売のものより、完成車の方が先に進んでいたりする。日々状況の変わる路面を夜間もストレスなしで走るには、ロード乗りのプライドみたいなものとは無縁の私は、グラベルロードに乗り始めた頃から、そちら一択になっている。
 私のTCXも元々、シクロクロス用のタイヤがついていて、市街地から林道を走るのにものすごく良かったのだけれど、林道ダウンヒルで、値段がする上に消耗が激しくて、市街地の凹凸からグラベルまで走れるGIANTのAnyroadのタイヤを履かせている。GIANTのAnyroadは日本のような純粋ロード信奉が強力な市場では、異形過ぎて人気が全く出なかったのだけれど、本国台湾では爆発的にヒットしたと聞いている。まあ、GIANTはTOYOTAのように市場実験的な製品を出す余裕がありすぎて、X-Road(悪路も走れるロードバイクぐらいの意味)の分野が一時期、ニッチが微妙に異なる製品で溢れていたが、さすがに今はかなり整理された。Anyroadも2019年モデルを最後に消滅している。日本経済の低迷の結果なのか、今、私のモデルの後継であるTCX Advance Pro2(2023モデル)は、倍以上の値段になっている。今購入するなら、シクロクロス競技モデルより、さらに悪路走行むきのREVOLTの一番廉価なものしか買えないなと思う。もちろん私のTCXのような油圧ではないし、カーボンフレームでもない、Tektroのメカニカルディスク仕様で10kgを切らない性能のモデルだ。こちらについては、すごい値上がり感を感じてしまった。

日本メーカーのグラベルロード_b0060239_23324949.jpg
 改めて2016年モデルのTCX Advance Pro2の希少性を感じたので、久しぶりにメンテもやって、通信型のサイクルコンピュータの電池交換をして、息子とライドに出かけた。安い時に大量に購入した2032リチウム電池が手元に残っていて良かった。LEDライトもなんとなく同じ値段でバッテリーが小さくなった気もするが、いくつかストックがあったのに加えて買い足した。通勤となると電池交換ができない今の自転車用LEDライトは素晴らしく明るいけれど、帰宅時間が遅くなることを考えると、複数持ち歩く必要がある。なお、LEDライトが高周波発信をするせいで、このサイコンの通信が乱れることがわかった結果、カルト教団が被っているような「金属の帽子」をLEDライト側に被せる必要が出てくるというのも、まあ、色々やってないと分からなかった事案だ。
日本メーカーのグラベルロード_b0060239_23294721.jpg
 重量は12.6kgとあるが、実測したらアルミのクロスバイクと同等ぐらい。まあロードの廉価版モデルの標準的なスペックを知っている人は、ちょっと引く重さで、これがこのモデルの最大の欠点かもしれない。クロモリフレームの剛性と設計が悪くないので乗っている感じでは、重さは感じない。っていうか、これはちょっとアルミフレームでは得られない楽しい体験だった。全然違うよ。
 しかし改めてあちこちのメーカーのチャリンコのモデルの値段を調べたら、エントリーモデル含めて、全体的に40-50%増しぐらいで値段が上がっているのに気がついた。本製品もこのコロナ禍が起きる数年前のデフレ時代なら、6万円台で作り上げたモデルと考えるとなんとなく理解できた。
 安いけど安物ではないし、本モデルの長所の一つはそのスタイルだろう。クロモリのストレートで削ぎ落とされたフレームは、格好良くて、おおって思う。実はこのブラックを息子が選択したことで、CanondaleのBad boyを思い出した。片持ちのアーバンクロスバイクとかで格好良過ぎで、目を引くから、盗難は多そうだ。今どきは目をつけられたバイクは、チェーンカッターと最悪軽トラで短時間で持っていかれてしまうから、それも通勤で使うバイクの性能の一部かもしれない。盗難に合わない見た目、レベルのモデルって難しい。
日本メーカーのグラベルロード_b0060239_20563930.jpg
 久しぶりにチャリンコを引っ張り出してメンテしたりして、こういう時、いつもチコが横で私の作業を眺めたり、構えと言ってきたり、佇んでいたのを思い出した。
日本メーカーのグラベルロード_b0060239_21192526.jpg
  本当に、自転車いじっていても大して楽しくない。作業は最低限しかする気がなくなった。あんなに作業できたのは、君がそこに居て見守ってくれていたからだったんだな。

Commented by umi_bari at 2023-04-01 04:59
凄いバイクですね。
100万円くらいするんではないですか。
今でも天国から、チコちゃんが見守ってくれていますとも。
「お父さん、安全で楽しく乗ってね!」とね。
アラック、今日は休みなので、新聞が来るのを待っていました。
その時に、ゴンとチャンスにぬるま湯とお線香をあげるんですよ。
今日から小学校から中学校勤務に異動になりました。
金曜日は、小田原の国際医療福祉大学の非常勤講師として体育の
授業が決まりました。
人生最後のご奉公になります。
Commented by complex_cat at 2023-04-01 08:17
> umi_bariさん
通勤用で、盗難トラブルなども前提の道具なので、7万円台です。
流通のこともあり、海外スポーツバイクではないこのモデルのおかげで、かなり自転車販売をしている人たちは売るものができて、ほっとしたと聞いております。
今時、しっかりしたシティサイクルも、5、6万かそれ以上致しますので。
チコの墓前のミルクは毎日、家族が替えております。
Commented by 栃内 新 at 2023-04-01 16:20 x
久しぶりにチコに会えてうれしかったです。私のブログは昨日のメンテナンスから正常にログインできなくなって、修正を待っているところですが、まあ毎日書かなくても世界が終わるわけではないのでのんびり待ちます(笑)。
Commented by complex_cat at 2023-04-02 11:17
>栃内 新様、
彼は本当に、私にとって特別な子でした。
先生はじめ、多くの方に彼をずっと見守りいただき感謝しております。
エキサイトはトラブルが結構ありますね。
でも、どうやらブログを拝見すると、戻ったようですね
Commented by oratie at 2023-05-31 14:17
クロモリにぶっといタイヤってかっこいいですよね。
ドロップのクロモリファットバイクが欲しいです。
チコはあっちで元気にやってるんでしょうかね。
Commented by complex_cat at 2023-06-01 14:44
oratieさん、
確かにロードのフレームにぶっといタイヤってドキッとしますね。
私のTCXもここまでじゃなかったので誤差ぐらいに見えてしまいます。
ファットバイク、帯広に行ったときに、流石に土地柄なのか、たくさん見ました。
こっちだとこのバイクマスターのお店でも、ちょっと流行ったときに自衛隊演習地内走るためみたいなのが一台だけ売れたって言ってましたね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2023-04-01 00:54 | My Tools | Trackback | Comments(6)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31