650Cのママチャリミミックチャリ

650Cのママチャリミミックチャリ_b0060239_20222133.jpg

 家族が650Cのクロスバイクで通勤している。私がスタッガートフレームのクロスバイクのGIOS LEABEをママチャリに改造したやつだ。タイヤは650Cの25Cで、ハンドルはセミアップハンドルで、変速機は6段グリップシフト、前後スルーアクセス、Vブレーキ、後輪ボスフリーだが、カセット、スプロケットも準備してあり、前籠、呼び鈴(ロードのもの)、バックミラー、ライトはママチャリ風の発電型も検討したが、スポーツバイク同様に、充電型が今は、めちゃ明るくてセキュリティ上、ありがたいのでそっちで問題ない。そして肉厚で広い、とっつぁんでもどっかり腰を落とせるサドル。要するに重量がママチャリの3/5ぐらいのロードのタイヤを履いたチャリンコということで、とても軽快だ。
 空気圧以外はあまり気を使わずに乗ってもらっているので、いい「やれ」具合になってはきていて、たとえば、駅や職場の駐車スペースに停めてあっても見事にママチャリの群れの中に溶け込んでいる。ミミック、成功である。流石にちょっと磨いたりポリッシュかけようかなという部分は増えてきたので、そのうちやろうかなとは思っている。
 今時はスポーツバイクの車輪はほぼ100%近く700C(ホイールリムの直径が約622mm)の規格になっている。650C(ホイールリムの直径が約622mm)は14年前のこのスポーツバイクコミックの名作『のりりん』発刊時でも、マイナーになりつつあって、その後、順当に絶滅曲線に乗っていった。この作品では、主人公が、友人であった小柄な女性に合わせる意図もあったが、当時はトライアスロンにも使われることからの650C規格のTT(タイムトライアル)仕様のフレームがまだ多く出回っていたこともある。群像劇中、主人公の仲間たち、ロードレース競技志望のキャラ以外ほとんど650C。体躯が小柄な人たちにとっては650Cが気楽に選べないのは少し残念な状況かもしれない、ママチャリの26インチ=650Aか650B=27.5インチが選択肢になってしまったかも。
650Cのママチャリミミックチャリ_b0060239_12561924.jpg
『のりりん』(3)第18話より

 Kestrel 500sciは物語のヒロインの愛車だが、当時は650Cでシートチューブレスの傑作。UCI国際自転車競技連合)適合のフレームと異なり、シートチューブの空気抵抗を消滅させ、ドラフティング(自転車のロードレースなどで、先行する選手の真後ろについて走ること;空気抵抗を少なくするための方法・戦術)殺しと呼ばれたフレームには、私も一時期憧れたものだ。
 当時は状態のいいものがまだ出回っていたが、その分、高額だったので手が出なかった。トライアスロンはドラフティングが禁止とのことなのだが、元々UCI適合フレームの制約は無く、シートポストレスの意味は、ロードバイク競技とは違うようだが、ともかく、メーカー生産の問題からも650Cは縁遠い存在になってるようだ。
650Cのママチャリミミックチャリ_b0060239_13420788.jpg
 ちなみに今回コミックからの資料としての転載をしてしまっているが、それを最初は避けようと思って、AI描画でシートポストレスのTTバイクを描こうと思ったら、本当に訳のわからないゲテモノが出力されてしまう。AIはUCIの規定を守ってるのか、分からないが、どのように記述してもシートポストが消えない。Kestrel 500sciとかcheetahとか思いつくだけの非UCIフレームを上げたけどダメっぽい。そもそもスポークやペダル、などのパーツをAIは理解しているとは考えられなかったので、私のスクリプトの追い込み方では無理だなと思った。

 今、スポーツバイク関連の記事を650Cで検索すると最新の記事でも5年前どころではなく、7〜8年以上前の記事になる。体格が小柄な人にとってはありがたい規格であったのだが、650Cへの回帰、復活をアピールする記事も3年以上前だったりする。この記事も650Cの意味を説明していて、とてもわかりやすいが、既に8年前だ
 650Cは同じ650という数値を用いる規格が三つ存在するので、何を示しているのかちょっとややこしい。それぞれがどのような自転車に使われている規格かということで見ると、以下の通り。ビード長とはタイヤの内径になる。

①650A: ビード長590mm。古典的ランドナー(最近は27.5インチも多い)、26インチのママチャリ(軽快車)

②650B: ビード長584mm。現在主流の27.5のMTBやグラベルバイクがこれ。MTBの26インチは消えていっていると聞いている。

③650C: ビード長571mm。650Cは、かつてはトライアスロン用のバイクのものだったし、自転車コミック『のりりん』掲載の頃には、ちょっとリバイバルで人気が出たりした。小柄な女性がスポーツバイクに乗りたいと思ったら、やっぱり良い規格だと思うけど、当時もスポーツバイク店は、部品やフレーム企画など消滅が予想されているので、部品の取り寄せやメンテも大変になるので、なんとか700Cに乗ってもらうようにしていて、消滅規格とか言われていた。それでも650Cは現在でもごく一部のメーカーから販売されてはいる。一昨年前のBOMA FENTEGIANT GRAVIER DISCなどが目を惹いた。完成車は、それなりの企業生産においてロットが出るので、まだそういうのは可能だろう。ちなみにディスクブレーキタイプだった場合、②と③は互換可能だったりする。それは700CとMTBの28インチが互換可能なのと同じ。私の改造クロスバイクのディスクブレーキ用のフロントフォークは、28インチのそれを流用している。カンチブレーキやキャリパーブレーキはきっちりリムの位置を合わせないといけないので無理なのだが、ディスクブレーキは、ホイール中心からの距離なので、対応できるのだ。
650Cのママチャリミミックチャリ_b0060239_22501227.jpg

 このママチャリ風クロスバイクはタイヤサイズがママチャリに近く、700Cのクロスバイクより小ぶりで、乗りやすく、ストレスが少なく、普段使いで走りに関して、ロードと遜色ないってわけじゃないけど十分な走りが可能ってことが言いたい。
 現在のGIOS LEABEはコスダウンもあるのか、本当にママチャリ用の英式バルブの26インチタイヤをはめた製品になっていた。カタログページを見るとプラグのキャップの形とスポークが38本になっているので、間違いない。いつから仕様変更されたのか確認できなかったがパーツが既にママチャリハイブリッドになっていた。
 軽快車についてもルック車と呼ばれる、大陸メーカーのコストダウンされたものが入ってきていてそれも下火になってきて入るが、基本、フレームの出来と重量がそれらのどちらとも全く違うので、実際取り回しは、とても楽だ。ただ何も考えなくても、どんな扱いをしようが、まずフレームにトラブルが起きないだろうというような日本メーカー品のママチャリの鉄フレームのような強靭性はにはないので、その辺りは注意が必要だ。中古バイクの破損トラブルは一定数あるから、特に、特に中古を乗り回す場合、クロスバイクやカーボンロードではないアルミロードの製品と同様、トレードオフではある。

Commented by umi_bari at 2024-02-25 21:37
アラック、全く自転車のことは分からないんです。
長年、バス+電車通勤ででしたが、その後、駅の
駐車場が確保出来たので、自転車+電車通勤が長かったです。
でも、今は地元の学校か小田原の大学に勤めています。
バスも自転車もほとんど乗りません。
歩く&走るが少しは健康に役立っています。
バイク(自転車)の知識と実践、本当に素晴らしいです。
お見事バグースです。
Commented by complex_cat at 2024-02-27 07:00
アラックさん、
一時期、パーツ組んで、楽しんでいた時の知識です。
最近は、自転車作りやってないので、状況も変わってる部分があるかなと思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2024-02-25 20:46 | My Tools | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30