DSC-HX9V

DSC-HX9V_b0060239_21450467.jpg


 ずっと気に入って使っていたDSC-HX30Vが動かなくなった。現在フィールドではOlympus TG-4が主力メモカメラだが、ちょっとした望遠が効く動画撮影もできるデジカメとして、その中古価格から見ても、後継モデルよりもバランスが良いのだ。最近はむしろ、そのせいか、値段が一定の金額以下になならなくなっている気がしている。もう状態の良い個体も少ないのだろうなと思う。
DSC-HX9V_b0060239_21593236.jpg
 で、中古品でDSC-HX30Vが適当なものがなかったので、安いのものあってそれ以前のモデルであるDSC-HX9Vに手を出してしまった。モデルとしてはより上位に位置していて、作りもよりコストがかかっているのだが、やっぱり、私が完成品と感じたDSC-HX30Vよりも数段落ちる性能であった。
DSC-HX9V_b0060239_22011813.jpg
 DSC-HX30Vは2012年 3月16日 発売ともう12年前、一周回るくらいの年月が経っているが、すでにスマホとの競合にこの辺りのコンパクトデジカメは破れて、CCDセンサーがそれなりの大型で、デジイチのサブカメラになるような高額商品以外は、ほとんどカタログから消滅してしまった。
 SONYのDSCは、さまざまなモデルが出て、防水や屈折型光学系を持ったりしたものも登場したが、DSC-HX30vは、GPSの測地時間についても、ようやく実用的なレベルになったなと思われた製品だった。
DSC-HX9V_b0060239_22014081.jpg
 DSC-HX9Vの写り。ゆっちがちょっと外に散歩に出た時のショット。彼女はもうほとんど外には出なくなったし、出ても我が家の狭い庭を半周したら戻ってきて、玄関を開けろという。猫ドアから出撃していったかつてのお転婆ぶりはもう無理な年齢となった。
 しかしレタッチしてアップしてみると、新品購入時の性能が出ているのかわからないが、抜けの良い画みたいなのが撮りにくいモデルだなと思った。

DSC-HX9V_b0060239_22020331.jpg
 DSC-HX9Vも写りがわけでは無いのだが、というかHX30Vの写りが凄まじくいいなんてことはないのだが、サブカメラとして、スマホよりははるかに、自由度が高く、それなりに写りも気に入っていたのだが、やはりコレジャナイ感が消えないのでしょうがないのだ。
DSC-HX9V_b0060239_22022138.jpg
 お、割と良いなという発色のものを拾って、アップしているが、HX-30V並かそれを凌駕することはない。
DSC-HX9V_b0060239_21164330.jpg
 やはり3台使い潰したということもあるのだが、中古の安美味デジカメカメラとしてはHX-30Vはよくできていた最適解という気がしている。それ以降のものも、画素数と描写性能のバランスと中古価格という3軸で考えると微妙であって、手を出せなかった。これは90V画像。これくらい撮れると及第点だが、むしろ食べ物の物撮りはスマホの得意な題材であるので、スマホも、デジイチも使わず、あえてこれを使うかというと微妙な写りだ。悪くはないのだけれど。しかし、古い古いコンデジだということもあるけど、コントラスト潰れやすいし、ボディなど作りは当時を考えてもそれなりに良いのだけれど、描写力があるコンデジではないという気がする。
DSC-HX9V_b0060239_21205242.jpg
 マナヅルの非家族群。広角側はまあまあなのだが、望遠側が、30Vよりも、若干眠い画になるのは、メモ撮りを考えても、ちょっと心もとない気になってしまう。これは標準〜中望遠ぐらいの画角。
DSC-HX9V_b0060239_21450467.jpg
 トップの画像と同じ。広角は以前の30V通り使える。ブロッコリー、なぜか花が咲き乱れている畑。HX30Vはその意味で私にとっては、購入コストと写りに関して分水嶺的な存在で、それ以上コストをかけるなら、諦めて、手元の古いαデジイチにちょっとマシなレンズをつけて持ち歩く方がマシなので、急速に購買欲がなくなる。そうだ、GPS測地も30Vよりは使いにくく、測地性能も落ちるのも、面倒。デジイチにGPSデータを入れるのも、私のモデルでは実は結構面倒なのだ。
DSC-HX9V_b0060239_21223881.jpg
 このアオサギの画なども典型と同時に、レタッチも含めて要求水準にない画だなと感じる。たががコンデジの画像なので、大きな要求を乗せすぎなのはわかっているが、それは撮影倍率が30Vよりも微妙に低いこともあるのだ。もうちょっと細部が潰れないと良いのだが。
 機会があれば代替機を考えるかもしれないが、しばらくはこれで行く。私の場合、フィールドでの使い方がハードなので、手頃に使い潰して使えてそこそこの性能のものを中古で使っていくのが一番、CPが良いのだ。Olympus TGシリーズもその機能や性能を考えると当然なのだが、気楽に買い換えるには高くなりすぎていて、TG-4の中古で十分なのだが、あちらは屈折型なので、ちょっとデジイチを引っ張り出せるような状況でないときに、そこそこの望遠が使えるタイプは便利なのだ。
 デジイチも二極化した高額モデルの方は、画質のためにCCDが大きくなっているために望遠側の光学系は強くない。それはスマホ自体が、苦手な領域にもなっている。ケレン技で望遠側を伸ばしてきてもしれているし、コンバージョンレンズをアタッチメントでつける方式も、手持ちでフィールドでパシパシ撮るような機動性はない。望遠がそれなりに使えて、それなりに写る、CPの良いコンデジというのは、実はニッチ商品なのであるが、今はほとんど作られなくなってしまっている。

Commented by umi_bari at 2024-02-25 21:56
このソニーのシリーズ全く知らないんです。
一番下の赤いのはダイビング仲間が使っていたと思います。
アラック、全くコンデジを使いこなせないんです。
バッチリの作品を有り難うございます。
お見事バグースです。
ゆっちちゃん、頑張って長生きしてニャ!
Commented by complex_cat at 2024-02-25 21:58
アラックさん、
何種類も買えないので、結局SONY DSCシリーズ固定になってしまってますね。デジイチと違って、他のメーカーの競合品だとどのあたりになるのか、あまり考えて購入したり使ってないですね。
このユッチは、かなりいい感じでスナップできました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2024-02-25 21:49 | My Tools | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30