DSC-HX9V #2

DSC-HX9V #2_b0060239_22421594.jpg
 SONY DSC-HX9V の発売は2011年 3月11日だから、まさに、東日本大震災のその日が初販売日だったことになる。既に13年前の製品。最近は、コンデジがちょっとリバイバルブームになっているらしく、ますます、まともな玉が、手に入りにくくなっている気がする。はるか前に、スマホと競合するようなニッチのものは、ほぼ生産終了になっている。
 私自身、スマホで写真なんぞ撮りやすいって思ったことがないので、まともに写真撮ろうと思ったらデジイチか、サブでコンデジを使うというスタイルはずっと変わってないが、SNSのメモ撮りだと、スマホを使うことは確かに多い。それでもデジカメ→SDカード→MacBookAirのGraphic ConverterでRAWデータ現像→チェック→JPGファイル整理→Google Drive→スマホという流れが、基本になる。スマホで撮れないものの方がまだまだ多い。
 スマホの有利な点は、いつも持ち歩いていること。それだけだし、カメラは持っていないと撮影したいものが出てきた時に、どうしようもない。だから、矛盾するが、スマホももちろん使うし、いつも持ち歩いているカメラという意味では絶対的なアドバンテージがある。
 フィルム時代は、それでも頑張って、大抵の場所において一眼レフを持ち歩いていた。それが最も世界を切り撮れる道具だったから。


DSC-HX9V #2_b0060239_22424077.jpg
 話が逸れた。

 SONY DSC-HX9Vだけれど、以前使っていたSONY DSC-HX30Vが非常に、Just my typeなコンデジで、それをオークションで探していたのだが。良い玉がなくて、たまたまこちらを落として、使いつつ、やっぱりこれ、クラスは上だったけれど、30Vよりも古いモデルだったのでイマイチという判定だった。起動は30Vとあまり変わらないが、やっぱりもっと遅い気がするし、GPSの測地も遅い。何よりも背面モニターの画質が30Vよりかなり落ちて、フィールドでまともな写真が撮れているのか、イマイチよくわからないレベルという部分など、マイナスポイントが多い。
DSC-HX9V #2_b0060239_22421418.jpg
 13年前のコンデジに文句言ってもしょうがないのだが、コンデジは、高額製品しか生き残ってないし、防水タイプも軒並み、一番新しい機種は、そこそこの値段がする。以前だったら中級ぐらいのつもりのコンデジも、現行製品で新品なら思いっきり値段が上がっている。自分のようなフィールドでガチャガチャ使えるとなると、そこそこ使えるモデルだったものを中古市場で見つけるしかない状況なので、今の時代においても、やっぱり性能の確認は重要なのだ。
 で、背面モニターの画質が良くないなというのは、最近思うところでは、でも実際に撮れてる画はそんなにひどくないぞいうことに気がついたというのが、今回のエントリーのポイントかもしれない。
DSC-HX9V #2_b0060239_22431425.jpg
 ということで、ざっと作例を出した。相変わらず、取り出してそこそこの時間をかけて撮っているが、測地データはブランクのまま。デジイチのサブとしてのメインのコンデジはOlympus TG-4を使っているが、そっちはとっくに測地するくらいの時間で、こいつはダメである。30vも測地はそんなに速くはなかったが、もうちょっと気がついたらデータは取れていたシーンが多かったので、本当にだめだ。ちなみにTGシリーズは、今はTG-7の時代なので、このモデルもかなり古い。古いがとりあえず機能的には十分だし、TG-7自体が本当に高額になってしまった。
 さて、DSC-HX9Vだが、13年前のコンデジのGPS性能だとこんなもんだったと言われても、別に違和感はないが、やっぱりちょっと困るなと思う。
 数ヶ月使ってみて、モニターで見た印象よりはまともな画が撮れている。作例とともにそれだけが追加情報。
DSC-HX9V #2_b0060239_23165347.jpg
 タイトルDSC-HX9Vだけれど、最後の3枚はαNEX-6 + E 55-210mm F4.5-6.3 OSSの描写。2012年11月16日 発売で、11年と8ヶ月前のモデルだ。一応、RAWデータで撮ったものだが、現像はGraphic Converter(Mac OSアプリ。同名のWindowsアプリではなく、大変優れたソフト)を使っている。
DSC-HX9V #2_b0060239_23245278.jpg

 デジイチは、相当古いモデルでもRAWで撮ってれば、やっぱり今でもそんなに凹まずに済むデジイチ画質ではあるので、その辺りは、コンデジが極小の画素子で性能を上げるために古いモデルよりは、多少は新しいモデルがいろいろ改良されている結果ということもある。ちなみにこれは初期のαNEX-6で、当時標準仕様の短望遠〜望遠のズーム、E 55-210mm F4.5-6.3 OSSで、水平線まで続く三角波の描写。十分だなと思ったりする。
DSC-HX9V #2_b0060239_23274524.jpg
 レンズキットは、そこそこ撮れてくれないと、交換レンズやシステムや上のモデルを買い続けてくれるユーザーを確保できないから、CPが悪いなんてことはない。入門レンズと呼ばれるレンズに背負わされたミッションで、確かにこうやって改めて使ってみると悪くない。

Commented by bumidayat at 2024-03-27 00:42
なんだかたっぷり水を飲んだような気になりました。
いい写真ですね・・・
Commented by complex_cat at 2024-03-28 09:18
bumidayatさん、ありがとうございます。
こちらの方でもお気に入りの海岸です。
Commented by umi_bari at 2024-03-28 20:36
オーディオの世界に、今でも拘っていて、それに
ユッチちゃんが現場監督とは凄いですね。
さらに、デジカメにも詳しいとは本当に頭が下がります。
お見事バグースです。
アラック、パナソニックのコンデジが4K撮影になったままで、
全てなぜか動画保存になってしまうのを直せないんです。
なので、メインは、Nikon Zfにしていて、サブがCannonのコンデジです。
京都の桜、体験一番の遅さです。
Commented by complex_cat at 2024-03-30 20:09
umi_bariさん、色々機能があっても、結局撮影スタイルで、使う機能は限定されますね。フィルム時代と違って、あまりにも多機能ですが、ただのスティルが気に入った感じで撮れれば、道具としては十分だと思います。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2024-03-26 23:36 | My Tools | Trackback | Comments(4)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31