被弾

被弾_b0060239_11411982.jpg
仕事は,ヤクシカもヤクシマザルもべらぼうに多いところでやっております。でもって,あまり自然度の高い場所を中心にしておりません。伐採跡地など屋久島の奥では余り見かけない蜘蛛の巣も,沢が流れている林の辺縁部などこの季節だけは結構見る場所を中心に動き回っております。
Canon EOS Kiss Digital N, Sigma 3.5-6.3/18-200
 屋久島では,鳥類相は,森林部では貧困です。鳥屋には面白くないところで,自然遺産になる前,自然遺産登録するためにユネスコに提出した資料の基礎となった原生自然環境地域の基礎調査では,一緒に行かれた先輩が,下はヒヨドリとキジ,上に行くとウグイスばかりと嘆いておられました。これは,自然度の高い森林とは言え,杉を優占種とする林ですので,昆虫相は,標高が700m以上ともなると限りなく貧困であるためなのですが,そのお陰で,深部ではブッシングをしていても蜘蛛の巣が顔にかかることはまずありません。かつて標高1200〜2000mを歩き回っていたとき,目にした昆虫はヤクシマザルの糞を食するセンチコガネ(「錬金術」参照)ぐらいでした。

被弾_b0060239_11425317.jpg
いろいろな場所を歩き回ると,こんなものを体にくっつてけたりします。アカボシカミキリの仲間だと思います。ブレークタイムで下に降りて,いつもの美味しいコーヒーを頂くお店に入って発見。こういうものは,まぁ可愛いものです。
Canon EOS Kiss Digital N, Sigma 3.5-6.3/18-200
 で,何やらお腹当たりに違和感があり,シャツを捲ってみると,ズボンとシャツ,トランクスまで,血に紛れておりました。
 腹に小さな穴が穿たれていて,そこから血がたらたら。
 「なんじゃ!?こりゃ〜?!!」と故松田優作氏の有名な台詞(私の世代は再放送でギリギリ見てますね)を口にしたわけではありませんが,そのとき私の出血した腹からこぼれ落ちたものが・・・足下には,血まみれの黒いバレットー銃弾の様なものが転がっておりました。




被弾_b0060239_16474480.jpg
チンピラの放った銃弾ではない証拠に,血の痕を引きながらうねうねと,移動中。
Canon EOS Kiss Digital N, Sigma 3.5-6.3/18-200
 やられちゃいました。普通は首や腰に取りつくまでに気がついて外さないといけないのですが,思わず話に夢中になって気がついたらたっぷり飽食しておりました。

被弾_b0060239_11482599.jpg
しっかり血を吸って体積比50倍以上に膨れたヤマビルMountain leechは首をフーリフリ。だから,シカの多いところで,調査するのやなんです。
Commented by pon at 2006-05-13 18:06 x
話にはよく聞きますが、すごいですねぇ・・・。ところで、danchyuにキビナゴの記事が載っていました。う~ん美味しそう!と唸りました。鹿児島のなにやら読めない島の特産とか。岩のりとの天ぷらが美味しそうでした。おスシもね。こちらでは新鮮なものが手に入らないので、生協の「キビナゴ南蛮漬け」で我慢しています。カナシ~
Commented by kenpyan4 at 2006-05-13 18:56
なんと危ない!
ヒル・・・痛いんですか?
私はまだ見たことはありませんが、地元にはシカもサルもウグイスもキジもひよどりもいますから、きっと居るんだろうな~。
Commented by kyoko_fiddler at 2006-05-13 19:47
ぎゃあああ
Commented by fujiko_mine8 at 2006-05-13 19:54
ひええええ・・・・
クリック注意って書いてあるにもかかわらず、
書いてあるとよけいに見たくなってしまうもので。。。
これって大きさはどれくらいのものなんですか?
Commented by complex_cat at 2006-05-13 20:20
pon さん,キビナゴといえば,ビックコミック連載中の「魚河岸三代目」で,今回,築地市場でキビナゴを取り扱うことが難しい理由が書いてありました。と私の情報ソースはもっぱらコミックですね(笑)。
Commented by complex_cat at 2006-05-13 20:25
kenpyan4さん,実は危なくないです。以前にも書きましたが,世界的にみても昼が媒介する病気は少ないのですよ。ただ,服に血がつくのでそれが面倒なだけです。痛くも痒くもないです。傷跡が時々少し痛がゆくなるくらいです。
Commented by complex_cat at 2006-05-13 20:26
kyoko_fiddlerさん,久しぶりに,絶叫二連発。ありがとうございました。
Commented by complex_cat at 2006-05-13 20:41
fujiko_mine8さん,拙ブログの絶叫カード,再品は少し減りましたけど,坊主めくりと同じで,油断して猫ブログだと思っていると危ないっす。
http://complexCat.exblog.jp/4626109
に上げたものと,ほとんど長さは変わりません。
Commented by beatlose_z at 2006-05-13 21:24
被弾したのは1枚目の蜘蛛の巣かと思えばcomplex_catさんの体だったのですね!!
体積比50倍以上ってことは元はかなり小さいのかぁ・・・って考えると怖いです^^;
Commented by complex_cat at 2006-05-13 21:36
beatlose_zさん,なんのなんの,ハナヒルと呼ばれる小型のヒルは,沢の水に紛れて,飲下されて,咽頭に張り付いてそこで何十倍にもなって,外科手術しないと取り出せなくなるというもので,とてもショッカーなやつです。ずっと前に屋久島で後輩が掬った水を飲もうとして発見したことがあって,それ以来,私自身は気をつけていますが,実際に屋久島でそれ以外の情報を聞いたことはありません。
 ハナヒルに比べれば,冗談のようにかわいいやつです。実際,私も含めて,生物系アウトドアの友人たちがフィールドで時間つぶしをするとき,ヒルは幼児にとってのダンゴムシのように,いつもそばにいて遊んでくれる「お友達」でした。焼いてみたり切ったり,ご飯を炊いたコッフェルを熱源として認識するか試したり・・・
Commented by Lilywhites at 2006-05-13 22:14
松田優作のくだりは大笑いしてしまいました! そのリアクションって若い人にはよくわからないかも。
ヒルにやられたことがないのですが、こんなになってしまうんですね...怖いのと同時に茄子ですねこりゃ。
Commented by dojou7 at 2006-05-13 23:21 x
私も釣りに行って、靴下真っ赤という経験あります。
ほんとに血の気が引きますね。
Commented by yuu8972 at 2006-05-13 23:52
ヒルにも負けず、足場の悪さにも負けず、
雨にも初夏の暑さにも負けぬ
丈夫な身体を持ち
家族を愛し、耳の尖った息子達をかわいがり、
いつも静かに笑っている
南に朝日蟹がいると聞けば行って、わしわしと食べ
西にきびなごがいると聞けば、ちゃっちゃとお刺身にする
そういうものに私はなりたい(笑)
Commented by みゃ♪ at 2006-05-14 01:13 x
水滴のクモの巣、綺麗ですね。
うちの方のクモの巣はそろそろ、羽虫がいっぱいかかるようになってきました。
またそこに、お約束のように頭を突っ込むヤツが一匹・・・(;;)
Commented by complex_cat at 2006-05-14 07:10
Lilywhitesさん,大丈夫ですよ,ここ年齢層高いし,特集番組でやっていたりしますから(笑)。ヒルは血袋ですね。
Commented by complex_cat at 2006-05-14 07:17
dojou7さん,屋久島の調査では,長靴,長靴下が必須です。普通は長靴の仲間で入れても,そこで丸まって困ってますけど。
 雨が降らなければ,エアーサロンパスを靴にかけておくと効果があります。体に着いても一吹きで落ちます。
Commented by complex_cat at 2006-05-14 07:21
ゆうさん,c_cの理想ですね。お見事。私もなりたい。
Commented by complex_cat at 2006-05-14 07:22
みゃ♪さん,クモの巣多いのですか? この辺りは露払いの猫が多いのか,二匹ともあまりクモの巣引っ掛けてこないです。
Commented by einnonti-H at 2006-05-14 09:15 x
いやはや凄いレポートです。
先ずは探検、ご苦労様でした。

カミキリにはチト五月蝿いHですがアカボシは関東では見かけない
ので少し感動してたりまします。こいつも「ミーミー」泣きますか?
ヒル・・・肩こりに効くといいですが・・・試す勇気が珍しくありません。
鹿が多い所に生息するとの事ですが何か理由があるのでしょうか。
Commented by complex_cat at 2006-05-14 18:25
einnonti-Hさん,一般にシカはヒルがちをすい放題の動物なので,これが多い山林で,特にホウロクイチゴや木々の実生など,シカの餌が豊富な伐採跡地といった場所では,ヒルがものすごく多いです。関東方面では,故大山館長が修行されたことで有名になった清澄山など,現在では「地面が動く」ほど居ると聞いたことがあります。ヤクシマザルは,ヒルに取り付かれても自分で外せるので,猿の分布地域よりもシカの分布地域がくせ者です。
 カミキリについて,首筋でそういった音を鳴らすことについて,この種がどうだったか覚えておりません。結構見るのですが。
 肩こりの話はいつも気になりますが,しゃ血は,それ用の医療器具があるので,そっちの方がかゆくなったりしなくてよいと思いますが,でも,たっぷりよけいな血を吸ってくれると思いますよ。
Commented by nezumineko at 2006-05-15 22:35 x
いつも、クリック注意が楽しみです。
とりあえず、シカじゃなくてサルの仲間に生まれてよかったです。
Commented by complex_cat at 2006-05-15 22:55
nezuminekoさん,最近,絶叫カード少ないのですが,楽しみにしてくださってありがとうございます。
 赤いキスマークがなかなか,消えません。
Commented by neko-no-mori at 2010-08-14 10:14
・・・何にショックを受けたかって、
「何じゃこりゃぁ~!」
が、再放送だったんですね。。。リアルタイムで見てるぞ。
Commented by complex_cat at 2010-08-16 07:51
neko-no-moriさん,おほおほほほ・・・・まあ,誤差ということで・・・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2006-05-13 11:37 | Nature Islands | Trackback | Comments(24)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30