あしび倉

あしび倉_b0060239_20151832.jpg
「あしび」というのは「馬酔木」ではなく,奄美方言で「遊び」の意味です。ここの料理(と良心的な値段)がすっかり気に入ってしまって,島に渡ると必ず寄るようにしております。余り名前は出したくなかったのですが・・・
 「あおさ」の天ぷら,奄美大島の更に離島であるカケロマ島の自然塩で頂きます。アオサではなく、アサクサノリ、いわゆるアオノリの仲間です。

あしび倉_b0060239_20155428.jpg
「あおさ」は,本土など,窒素分,有機物で汚染された海岸で浜に打ち上げられて腐臭をまき散らすあのアオサではなく,アオノリの仲間です。奄美大島でも徐々に海岸汚染が進んで,採れる海岸が少なくなってきております。
 この天ぷらは,奄美では一般家庭料理で,時期になるとどの家庭でも普通に食されているものです。土産物用でも売ってますが,揚げ物はその場で食べないと,どんなに美味しいものでも,いや,美味しいものほど,落差は大きくなります。
 このお店のものは,さらに一工夫してあってモチモチして最高です。料理法は,ここのオリジナルなので,勝手に書くのは止めておきます。因みに海老も入っております。
 「アオサ」は,汁物などにも使われます。

あしび倉_b0060239_20165941.jpg
シビは,メバチ、キハダ、ビンチョウマグロの若魚の総称で,鰹の腹皮ならぬ,シビの腹皮の南蛮漬けは絶品でした。鰹のそれよりも癖無く美味しいものです。この時期は,シーズンで,南九州本土でもマーケットにおろしたブロックが列びます。とても安くて刺身増量にはあり難い魚です。ただ,一度,仲間4人で,鰹と一緒にでかいのを数匹,漁師さんから貰って食いまくったことがありましたが,シビはあまりに癖無くさっぱりしていて,それが逆に鰹よりは,すこし飽きやすいかなという結論に達しました。もちろん参考になる話ではありません。まぁ,人間,どんな好きなものでも,死ぬほど食べては駄目ですね。因みに一般に「鰹の腹皮」として売られているものは,保存用の塩辛い干物です。

あしび倉_b0060239_20184516.jpg
トロトロに煮込まれた,豚足と最近は屋久島などでは採れなくなったと言われる夜行貝の刺身。奄美ではかなりまだ水揚げがあるようです。もちろん,島バナナとおなじで,外に流通するほど採れるものではありません。サザエ型の巨大な巻き貝の巨大な貝柱を薄く引いたものですが,とても柔らかいです(夜行貝の貝殻の画像は「いつもの海とパスタ」参照)。

あしび倉_b0060239_20231576.jpg
墨汁は,ミズイカを本体のイカスミで煮込んで,塩で味付けするものですが,独特の深みのある味が絶品です。イカの身,そのものもそんなに時間をかけて煮込まないのに,もの凄く柔らかいのが不思議です。

あしび倉_b0060239_20235870.jpg
本日の黒糖酒は,こちら。樽・瓶を借りて,そこで寝かせてあります。ロックでぐっと行きます。好みの方ではありませんが,美味しいです。

あしび倉_b0060239_2341443.jpg
黒糖は,折角の度数を薄くしないように氷り一個で我慢。
 締めて,2,500円也。
以上,全てIXY D400
Commented by Lilywhites at 2006-05-19 22:49
お疲れ様です~♪
見たことのない料理の数々ですがウマソ~ですね! これを肴に黒糖酒って、うん、これはいいでしょうねぇ~♪ 羨ましいな~と(笑)
Commented by complex_cat at 2006-05-19 23:00
Lilywhitesさん,奄美から携帯で,moreなしの絶叫カードばかりアップしたものですから,これが本当のお口直しでございます(笑)。
Commented by beatlose_z at 2006-05-20 00:28
2500円、リーズナブルですね~旨そうだ。
黒糖つながりで・・・黒糖梅酒というのにハマってます^^
甘いのダメな人にはオススメじゃないですが。
やっぱり、ロックが美味しいですよね~

下の宇宙戦争の記事、1枚目まさにそんな感じですね!!
カッコイイと思っちゃいました。
Commented by yuu8972 at 2006-05-20 00:48
もうもう、ごちそうさまでございまするー。こうやって、いろいろ
ゆっくり飲んだり、食べたりしたいものです。
Commented by kojiro-net at 2006-05-20 06:46
うまそー。これで2500円は安いですね。
墨汁に惹かれますね。
奄美方面に行く機会があれば食べてみたいものです。
Commented by complex_cat at 2006-05-20 16:19
beatlose_zさん,黒糖梅酒? 知りませんでした。砂糖に黒糖を使っているのかそれとも・・・黒糖酒や芋焼酎で梅酒を作ると癖が抜けてものすごく美味しい梅酒になります。
Commented by complex_cat at 2006-05-20 16:20
ゆうさん,そちらの海の幸は,またすごいと思います。所変わればということなんでしょうけれど,甘エビを食べるたびに,みそが食べられる新鮮なものを思います。
Commented by complex_cat at 2006-05-20 16:22
kojiro-netさん,多少は,私の顔を見て,安くしてもらっていると思います。墨汁,ヤギ汁,どうかお試しください。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2006-05-19 20:27 | Appetite Museum | Trackback | Comments(8)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30