廃牛舎

廃牛舎_b0060239_20353773.jpg
調査中にこのような風景にぶつかることは少なくありません。放棄されたファームで,訳ありなのかロックアウトもされていませんでしたので,知らずに迷い込んでしまいました。
 安全な牛乳を作るにはものすごいコストがかかると聞いたことがあります。そうでなくても,日本の畜産は脆弱な事業体が多く,経営が大変で,このようにつぶれてしまうこともあるでしょう。
Canon EOS Kiss Digital N, Carl Zeiss Planar 1:1.7/50 T*

廃牛舎_b0060239_20393793.jpg
牛乳の消費が伸びない一方で,生産拡大の結果大量の牛乳を捨てるという話も最近のニュースにありました。一方で,日本で販売されているナチュラルチーズのお値段は,同じ重さの黄金のように高いと言われております。牛乳もチーズも好きなので,地元で安全なものが,もう少しお値打ちなお値段で供給してもらえるならばこんなにありがたいことはありませんが,今の日本,難しいのですね。
Canon EOS Kiss Digital N, Carl Zeiss Planar 1:1.7/50 T*




 お金を稼ぐということを最終目的にすれば,皆,錬金術のような虚業が一番効率が良いとばかりに若い人だけでなく,良い年齢の大人も,みんながそっちに向かっていけば,どうなるよ,と思います。
 法律に触れない方法で金を稼いで何が悪いかって? 職業に卑賤は無いか。でも,本当に人間が必要なものを生み出そうとしている人たちを大切にしない都市や国家は,滅ぶでしょうな。自分所で作らなくても外から持ってくれば良い? どっかの知事も同じこと言っていましたね。頭良い〜。本当にそうかな。

 能書きはともかく,このような廃墟を見つめ直して撮影しようという意識が生まれたのも,師匠であるみおさんのお陰だと思います。テキストでたらたらと書いたような話は,ずっと前から考えていることですが,自分の被写体としてとらえるという行為にまでは及ばなかったのです。今回,自分で画にしてみて,また,いろいろ思いが出てきました。人の作品や思いを知ることは,視野を広げてくれますね。
Commented by dojou7 at 2006-06-02 21:26 x
むかし筑波で最新鋭の牛管理システムを見たこと思い出しました。
こんな設備だれが導入できるのか?と。
Commented by complex_cat at 2006-06-02 21:37
dojou7さん,それとF-1のような「先端実験場」の価値や意味はもちろんあるでしょうけれど,私の経験から云うと,沢山研究費がつく研究こそ,くせ者だったりします。
Commented by みお at 2006-06-02 22:27 x
TB、ありがとうございます。廃墟には文化や人の記憶や社会問題が凝縮されていますけれど、社会派のカメラマンでなくても、それを撮ることでいろいろなものが見えてくるだろうと思います。農村部の廃墟は安全度が高いと思いますが、最近は死体が出てきたり危ない人が出入りしていたりするので、気をつけてください。
Commented by einnonti-H at 2006-06-02 23:14 x
その廃墟、とてつもなく写真撮りたいです。
是非当方のお宝コレクションに・・・
Commented by complex_cat at 2006-06-03 09:01
みおさん,友人はドラえもんならぬ土左衛門に遭遇したりいろいろありますが,私の場合,そっち系のハプニングは少ないですというか,全く無縁です。
Commented by complex_cat at 2006-06-03 09:02
einnonti-Hさん,撮影が可能なときはご一報ください。GPSデータを入れておりますので,位置は落とせます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2006-06-02 20:44 | Oracle of Cat King | Trackback | Comments(6)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30