望遠系

望遠系_b0060239_21594653.jpg
私が鳥屋では無いこともあって,実際の所,あまり今時の望遠系のレンズを持ちません。
Canon EOS Kiss Digital N, Carl Zeiss Sonnar 1:2.8/180 T*
 望遠レンズによる広角表現,なんつって。

 望遠系の使用レンズは
1) Minolta Rokkor 800mm/f8 (Y/C改造マウント)
2) Carl Zeiss Sonnar 180mm/f2.8 T* (plus Muter II X2)
の他は,
3) Canon Zoom Lens EF 75-300 1:4-5.6 III
ぐらいです。望遠と名の付くレンズはとりあえず,MC Rokkor 200mmとかRマウントのLeica 135mmとか,持ち合わせている程度です。他にクラシックレンズの135mm軍団がありますが,そちらは,今日的にはいわゆるテレスコープ的像を得るには,50mmを標準とするとX3未満の望遠倍率ではあまりに中途半端です。

望遠系_b0060239_22411280.jpg
クラシックレンズをオリジンとする135mmは,もとは,いわゆる大判カメラの標準レンズであったことから,光学系がそのまま流用されたものが多く,その結果,フランジバックの関係から,最短撮影距離は5mとかなんてのはざらなので,ポートレイト撮影などへの利用も制限されます。使い勝手の問題もありますので,結果的に
ベローズに付けて望遠マクロとして使った方が良いと判断しています。
Canon EOS Kiss Digital N, Carl Zeiss Sonnar 1:2.8/180 T*
 小さい子に人気のチコベェ。尻尾握られてますけど,虐められている感じじゃないので,彼も許してます。


望遠系_b0060239_224219.jpg
あと,借りて使うことのあるNikkor ED 600mm/f4 (plus X1.4)がありますが,今日では,X20〜X40のスポッティングスコープの接眼レンズを交換して撮影距離の柔軟性に余裕のあるコンシューマ・デジカメを付ける,いわゆるデジスコの画像があまりにも良くなっており,飛翔中の鳥を捕るのでなければ,返って撮影自由度は高かったりします。勿論,F値の問題で,決して高速でシャッターを切れないのですが,ISO高感度時におけるノイズもどんどん小さくなってきていますので,Leica,Swarovski, Zeiss, Kowa, Nikonといったメーカーのグレードの高い商品を使えば,鳥さん雑誌程度には,印刷原稿レベルとして使える画像ファイルを得ることが出来ます。
Canon EOS Kiss Digatal X, Canon Zoom Lens EF 75-300 1:4-5.6 III
 公陳丸の天使の翼。

望遠系_b0060239_22433096.jpg
ネイチャーフォトで立派な原稿料が取れるような方であれば,デジスコ使うわけにはいかないでしょうけど。実際の所,観察と撮影と両立させようとすれば,デジスコが楽と言うことになります。知人のバードウォッチャーの画など,ここでご紹介できないのが残念なぐらいの種の多様性と過不足ない見事な鳥類写真ですが,彼女はそれを全部当てデジ(接岸部にデジカメ合わせてシャッター切るだけ)で撮っているときいてひっくり返りました。
Canon EOS Kiss Digatal X, Canon Zoom Lens EF 75-300 1:4-5.6 III
 オートフォーカスレンズのズームは確かに便利です。廉価ズームレンズでも望遠系はあんまり馬鹿にしたものでもないです。これは,レンズ専門メーカーが頑張っていることも影響しているかもしれません。むしろダブルスタンダードで有名な某社では,廉価版単焦点の手抜きが酷いかも。



彼女には吉村先生(地下の幼虫世代が13年とか17年とかということで有名な素数蝉のお話で,最近も爆笑問題とディスカッションする?番組に出演されておられました。この著作は謹呈いただきました)と,
 素数ゼミの謎
吉村 仁 / / 文芸春秋
ISBN : 4163672303



生物資源管理論における過度の搾取で,現在の資源枯渇を早くから予測されていたColin W. Clark博士をクロツラヘラサギの越冬地に案内したときも助けて貰いました。
 その時感じたのですが,バードウォッチャーにはスポッティングスコープの使い方は勝てないと云うことと,下手なカメラ用超望遠レンズより,鳥を楽しむならデジスコ岳に割り切ったの方が楽だということです。分かっていることは,カメラ用望遠レンズだけはこれ以上,増えないだろうと云うこと(多分)。
Commented by ayrton_7 at 2007-11-14 11:54
素数の年数だけ地下にいるとは、驚きですね。
Commented by complex_cat at 2007-11-14 22:06
ayrton_7さん,非常に面白いです。私が大学院の時の試験問題に,その進化的な仮説についての問題が出ました。ちなみに,Wikiなどの記述は,根本的に間違って紹介されています。「種の保存」のためなどと書いたら,近代生態学を全く理解していないと云うことになってしまいます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2007-11-13 14:08 | My Tool | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29