もやしもん増殖中

もやしもん増殖中_b0060239_21212686.jpg
コミックにワイフも填り,アニメ版,息子達全員で,コミックだと「色がわからんから」とYouTubeにてチェック。填ったらしいぞ,「もやしもん。」

もやしもん増殖中_b0060239_21223254.jpg
麹黴Aspergillus oryzae君と白癬菌(水虫)君。作って〜と言ったら,長男がケロロ軍曹より簡単だと,ささっと作ってくれました。麹黴君は,色から言えば,黄麹黴かな。設定上,日本酒だしね。焼酎屋への麹黴を提供するもやし屋の倅なら,黒麹黴君になっていたかな。
 醸すぞ〜

もやしもん増殖中_b0060239_2123254.jpg
コミックからの書き出し。ウン,こういう絵柄スケッチしても,勉強にはならんけど,恐竜にしても,菌にしても,名前は覚えるなぁ。
 顕微鏡スケッチは,結構好きでしたが,微生物学のそれは,あまり覚えていません。実験は,楽しかったなぁ。水道水を培地にかければ,黴だらけ。
 昆虫学では,指導教官が,「俺,何でも一筆書きなんで,気にせず描け。おお,c_C上手いなぁ」と褒めてくれて,全然嬉しくありませんでした。私に進化生態学,行動生態学,社会生物学の門戸を開いてくださった恩人です。恩師が学生だったときのメンバーは,日本の昆虫生態・分類をその後背負って立った錚々たる方々でした。1970年代も末近く,ソシオバイオロジーのムーブメントについては,多分,日本では最も早く気がついていたと思われます。

もやしもん増殖中_b0060239_21265756.jpg
次男と末っ子の合作。というか,末っ子が,難しいところを全部次男にやんちゃ言って,描かせている模様。実は,もやしもん,描いている画用紙は,既に何枚分にもなります。
もやしもん6巻限定版 ぬいぐるみ付き
石川 雅之 / / 講談社
ISBN : 4063582434




 予約してしまった。6巻の発酵発行後,一緒に送ってくる模様。そんなわけでイメージがまだありません。このコミック,農学部に対するイメージアップ?としては,相当な貢献をしているかも。実学としての魅力に溢れているとアピールしています。

追記ー見ていると,作者,コミック版編集者,アニメ版・プロデューサーともSETとTEMの区別がついていないとか,ニキビダニの話を聞いて及川嬢が自分の顔に除菌スプレーする楽しいシーンがカットされているとか,細かいことがいろいろ気になります。
 雰囲気的には高橋留美子氏のコミックの後継的なものを少し感じますね。2巻はほとんど,彼女なし理系大学生をプロトタイプ的に描いた青年の妄想的テーマになってました。両津さんのコミックのようにSFに振れないのでこれからの展開,ネタが続くのかなと少し心配。
 王道楽土,飛行帽,粘菌など,ナウシカネタ,パロディがかなりあります。大学生ではまる人多いだろうな。




もやしもん増殖中_b0060239_21274449.jpg
母が,実家,玄関で転倒,骨折。明日手術。恐れていたことが起きて,先ほど手術前の個室に電話。口だけは回っていました。正に,老人が一番気をつけねばならない大腿骨間接部位の骨折でした。父母とも直ぐに救急車を呼ばず,土日を挟んでここに書く気も失せるほど,放置。怒る気にもなりませんでした。幸い,直ぐに病院に行かなかったことによる明確なネガは出ていないようです。しかし,今日は気が滅入ることばかり。
 昨晩は,学生さんと飲んで,絶好調。金欠状態で,有り金,全部押しつけたため,飲み屋街から歩いて帰る羽目になりました。12kmほどありましたが,最期はほとんど疾走。体だけ,元気。歩いて帰ろうという発想が出てくるところが,今は,なかなか健康。
 陳家二路の勁道などの感が取れだしたので,練習をちゃんとしたいけれど,仕事もプライベートも,それどころじゃない。本当は,ブログアップなんぞしててもいいのかと云うところかも知れませんが,精神安定のための日記。チコは,本日,銀行レディの訪問に,ちゃんと,彼女が帰るときには,お送りしたそうです。借金に有利に働くはずもないけど。
 余裕無く,人様のブログにあまり遊びに行けません。ご容赦下さい。
Commented by nezumineko at 2007-11-19 22:23 x
猫はノートPCと同じくらいの大きさなんだなと、改めて感心してしまいました。
Commented by complex_cat at 2007-11-20 07:23
nezuminekoさん,ユッチで丁度,首一つ分,上に出ます。
Commented by pon at 2007-11-20 10:02 x
年齢を重ねると、骨折そのものより骨折による入院で歩けなくなることが多いようです。そんなにお年ではないとは思いますが。リハビリが大変ですよね。お大事にどうぞ。我が家もそうですが、なかなか飛んでいってあげられない距離にいるといろいろ心配ですね。
Commented by kana3160 at 2007-11-20 10:36
8月頃から、気がめいる事ばかり・・・・そんな時はブログをつける気にもなりませんでした・・・が、そんな事いってると、どんどん滅入るよね。みんなのコメントにたくさん救われて・・・ブログに感謝。。。みんなに感謝。
親って、どんどん年をとっていくし、いつか自分も年をとるけど、同じように判断を鈍ったり、深く考えたりする事を怠らないようにだけはしようって思うよ。
いっぱい喋っちゃったけど、とりあえず、「もやしもん」ポチッと☆
(・・・・気になってしょうがない。)
Commented by complex_cat at 2007-11-20 12:46
ponさん,母は,強制されてとか義務で体動かすの苦手で,リハビリをまじめにやる人じゃないので,そのあたり,どうなるのか,結構不安材料ですね。
Commented by complex_cat at 2007-11-20 12:47
kanaさん,家族の危機というのは,これから増えると思います。
もやしもん,1巻もしくは最初のエピソードからどうぞ。
Commented by みゃ♪ at 2007-11-22 20:01 x
長男くん、うまいですねぇ。
私も、もやしもんは前から好きでした。
ストラップもありますよ~。
Commented by complex_cat at 2007-11-22 22:38
みゃ♪ さん,有り難うございます
流石よくご存じですね。今日はA. ニガー君を作っていました。
焼酎の黒伊佐錦などで知られる黒麹黴君です(笑)。
Commented by kyoko_fiddler at 2007-11-23 09:17
…ついに読んでしまって、脳みそかもされ中です。1巻買って、そのあと4巻まで「大人買い」。(5巻書店になかった)ストーリーそのものは、樹教授が面白い他は特にピンときてないんですが、いろいろ出てくる菌が面白くて、6巻ぬいぐるみつき予約しちゃった。
前にC_Cさんがもやしもんの引き合いに動物のお医者さんを出していましたが、あれはそもそも、それまでいろいろな作品に、作者が意味なく動物を描き込むので、編集者が困って「じゃぁ獣医さんを主人公に」って設定したものだそうですから、対象にするのは無理ですよー。もともとあの作家さんは「おかしなヒト」しか描いていません。生々しいものを描くことはしてこなかったようです。だから、「動物の」以降、編集者が路線を勘違いしたのか、ヒットするのがないんですよー。
Commented by complex_cat at 2007-11-23 20:31
kyoko_fiddlerさん,ほほほ醸されてますか。なるほどおかしな人たちか。あれ以後の佐々木倫子さんの漫画では『Heaven? 』は結構好きでした。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2007-11-19 21:25 | Kids and friends | Trackback | Comments(10)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29