尻尾の形状

尻尾の形状_b0060239_22392125.jpg

 そういえば,我が家の耳の尖った子供達,鉤尻尾は公陳丸だけです。彼の場合,元々アイスバーのようにあまり長くありませんし,曲がりも僅かです。
“かぎしっぽ”の猫、どうして生まれる? | Excite エキサイト
 ネコの鉤尻尾は,私の記憶が確かならば劣勢ホモだったと思います。長尾型の遺伝子が入ってきた現在でも残っておりますが,猫の尻尾の形状は,ペットということもあって,現状では淘汰圧がかかっていないのでしょう。これが,例えば,森林環境に高次適応しないとダメとかいう状況になると,他の哺乳類の例から言えば,鉤無し長尾型が有利になったりする可能性はあります。しかしネコの場合,ペットですし,純血種に限らなければ人間による選り好みの選択圧(長いまっすぐの尻尾の子ほど大事にされるなど)も大したこと無いので,何ら問題なく現在も鉤尻尾を目にすることになるのでしょう。毛皮の紋様がでたらめなのも,厳しい選択圧などとは無縁である証拠でもあります。野生化したノネコの個体群の場合,流石に白色とかのソリッドは,見かけません。オーソドックスなタビーばかりです。

尻尾の形状_b0060239_1832213.jpg
ただ,我が家で立体空間利用能力はチコ≧ユッチ≧公陳丸>ナッチという感じですが,あまり極端な差は感じず,むしろ個性の問題というところです。実際のハンティングなどにおいてハンディが出るかと考えれば,少々こじつけっぽいですが可能性はあるかもしれません(アクロバティックな空間利用における猫の尻尾の動きは,「ベランダ」,参照)

尻尾の形状_b0060239_2211345.jpg
コウチンは,雄だけあって,運動能力は高いのですが,チコやナッチのように丸い金属手すりの上を歩くことはしません。このようにモノレールのように跨いでいました。尻尾の長さで,多少のハンディがあるかもしれませんが不明です。立体空間利用により,採餌効率に差が生じて,最終的に適応度にまで影響すれば,というか,古典的哺乳類屋さんの考え方だと,ともかく,その状況なら「尻尾はまっすぐ伸びる」形質が有利,ということになりそうです。


こうやって,仕掛けるタイミングをとるためにふりふりすることもありますが,鉤であっても,そんなに困るとは思えません。まぁ,これは姉妹のじゃれ合いですけど。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2007-11-23 22:52 | Cat Family | Trackback | Comments(0)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29