α700〜高感度とAF

α700〜高感度とAF_b0060239_22551160.jpg
本日,背筋を痛めたので,夕方治療院へ。治療に2時間かかりました。
 冷えた日でしたが,チコは,相変わらず出掛けていきます。
ISO6400, F2.8, 1/6 sec.の低照度。手ぶれ低減機構の御陰もあって,夜の猫を追っかけるには,ありがたいです。Nikon D3並とはいいませんが,それなりに使える高感度6400。
Sony α700, α AF 24mm/1:2.8

α700〜高感度とAF_b0060239_22553564.jpg
もう少し明るい条件での撮影。ISO6400, F2.8, 1/20 sec.
Sony α700, α AF 24mm/1:2.8
 行くの?




α700〜高感度とAF_b0060239_230692.jpg
α700のクロスセンサーは,中心部に固めてあるので,逆に,中心部でピントを捉えようとしても,僅かにずれた場所にコントラストの高い被写体があると微妙にずれるのではないかという問題があるようです。こういった構図の場合,AFではなく,まともなフォーカシングスクリーンとまともなファインダーを使ったMFで使うので,余り気になりませんが,フォーカスアウトした場合でも,どれかセンサーがフォーカスをさっと拾って復旧する早さをEOS Kiss D N/Xと比べると,ややまごつくAFの挙動と合わせて,まだまだ,差を感じます。お気楽に撮ってもスパッと合焦する確率はKiss D N/Xの方が上ですね。
SONY α700, α AF ZOOM 100-300/1:3.5-6.3

α700〜高感度とAF_b0060239_2311683.jpg
ナベヅルのコートシップ。既にペアリングが完了して雛まで連れていても,絆の確認行動として,しばしば観察されます。
 儀式化された求愛行動のシーケンスは,攻撃行動(縄張り防衛時のユニゾンコールなど)から流用されているのが興味深いです。微笑みや儀式化された親愛を示す行動の起源は,共通の敵に対する攻撃行動だという説を述べたアイブル・アイベスフェルト の著書を思い出します。あいつは俺の敵であると同時にあんたの敵,だから俺たちゃ仲良し・・・というやつです。
愛と憎しみ―人間の基本的行動様式とその自然誌
アイブル・アイベスフェルト / / みすず書房




 とうとう自社製量産フルサイズCCDを持つに至ったSonyが,ボディ内手ぶれ機構を載っけるという噂のフルサイズ機,α9Dに期待。Nikonは,D60でライブ・ビューではなく,埃対策で精一杯だったようで,ちょっと息継ぎのようにも見えます。Kiss D X2でまた逆転するのかな。まぁ。ライブビューがついているというのが,D40/40Xのニッチェのユーザーにあまり訴求しないと判断したのかも知れません。
 Kiss D X2は,ファインダーのてこ入れは無さそうですが(実は倍率を上げてました),ライブビュー載っけたので,必要ないという計算は正しいです。更に35g軽くしたところなんざぁ,泣けます。こういう戦い方では,相変わらず強いです。
Commented by kojiro-net at 2008-01-31 09:05
αですか。
ミノルタにも、もといソニーにもがんばってほしいですね。
フルサイズαも時間の問題、どんなのになるか楽しみですね。
Commented by complex_cat at 2008-01-31 22:17
kojiro-netさん,ソニーが出すと,ペンタックスも動くかも知れません。dojouさんが動きが速いと仰ってましたが,バトル・フィールドがフルサイズに移行するのは,思いの外,早いかも知れませんね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2008-01-30 23:16 | My Tool | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29