α700〜ノイズとダイナミックレンジ

α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_843797.jpg
PENTAX K20DNIKON D60EOS Kiss X2と新製品発表花盛りのデジイチの世界ですが,どれもフォルム(特にネガ・フィルムのそれ)に比べてのデジタルのダイナミックレンジの狭さを解消するために,ダイナミックレンジを内部ソフト処理により拡大するという機構が搭載されています(Nikon, アクティブD-ライティング; Canon, オートライティングオプティマイザ ; PENTAX, ダイナミックレンジ拡大とだけ)。
Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO320, D-R+


α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_7583164.jpg
その先哲がSONYαシステムに搭載されたDRO (Dynamic Range Optimizer)なのですが,まぁ,やることは似たようなものなので,各社横並びというのもよく分かります。なんとなくアナログ録音機時代のdbxや東芝のadres (1)(2)ビクターのSuper-A.N.R.S,結果的に一人勝ちになったDolby systemなど百花繚乱だった頃を何となく思い出します。
Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO320, D-R+


α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_82689.jpg
ソフト処理は一種のドーピングですから,rawデータそのものが変わるわけではありません。素のCCDのダイナミックレンジを広げるという技術革新も平行して行われているのでしょうけど,それについてはarytonさんお使いのFujifilm FinePix S5proに比肩できる機種はほとんど無いでしょう。
Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO320, D-R+

 α700のDROについては,リスク回避的に中程度(D-R+)にかけてみているのですが,本当のところは,私の使い方では思いっきりイッタルか,やめとくかどちらかという使い方が良いのかも知れません。中途半端に効かせると結局,素で使ってレタッチする方がましか棄てるかと云うことが多いようです。
 天の邪鬼な私には珍しい,カメラ雑誌のような比較画像を。その手の画像は,雑誌や数多のブログなどで,緻密な作業の出来る方かあるいはプロが,同一条件でいろいろやってくれる画像を見ていただいた方が早いと思っているので,自分のそれを出すなんてことは滅多にやらんのですが。

α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_7484743.jpg
Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO320, D-R+ Lv5

α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_7512386.jpg
Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO320, D-R OFF

α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_7522371.jpg
Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO320, D-R OFF, Level操作によるレタッチ。

 まぁ,元々評価測光ですから,逆光による暗部の潰れるリスクは最小化されてますね。今時のデジイチですから,素のダイナミックレンジも,流石に結構広いカメラではあると思います。逆に言えば,思いっきり効かせても変なトーンジャンプが生じてしまって使えない画になるということもないというあたりは流石です。




α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_8134915.jpg
α700のノイズについては,ここに詳細な比較データがあります。私の印象としてもISO800におけるノイズ感についてはEOSそれもKiss系の方が有利で,特に低照度のノイズ感では,依然としてEOS Kiss系のコストパフォーマンスの高さを感じます。これは,明るい野外での高速シャッター時には同等かそれ以上という感じですので,比較においても注意が必要だと思います。もちろん,DORを効かせすぎるとノイズ感はやや上がります。ただ,等倍でパソコンで見てと云うレベルなので,印刷出力やWeb用のリサイズ画像で目立つなんてことはありません。
Sony α700, MINOLTA α AF 50mm/1:1.8, ISO800, D-R+ Lv5
 珍しく押し入れで寝ていたチコ。アベイラブルで。

α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_8164075.jpg

Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO800, D-R+


α700〜ノイズとダイナミックレンジ_b0060239_8174314.jpg
虹彩が光るのを避けるため,猫撮りではノーストロボは前提なのですが,室内では,このくらいのf値のレンズを使えば,昼間でも動きのある猫は簡単には止められないし,高感度は使えれば使えるだけありがたいと思います。ネットの回線がどんなに早くても困らないのと同じと云うことです。まだまだ,進化を期待いたします。
Sony α700, Tokina AT-X PRO AF 17 ASPHERICAL 17mm 1:3.5, ISO800, D-R+
Commented by 紫暮 at 2008-02-16 17:50 x
こんにちは。
先日両親のデジを買いに行きました。両親とも花回廊の会員になってまして、年中気が向いたら行ってるんですね。寄るのが苦手な35DCやAFついてないケータイで撮ってるんですよ。もうちょっと寄れたら…というつも云うのでこの際だ!と。結局中古のA400を買わされました。
僕のほうはまだですね。フジのDSLRにフジノンレンズがついたら買うと店に云ってます。ヤシカのTLRにフレネルレンズ入れてみたり、ハイマチックCを黒く塗ったり、遊んでばかりです。

そういえば…うちにくる犬も猫も雀も冬だからか、まるんこになっててかわいいなぁと思います。今しか撮れないモデルさん達が来てくれてるのに、フィルムすら用意してない怠け者です。
Commented by complex_cat at 2008-02-19 19:52
紫暮さん,フジノンのFマウント版,出ませんねぇ。ハッセルは,出てるのになぁ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2008-02-13 07:31 | Cat Family | Trackback | Comments(2)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31