忘れていたもの

忘れていたもの_b0060239_7272199.jpg
気がついたらここ数ヶ月で広角系の廉価版レンズが集まってしまいました。うっかり忘れていたのもあります。
SONY α700, Tokina AF 17mm/f3.5 ASPHERICAL
 散歩に出掛ける公陳丸,声をかけたら返事をしてくれました。クリックすると,こちらを向いているコウチンの顔が分かります。

忘れていたもの_b0060239_7234269.jpg
 流石に単焦点だけあって,広角にして惚けは素直なレンズ。相変わらず,菜の花の露出で悩む。
SONY α700, Tokina AF 17mm/f3.5 ASPHERICAL
 残念ながらこのレンズは,やや露光などのコントロールが難しくて,設計の古さを感じます。シャープネスについても,中程度。勿論,デジタル対応ではないので,そのあたりはさっ引いて考えるべきか。でもヤシコンZeissなど,前部デジタル対応でないので,当然その仕様の違いが私のようなユーザーにはハンディになっていることが理解できません。

忘れていたもの_b0060239_7245098.jpg
こちらの大口径広角レンズ,開放では,シャープさは今一ですが,それなりに使えるフルサイズ対応の広角レンズ。
SONY α700, SIGMA 28mm F1.8 ASPHERICAL

忘れていたもの_b0060239_750341.jpg
f8辺りまで絞ると,かなり画質は良いです。昔のサードパーティレンズによくあった,白っぽく飛んだり,ハイライトに乗りすぎたりという癖もありません。
 抜けが今一良くないα700において,その辺りを多少は補完できてます。
SONY α700, SIGMA 28mm F1.8 ASPHERICAL

忘れていたもの_b0060239_7265834.jpg

SONY α700, KONICA-MINOLTA AF 17-35mm F/f2.8-4 D (TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical (コニカミノルタ用) のOEM)


忘れていたもの_b0060239_7294092.jpg
仕事柄,500mm以上の反射型じゃない,屈折型の望遠か,望遠ズームを手に入れようと思っていたのですが(実は望遠専用テレプラスは手に入れてるのですが・・・),先にこちらが増えてしまいました。
SONY α700, KONICA-MINOLTA AF 17-35mm F/f2.8-4 D (TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical )

忘れていたもの_b0060239_7574055.jpg
本来なら,16mm以上の画角も欲しいところですが,資金の中途半端な投入しかできないのでこんな所です。かき集めたら,もう少しマシな一本が手に入っていたかもということは考えない。B・C級レンズ,取っ替え引き替え使いまくるのも,ここのブログの価値かも。
SONY α700, KONICA-MINOLTA AF 17-35mm F/f2.8-4 D (TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical )
 もう一つ忘れていたのは,ナッチ&ユッチの草です。勿論ワイフが猫芝の新鮮なものをいつも買って置いているのですが,彼女たちは,なぜか庭のレモングラスが大好き。まだ新芽も伸びていないので,硬い何とか緑色の部分を採集して持ち帰ったら,争うように食べました。そんなに好きか? 公陳丸もレモングラス大好きなのですが,何でだろう。ちなみにチコはメヒシバしか食べません。


忘れていたもの_b0060239_812234.jpg
それでも,写りが悪くないことと,サードパーティの画作りやレンズ性能について,使ってみていろいろ感じるものがあります。比較的彩度が高いということと,コントラストもやや高めですが,レンズの「ラチュード」が一昔前みたいに,狭いなとは思えなくなりました。逆光でも,ダイレクトに輝度の高いものを飛び込ませなければフレアも出にくいです。暗部も沈みにくくなってます。
SONY α700, KONICA-MINOLTA AF 17-35mm F/f2.8-4 D (TAMRON SP AF 17-35mm F/2.8-4 Di LD Aspherical )
 ちなみにこのお姫様,昨晩はトイレから猛ダッシュしてきてナッチと走り回るので,何事かと思ったら,糞切りが悪く,跳び箱状態(開脚,尻こすりつけ前肢前進)によりフロアにお尻で「画を描いて」,その上,2, 3個「ポポロン」が転がるという失態を犯しましたが,そうは見えないおすまし顔。
 私は,後片付けで,寝るのが遅くなりました。

 こういう画作りも,最近はそれなりに楽しめます。サード・パーティレンズは,なによりもスペックにおいてチャレンジングなので,近接機能も頑張っています。一昔前は,それが,画作りにおいては,瑕疵を引き出したりしましたが,最新の設計や加工技術は,上がっています。ちなみに,OEMの場合は外されていますが,レンズ・メーカーの製品としての商品名には,使っていれば‘ASPHERICAL’(非球面レンズ使用)の文字が着けられています。
 とりあえず,集まった3本の特性として,全てフルサイズ対応のイメージサークルを持っているということです。APS-Cデジタル仕様に特化した方が,画質的には上のグレードをねらえるのかも知れませんが,どうせ画質の良い中央部しか使わないわけですし,フィルムαシステムカメラでも使えるレンズをというのが,今の方針。
Commented by jinsei-rarara at 2008-04-05 08:04
菜の花は難しい~
です。
あれから何度か近所の菜の花を撮ってるのですが。むずかひい~

子猫ちゃんのべーが可愛いですねー
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2008-04-04 07:33 | My Shot Life | Trackback | Comments(1)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30