小麦畑とハナダイコン

小麦畑とハナダイコン_b0060239_2137957.jpg
仕事の途中,麦畑を実ながら昼食。このレンズは廉価ですが名玉だと思います。α700とマッチングも良いようです。
クリックしてみてください。解像度はそんなに高いレンズではありませんが,結構,細密感もあります。
SONY α700, α AF ZOOM 24-85/1:3.5-4.6

小麦畑とハナダイコン_b0060239_22112615.jpg
クリエイティブスタイルの‘Clear’にて。オプションのパラメータは少しいじってます。このカメラがどちらかというと苦手な透明感が上手く出ます。
SONY α700, α AF ZOOM 24-85/1:3.5-4.6

小麦畑とハナダイコン_b0060239_21395458.jpg
ハナダイコン Hesperis matronalisがあぜ道から側溝の土手一面に。天気は,良い方でしたが,途中からやや曇り気味。ハナダイコンはオオアラセイトウ(=ムラサキハナナが一般的) Orychophragmus violaceusの別名でもありますが,学名を見て分かるとおり,ムラサキハナナは属から違う別種の植物です。
SONY α700, α AF ZOOM 24-85/1:3.5-4.6
 15年ぐらい前の話です。メーカーが,当時,それまでの標準レンズをスターターキットとするというのを止めて,代わりにと提案してきた標準域をを含むズーム・レンズなのですが,このメーカー,当時にあって,とても真面目なものですから,描写は侮れないのです。惚けも癖がない上に,円形絞りの念の入れよう。

小麦畑とハナダイコン_b0060239_2152943.jpg
ヤフオクでも6,7千円台で手に入る廉価レンズ。私のものは707si時代のものなので,デジタル処理どころか,距離情報もボディに入らないタイプですが,十分な写りをしてくれます。広角が24mmからのこの系譜のMINOLTA製ズームレンズは望遠側が105mmまで伸びていきますが,このタイプが一番良いような評判を聞きます。
SONY α700, α AF ZOOM 24-85/1:3.5-4.6

小麦畑とハナダイコン_b0060239_21412985.jpg
同じ小麦をAngenieuxの短望遠で狙っても,矢張り,ちょっと違う使い方をしたくなります。クリックしてみてください。ANGENIEUXを使った水彩画風。
Canon EOS Kiss Digital X, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5

小麦畑とハナダイコン_b0060239_2230120.jpg
正統なCanonユーザーで,EFレンズの発色描写に惚れ込んでいる人にとっては,ある意味,ふざけた絵画的描写かも知れません。おっと,決してコントラストだけで画を作るようなレンズではありません。出自を考えると驚異的です。
こっちもクリックしてみてください。ANGENIEUXを使った油絵風。
Canon EOS Kiss Digital X, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5

小麦畑とハナダイコン_b0060239_2213627.jpg
全く異なったレンズを使っている以前に,そもそもカメラが異なる上に,セッティングも異なるので,全く異なったフィルムを使っているようなものです。ただ,この両方のレンズを同じデジタル一眼レフカメラで使うことは今のところ出来ません。M42>αマウントアダプターもありますが,残念ながらどちらかといえばプアなコンバージョンレンズが介在するアダプタを使うことになります。ただ同じような作りのMINOLTA MD>CANON EFマウントを使った限りでは,全く駄目と言うことではありませんが。

小麦畑とハナダイコン_b0060239_2143966.jpg
同じハマダイコン。描写の比較ショットではありません。しかし,キスデジの潜在能力は高いな。デジタル対応どころか,35mm版レンズでもない,いや,撮影レンズでもないビューレンズで,変態的名玉とはいえ,これだけの描写を引き出してしまうと云うこと。
Canon EOS Kiss Digital X, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5

小麦畑とハナダイコン_b0060239_2285468.jpg
ダスト対策やライブビューはどうでも良いのですが,ファインダーがマシになって更に軽量化したX2に移行したいけれど,Kiss D NもXも現役。なんの問題もないので,とりあえず潰れるまで使う予定。
Canon EOS Kiss Digital X, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5
 国内産小麦の相場が高騰しているようです。流石我が尊敬するMさんです。見事な麦畑,10年以上前から作り始めておられて,年々,その規模は大きくなっております。
Commented by Lilywhites at 2008-04-12 09:47
Angenieux、ホント凄い画像を吐き出しますね。う~ん、これで撮影散歩してみたいです♪
Commented by 水瓶座 at 2008-04-12 14:18 x
若草の色が目に染みました。
育てておられる方の丹精が伺われますね。
風に揺れる黄金色の小麦畑もずっと憧れています。
Commented by hologon_zeiss at 2008-04-12 19:50
P.ANGENIEUXいいですね〜◎
作例は正直初めて見たかもしれません。
油絵風の作画が私は好みです。
Commented by jinsei-rarara at 2008-04-12 22:53
こんばんは^^
小麦畑とハナダイコン、このタイトルだけで爽やかな風を感じますね^^
Commented by complex_cat at 2008-04-12 23:30
Lilywhitesさん,ローパスでチラして再構築しての処理とも相性が良いのか,本当に不思議です。これ,解像度で35mm用レンズよりも数値性能的には圧倒的に不利な中判用ですが,正確に言えば,ビューレンズなので撮影レンズですらなのですから。
Commented by complex_cat at 2008-04-12 23:32
水瓶座さん,麦畑を渡る風を写そうと思いましたが,ちょっと時間がありませんでした。小麦の収穫期頃,また,ゆっくり撮影してみたいと思っています。
Commented by complex_cat at 2008-04-12 23:35
hologon_zeissさん,どちらかというと,35mm版の広角が有名ですね。このレンズで引っかかるのは,国内では,私の所だけみたいですね。油絵は露出を沈めるか,標準でとるかだけなのですが,こういう表現が可能なレンズって,今のレンズにはあまりないような。
Commented by complex_cat at 2008-04-12 23:35
jinsei-rararaさん,ある意味,あまりない組み合わせになっているかも知れません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2008-04-11 22:31 | My Shot Life | Trackback | Comments(8)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30