快気祝

快気祝_b0060239_21467100.jpg
知人の体調がかなり大変な状況になってお店も諦めかけていたのが,丁度3ヶ月前(「危機に際して」)。





快気祝_b0060239_2146532.jpg
その後大手術を経て,無事復調。ブログ界隈は知恵袋だらけというのを実感。neko-no-moriさんにSOSを打って,必要な知識と最適の医療を選び取っていくために必須のお医者さんとのコミュニケーション手順や内容など事細かに触れた書籍を紹介して貰ったのが大きかったようです。知人も一生懸命勉強して,入院先の病院で先生を質問攻めにして,その内容の的確さから,院長先生までが,毎日直接やりとりしてくださるという状況になったとかで,本人もずいぶん安心できたそうです。

快気祝_b0060239_21473093.jpg今は,夜の仕事は負担が掛かるので,お店はお姉さんとそのお友達に任せているのですが,お店の味の素晴らしさと食材の多様性は,彼女の意匠のまま。

快気祝_b0060239_21491619.jpg
私がやったことといえば,本を二冊持って病院までお見舞いに行っただけなのですが,こんな量,普段の料金じゃ食べられないです。スタッフ共々幸せでした。
 知人は,自分の体と様子を見ながら,これからしばらくは大変だと思うのですが,でも,本当に元気そうでした。素敵な快気祝いをいただきました。

 さて,上のお皿の料理は以下の通り。
 ・最上級鮮度のシビの刺身
 ・スズメダイの素揚げ
 ・同(卵持ってる。初めて食べましたが,絶品!)
 ・コサンチク(ホテイチク)の煮物

快気祝_b0060239_21495221.jpg
ハンダマ(水前寺菜)と大豆の酢の物。良い食べ方,参考にしたい。

快気祝_b0060239_21511812.jpg
渓流に棲むテナガエビsp.の素揚げ。小振りの個体でしたが,美味しかった。

快気祝_b0060239_2152128.jpg
コサンチクの先端部分のおひたし。南九州では手に入らない,笹の子のような繊細な味がします。

快気祝_b0060239_21522894.jpg
瓶からの黒糖酒。これは地元一番人気の「まんこい」。その瓶版。うっすらと琥珀色で,本当に美味しいのです。

快気祝_b0060239_2154117.jpg
採集解禁になったばかりのもずくの酢の物。

快気祝_b0060239_21543362.jpg
これも,初めて食べました。褐藻類の仲間(地元名失念につき種名分からず)の寒天寄せ。

快気祝_b0060239_21554525.jpg
沖縄テビチ風の豚足醤油煮。沖縄では醤油を使わないので,奄美料理が本土とも沖縄とも,別の進化を遂げていると云うことを感じます。ここの料理は,ネオ・奄美料理といえる部分があって,昔からの食材と食べ方なのですが,料理がどれも繊細なのです。

快気祝_b0060239_21563331.jpg
このお店独特の油素麺。中に混ざっているカリッと焦げた炒り子が,また最高。

快気祝_b0060239_2157195.jpg
鶏飯。このブログでもいろいろなお店のものが何度も登場しています。もともと,スープと具・加薬とご飯が別々に出てきて,何度もお代わりが出来るスタイルが一般的ですが,このスタイルと量で出して貰わないと,既にお腹いっぱいに近いです。

快気祝_b0060239_2159718.jpg
これも,このブログでも何度も登場している墨汁。ここの味は,また格別。

快気祝_b0060239_21593198.jpg
ハンダマのゼリー。上でもお見せしましたが,おひたしにする大好きな食材ですが,この色をこうって楽しむデザートは,始めて見て,口にしました。発想が素晴らしいな。
 これだけ食べて飲んでも,気持ちよく眠れました。
Commented by dojou7 at 2008-04-23 23:20 x
う~~む^^;
Commented at 2008-04-24 00:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jinsei-rarara at 2008-04-24 06:57
おはようございます^^
ご馳走じゃ、ご馳走じゃ。
うらやましい~~のじゃ~!!!!
Commented by neko-no-mori at 2008-04-24 12:24
たっ、食べたい;;;

おそらくC_Cさんとそのお友達ですから、私を通さずとも簡単に正確な情報を得られたことだろうと思います。先生方とうまくコミュニケーションを取れているのもご友人のお人柄だと思いますよ(*^^*)
乳がん治療は他のがんと違って5年ではなく10年は経過を見ます。長いですから医療者との信頼関係が出来ることが一番大切だと思います。そういう意味でも良かった良かった♪
Commented by complex_cat at 2008-04-25 06:46
dojou7さん,どれか気になるもの,ありませんか?
お送りしますよ〜。
Commented by complex_cat at 2008-04-25 06:47
カギコメさん,そのうち,サンタクロースがなにか持って行くかも知れませんよ。ゆっくりいきましょう。
Commented by complex_cat at 2008-04-25 06:48
jinsei-rararaさん,こうやって並べると,二回楽しめます(笑)。
Commented by complex_cat at 2008-04-25 06:52
neko-no-mori aさん,本人にも伝えておきます。
病室で,他の患者さんも回し読みになったらしいです。
病院の方が,こういった書籍も置いてくれると良いのですが。
お医者さんも,ここまでの本が出ていることを不勉強で知らなかったりするようです。ひょっとして地方都市ということもあるのかも知れません。私の尊敬した既に故人の工学博士もそうでしたが,お医者さんから言われる情報以上の専門情報を入手する患者は特異な目で見られます。専門書や論文は読まれますが,クライアント向けに書かれた,こういう本の難溶までフォローしておられる方は案外少ないということのようです。
Commented by kosan at 2008-05-12 20:42 x
コサン竹のリンク集を作っているkosanです。
ここのブログの写真と文章(の一部)を、
kosanのリンク集に掲載しても良いでしょうか?
掲載の○×を、ここのコメントで連絡下さい。
もし○の時は前後のブログも○とさせて下さい。
○×処理後にこのコメントは削除頂いても
よろしゅうございます。
Commented by complex_cat at 2008-05-12 21:43
kosanさん,こちらもお目に留まったようですね。
どうぞリンク下さい。
Commented by kosan at 2008-05-13 00:34 x
こちらは下記の2008年版に掲載させて頂きました。
こさん竹4(筍料理を買う)
掲載の承諾、ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2008-04-23 22:07 | Appetite Museum | Trackback | Comments(11)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29