暑中

暑中_b0060239_21191079.jpg
チコは,夕方近くまで寝ていて,食事を取ると,私を外に誘いました。分かっていることですが,彼は,外の庭で,この瓶で水飲みをするのが好きなのです。勿論,水道からじゃっと出した直後から,だんだん温度が上がりますから,私が彼の側にいるときだけ許す贅沢です。ややこしや。
 ちなみに,我が家では猫草用にも重宝するレモングラスがもの凄く繁茂してますが,写っているのは,ただのススキです。
Sony α700, MINOLTA α AF MACRO 100mm 1:2.8 (32)

暑中_b0060239_21233965.jpg
口の周りの滴を舐めながら,おもむろにパトロールに出撃。ここ数ヶ月,このアクトグラム・パターンですが,よく続きます。特にやばそうな猫によるテリトリーへのアプローチもこの暑さでほとんどなく,エモノも丁度アクティビティが落ちる時期なので,いたって,トラブルのない毎日です。
Sony α700, MINOLTA α AF MACRO 100mm 1:2.8 (32)

暑中_b0060239_21253074.jpg
コンクリートがまだ熱いので駆け足! それ行け,チコベェ。
 涼しくなる頃,また彼のテリトリーに侵入する他の個体が増えると思われますが,その頃までは平穏だと思います。ちなみに,ご存じない方のために書いておくと,彼は,去勢済みですが,昔からずっと武闘派です。
 恋のためには戦うことはありませんが,身内以外の猫に対してはずっと戦士のままです。彼の身を按じるものとしては困るんですけどね。
 ユッチは,今日も出してくれと強請りましたが,どうやら猫ドアは使えないもよう。ナッチも落ち着いて元通りの仲の良い姉妹に戻ったのでちょっとホッとしております。
Sony α700, MINOLTA α AF MACRO 100mm 1:2.8 (32)



暑中_b0060239_21433061.jpg
暑い日でした。お隣の庭木に,もの凄い数のクマゼミが止まって啼いております。
Sony α700, MINOLTA α AF MACRO 100mm 1:2.8 (32)
 逆光,輝度差のある条件だと,最新の高性能マクロみたいにノーレタッチで使うには,やや,この古いαレンズでは,不満が出ます。といってもMP並の性能を期待してしまうからで,この止まっている木の幹の立体感といい,かなりの描写ですが,例えば,クマゼミの羽に透けて見える蝉の腹部の描写など今のデジタル一眼仕様になっている改良版だと,もう少し違うと思いますが,かつてのMacro-Planarの中古ぐらいの値段はしますので,今の私には手が出ません。
 気楽にAFで使えると云うところで使い分けています。MP100は,それはそれで申し分ないのですけど,何せ,チャンスの少ない野外でのネーチャー記録用としては,神経を使います。α700の画作りとして,やや抜けがEOS系ほどは良くないことと,暗部の階調再現性が弱いことなど,rawで追い込めば,ある程度カバーできるかも知れませんが,その余裕がないので,jpegで,どれくらいの画が切り取れるかというのが,私みたいな人間の使い方では重要になります。

暑中_b0060239_21164713.jpg
東京などの都心でも都市公園の植え込みと一緒に入り込んで,天敵も少ないところで増えてしまい,光ファイバーを破壊する悪さをしたり散々ですが,数が増えたせいか昔よりもクマゼミが捕りやすいので,子供に採らせるにはよいようです。
Sony α700, MINOLTA α AF MACRO 100mm 1:2.8 (32)


Commented at 2008-07-27 05:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by りんご酒 at 2008-07-27 06:00 x
やっぱりチコ君のしっぽは魅力的です。
耳がこっち向いているのがいいですね。シャッター音でも聞いているのかな。

ナッチとユッチも元通りになってよかったですね。
Commented by Lilywhites at 2008-07-27 08:48
自分が子供の頃はクマゼミってあまりいなかったような記憶がありましたが、今は増えているのですね。 うちの子供にも採らせたいところですが、残念ながら全員セミが怖いようです(笑) ルックスとあの強烈な鳴声が怖いらしいんですけれど(汗)
Commented by jinsei-rarara at 2008-07-27 09:56
チコちゃん元気で嬉しいです!!
Commented by martini_glass at 2008-07-27 10:10
もう、せみの季節ですか。
私も今年の夏は虫の声が聞けそうです。
Commented by complex_cat at 2008-07-31 20:36
りんご酒 さん,私の方に注意を向けてくれているのでしょう。天の邪鬼ですよ、本当に。
Commented by complex_cat at 2008-07-31 20:38
Lilywhitesさん,クマゼミ居ても、ものすごく高い木の上の方にしか居なくて、手にすることができた少年は,私の周りにもほとんど居ませんでした。それがどうしたことなのか,高密度になって,そこら中におります。
 冷静に蝉の姿を見たら、やっぱり,グロテスクだと、芋の子供たちは思うかもしれませんね。蟲については,なんで、自分たちは平気なのだろう。
Commented by complex_cat at 2008-07-31 20:39
jinsei-rarara さん,まぁ,毎日よく出かけていくなと感心します。
昨晩は一晩戻らず、私が仕事に出る直前に戻ってきました。
Commented by complex_cat at 2008-07-31 20:40
martini_glassさん,それは,帰国されるということなのかな。17年ゼミの話じゃないですよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2008-07-26 21:27 | My Shot Life | Trackback | Comments(9)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29