おフランスレンズによるポートレイト

おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_15303965.jpg
チコベェのアインシュタイン風ポートレイト。あっかんチコベェは,欠伸のフィニッシュの一瞬。
Canon EOS Kiss Digital N, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5


おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_15325630.jpg
このレンズ,近距離補正機能どころか,本来,TRL(Semflexあたりか?)についていたビューレンズからの改造品であって撮影レンズですらないので,1枚目のような近接でのピントでは,絞り込もうが少々辛いものがありますが,このくらいの距離で撮っているとかなりシャープな像を結びます。デジイチで使っても発色は,まさしくAngenieux。ちなみに,収差が混じる描写は,クラシックレンズの場合「味」と変換されるが,シャープネスもクラシックレンズの描写の属性として決してないがしろにされているわけではないことはないことは,使っている方ならば,百も承知でしょうが。
Canon EOS Kiss Digital N, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5


おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_1536364.jpg
ハンターで武闘派のチコの場合,一方で私を側に置いて(庇護者としての見張り役か?),ゆっくり日向ぼっこするのも好きです。腹拵えが済んで出撃するときは私すらも邪魔そうに扱うけれど,ツンデレ猫と呼ばれる所以です。
Canon EOS Kiss Digital N, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5


おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_15432410.jpg
ベランダに出ようとして,ナッチが居ることに気がついて出るのを止めたところ。相互干渉は最小化する傾向は確かにあります,軋轢を生むとバトルでもなんでも余計なコストがかかります。より強力な戦闘力を持つイリオモテヤマネコが,侵入したノネコに行動圏を譲るのは,寧ろバトルのコストを理解しているからでしょう。コストは必要な場合しかかけないのが猫のマナーですが,必ずしも,そう振る舞わない個体もいます。


おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_15411150.jpg

 人工環境下で生活する哺乳類高度を読み解き損なう話は沢山あります。徹底的に野生動物を見てトレーニングしている人は,行動における「差分」を評価が出来るので,ペットの行動を解釈する場合でも失敗が少ないのですが,それでも,去勢されているとか肝心なことを忘れて論議したりしてしまう人もおられます。私も反省。
Canon EOS Kiss Digital N, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5
 ただ,個体差,心理が存在するということは,他の動物分類群を扱っている研究者より巧みにというか,苦労して処理してきた経験がある人の場合,一般的には,哺乳類専門の人間の方が信頼できると思います。


おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_1552550.jpg


おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_1625191.jpg
ちょっと,「おフランスの色」を楽しんじゃいましょう。我が家のレモングラスもそろそろ今年の分が終わり。既に猫たちが囓るには硬くなりすぎております。
 トムヤンクンでも作って,大量に使うか。子供達がちょっと苦手なので,そっち系の料理からは遠ざかっております。
Canon EOS Kiss Digital N, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5

おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_1641247.jpg
古いモデルになりましたが,Canon系エントリ機のAWBと描写と発色の完成度は高く,色の分離など,大好きなαシステムをして,未だに追従できないところもあります。
Canon EOS Kiss Digital N, P.ANGENIEUX PARIS 1:2.8/75 TYPE Z5






おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_167250.jpg
ここからはコンデジ画像。コチコが来て以来,私が忙しかったこともあって余り甘えさせてなかったので,少し外で遊びました。
 長男が,コンデジで撮ってくれました。
Canon IXY 50

おフランスレンズによるポートレイト_b0060239_1684536.jpg
外で,グルーミングの最中に尻尾を預けるのは,信頼の証。
Canon IXY 50
 Canonのコンデジ系で最初に使ったモデルが1/1.8インチ4M機のIXY D400で,Canon IXY 50はそれよりもコストダウンが進んだ1/2.5インチ4M機ですが,屋外での写りは結構宜しいです。上の画のようにトリミングして画像を見るとちょっと苦しいですけれど,ワイフの愛機になっております。改良やコストダウンによる仕様変更や新型モデルの投入スピードを見ていて「作り捨て」と揶揄したくなるような状況もありましたが,生産されたプロダクツは,未だに幸せな画を吐き出していることを感じられると,矢張り作り手に対する感謝の気持ちは持つべきだなと反省しています。
 残念ながら古いANGENIEUXレンズより,手元のデジカメはいずれも,この世に存在する時間としては遙かに短命で終わるしかない製品の宿命ですが。
 日本経済が失速して,工業製品を開発製造して販売する業種は全て影響を受けそうですが,踏みとどまって,今後も良い製品を作り続けて欲しいと思います。
トラックバックURL : https://complexcat.exblog.jp/tb/9920074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2008-11-24 20:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by complex_cat | 2008-11-23 15:53 | Cat Family | Trackback | Comments(1)

Necology(=猫+Ecology) and Nature Photo Essay, Camera classic, Martial arts & etc. 本サイトはhttp://complexcat.exblog.jp/です。画像はクリックすると大きくなります


by complex_cat
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30